PRODUCT

藤森泰司アトリエ×arti 新作ソファ〈Calisson〉

オフィス・ホテル・公共空間までさまざまなシーンに対応するシステムソファ

PRODUCT2022.11.17

コントラクト家具の販売を行なっているアルティ(arti)から、家具デザイナーの藤森泰司氏がデザインしたシステムソファ〈Calisson(カリソン)〉が発売されました。

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

〈Calisson〉は、矩形(くけい)の角を45度にカットした六角形の座面が特徴で、多様なレイアウトが可能なソファシリーズであり、レイアウトも容易なシステムです。
オフィス、ホテル、パブリック空間など、さまざまなシーンに柔軟に対応し、心地良い場を作り出します。

arti ソファシステム〈Calisson〉

アイランドから、リング、ジグザク、タイル状配置など多様な展開が可能な〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

ソファタイプ:2人掛けと3人掛けを90度につなげたレイアウト例

arti ソファシステム〈Calisson〉

ソファタイプ:1人掛け・4脚でのレイアウト例

プロダクトの特徴

オフィス、ホテル、公共スペースなど、必要な場所に設置するだけで、簡単にさまざまな居場所をつくり出すシステムソファ〈Calisson(カリソン)〉。六角形の座面により、コーナーや片アームを使用せずに、90度方向につなげていくことができる。

サイズ展開は、ベンチタイプは2種類(2人掛け、3人掛け)、ソファタイプは3種類(1人掛け、2人掛け、3人掛け)を用意。これら5種類の形状を組み合わせることで、ジグザク型やアイランド型など、環境に対応して自在に居場所を生み出すことができる。張地やフレーム、脚部の色など、カラーバリエーションも豊富で、シーンにあわせたさまざまなコーディネイトが可能となっている。

arti ソファシステム〈Calisson〉

クッションのファブリックは多彩な張地を用意している

arti ソファシステム〈Calisson〉

木部とクッション(座面と背もたれ)が一体化したボリュームを支える脚部は繊細なライン

arti ソファシステム〈Calisson〉

木部のカラーは5色、脚部のカラーは3色を展開

フラットな座面の内部には、薄型のコイルスプリングが埋め込まれ、心地よいクッション性を保つとともに、複数人で使用する際にも互いの振動が伝わりにくい構造となっている。

arti ソファシステム〈Calisson〉

〈Calisson〉内部構造

背もたれの芯材には、櫛(くし)状のスリット加工を施し、座る人の身体にあわせて心地良くたわませることで、快適な座り心地を生み出している。
家具単体としての潜在能力を最大限に引き出すことで、設置される環境や用途に応じて多様なシーンをつくり出す。


デザイナープロフィール

藤森泰司(ふじもり たいじ)
家具デザイナー。桑沢デザイン研究所、多摩美術大学、東京大学、東京藝術大学非常勤 講師。
1967年埼玉県生まれ。1991年東京造形大学デザイン学科卒業後、家具デザイナーの大橋晃朗に師事。1992年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。1999年に独立し、藤森泰司アトリエを設立。

藤森泰司氏 近影

家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、プロダクト・空間デザインを手掛ける。近年は図書館や美術館などの公共施設への特注家具をはじめ、ハイブランドの製品から、オフィス、小中学校の学童家具のデザインまで幅広く手がけている。2020年にはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大をきっかけに、自社の在宅ワークから生まれた家具のセルフプロダクション「WORK FROM HOME」をスタートした。同作品で2021年度グッドデザイン特別賞など受賞も多数。
著書に『家具デザイナー 藤森泰司の仕事』(彰国社 / 2019)などがある。

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

ローンチは、10月20日に東京・南麻布にあるartiショールームにて開催された、新作発表会「Calisson Exhibition」にて。藤森氏が登壇してトークイベントも開催され、聞き手を務めた編集者の山田泰巨氏と、ゲストとして招かれたインテリアデザイナーの米谷ひろし氏(トネリコ)を相手に、藤森氏は次のように語りました。

「プロダクト名は、南フランス・プロヴァンス地方に伝わる伝統菓子・カリソンから。菱形の形状や愛着を感じさせる音の響きと、ささまざま環境に調和する、プロダクトのシンプルなフォルムのイメージをこれに重ねている。artiから、新しい家具のデザインの依頼を受けて、何かシステムをもたせたソファをつくりたいと思った。〈カリソン〉は単体ではベンチにもなるし、ラウンジチェアにもなる。連続して並べたとき、足元がじゃまにならない、うるさく見えないよう、脚部は直径13mmのスチールロッドで支えている。置いてみたときに、なにか自然と座り方を導いてくれるような形式であってほしいと思いながらデザインした。当初の予定では3年前にデビューするはずだったので、ようやくお披露目できて嬉しく、感慨深い。」

arti ソファシステム〈Calisson〉

arti ソファシステム〈Calisson〉

人が集う場所のニーズが多様化していく現代において、シンプルな機能を最大限に活かし、高い技術とサスティナブルなモノづくりで、時代のニーズに応える家具のひとつのありようを示唆したソファ〈Calisson〉。ベンチ・ラウンジチェアといったプロダクト単体と、システムの領域を緩やかにつなぐ、新しい可能性とスタイルを提示した家具が誕生しました。
価格などの詳細は、プロダクトの特設サイトを参照してください。

arti〈Calisson〉特設サイト
https://www.calisson-arti.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

藤森泰司アトリエ TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.05.14

「長く生きる。 ウィンザーチェアの場合 展」

藤森泰司、DRILL DESIGNらによる《Windsor Department》 10年の活動を振り返る
CULTURE2021.08.05
渋谷区子育て支援施設「coしぶや」が8/2オープン、良品計画、藤森泰司アトリエ、ボッシュほか参画
COMPETITION & EVENT2022.02.12

〈大阪中之島美術館〉開館記念「超コレクション展」

設計は遠藤克彦建築研究所、カンディハウス+藤森泰司アトリエが家具をデザイン
PRODUCT2022.08.08

藤森泰司アトリエがデザインしたテレワーク家具シリーズ

〈WORK FROM HOME〉の取り扱いを[GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA]が開始
CULTURE2022.10.24

〈ナインアワーズ人形町〉11/1開業

藤森泰司アトリエが内装を担当、カプセルホテルの概念を超えたやわらかな空間を創出

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • arti 新作ソファ〈Calisson〉発売、デザインは藤森泰司アトリエ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ