COMPETITION & EVENT

【終了】 ソーシャルグッドディスタンス・デザインコンペティション

開催趣旨(コンペ公式ウェブサイトより):
“ソーシャルグッドディスタンス”を考え、都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザインを提案するコンペティションを開催します。
このコンペは、実際に都市空間のなかにポジティブなソーシャルディスタンスを生み出すためのものです。みなさんのソーシャルグッドディスタンスの提案を「有楽町」の人々に体験してもらい、都市のあり方、ふるまい、アクティビティがもっと面白くなり、新しい遊び方や働き方や過ごし方を生むような、都市に実装できる創造的で遊び心のあるアイデアを期待しています。

応募方法:同コンペ募集ページよりPDFデータで提出(規定あり)
贈賞:最優秀賞3点(副賞 作品制作費10万円)、審査員賞 各審査員1点(副賞:審査員のサイン入り推薦本)

審査方法(同上):
今回の審査会はゲストを3組に分け、2日に分けてオンラインの公開審査を行います。この公開審査は、デザインコンペでは珍しい、提出した全作品にコメントをつける形式です。
さらに審査会ごとに、最優秀作品と、審査員賞を選び、最優秀作品は、ソーシャルグッドディスタンス展の会場である micro FOOD & IDEA MARKETや、有楽町のワークスペース(SAAIを含む三菱地所所有のビル)や、有楽町の街なかを使って、実装、体験、展示します(展示期間:7月23日〜会期終了まで)。

審査委員(◎印は各グループでの審査委員長):
◎太刀川英輔(NOSIGNER代表 / 進化思考家/デザインストラテジスト / 慶応義塾大学特別招聘准教授)
馬場正尊(オープン・エー / 東北芸術工科大学教授)
泉山塁威(都市戦術家 / 日本大学助教/ソトノバ共同代表)
大藪善久(SOCI / 土木デザイナー/パブリックスペースデザイナー)

◎秋吉浩気(VUILD)
海法 圭(海法圭建築設計事務所)
川勝真一(建築リサーチャー / RAD)
津川恵理(ALTEMY)

◎齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー)
古田秘馬(umari / プロジェクトデザイナー)
井上 成(三菱地所 プロジェクト開発部兼エリアマネジメント企画部担当部長)
宇野常寛(評論家 / 批評誌『PLANETS』編集長)
指出一正(『ソトコト』編集長)

スケジュール
登録締切:6月24日(水)
提案〆切:7月1日(水)23時55分迄
審査会(オンライン・公開):7月3-4日予定
結果発表:7月4日(土)

主催
有楽町「micro FOOD & IDEA MARKET」、ソトノバ、VUILD、日本都市計画学会パブリックスペース活用学研究会・空間デザインWG、東京理科大学西田研究室(コンペ事務局)
協賛:三菱地所株式会社

最新の情報、コンペの詳細は、募集ページを参照してください。

「Social Good Distance DESIGN COMPETITION 〜都市空間の新しい遊び方、楽しみ方のデザイン〜」
https://yurakucho-micro.com/event/s-o-c-i-a-l-g-o-o-d-d-i-s-t-a-n-c-e/