PROJECT

PROJECT2020.11.05

MUTAN / SIMPLICITY+APOLLO

歴史ある窯元と土地の記憶を受け継ぐ静謐なギャラリー

九谷焼の窯元、錦山窯の作品のための展示室のプロジェクトである。SIMPLICITYの緒方慎一郎氏が企画設計と基本設計を手がけ、私たちAPOLLOが実施設計を担当した、コラボレーションである。

作品名の〈MUTAN〉=「嘸旦」の意味は、音のない始まり。そして、無我の創造。錦山窯の日々のたゆまぬ修練から生まれるつくり手の幸福感、石蔵の中に眠る過去の膨大な古作から立ちのぼる職人の息づかいや立居振る舞い、そこで交わされたであろう古の職人たちの無言の会話までも紡ぎ、作品として今の時代に表現していきたい。クライアントのそのような思いから、この空間は「嘸旦」と命名された。
クライアントである錦山窯では、この〈MUTAN〉を通して、あまり知られていなかった九谷焼の価値観を、つくり手から使い手に直接伝えることで、九谷焼のある生活というライフスタイルの愉しみを探求する場所としたいと考えている。

壁に使用した観音下(かながそ)の石こと日華石は、古くから蔵や石塀などに用いられ、この地の象徴とも言うべき素材である。自然と文化に対する敬虔な思いを表すべく、建物をこの石で構築した。内部は神聖な石室のようで、トップライトからの自然光のみが室内を照らすという、極めてシンプルな空間となっている。

A tranquil gallery that carries on the memory of the historic pottery and the land

This project was designed for gallery space for Kutani ware from the Kinzangama kiln. Mutan means a silent beginning, or reation free from the self.

The creator’s feeling of happiness born of steady day-to-day discipline at Kinzangama kiln; the breath and deportment of artisans were exuding from masterpieces of yesteryear that slumber in stone storehouses; even the silent conservations of the old craftsmen that would once have taken place there – all of these, we wish to incorporate and express in works for the present era. It is based on this idea that we have decided to name this space Mutan.

By communicating the somewhat esoteric values of Kutani ware directly from creator to user through the concept of Mutan, Kinzangama kiln seeks to create a space in which to explore the pleasures of a lifestyle with Kutani ware.

Space is a collaboration involving planning and basic design by Shinichiro Ogata of SIMPLICITY and implementation design by APOLLO. The Kanagaso stone used here and having been utilized in the construction of storehouses and stone walls since time immemorial can also be said to be a symbol of the local area. To be built with such stone is to show reverence for nature and for culture. Like an ancient stone burial chamber, space has a straightforward structure – a sacred space illuminated only by natural light that filters in from the skylight above.

【MUTAN】

所在地:石川県小松市高堂町ト18
用途:ギャラリー
クライアント:吉田幸央 / 錦山窯
竣工:2019.10

企画設計・基本設計:緒方慎一郎 / SIMPLICITY
実施設計・設計監理:黒崎 敏 / APOLLO
構造設計:正木構造研究所

撮影:西川公朗

構造:RC造
規模:地上1階
建築面積:63.00m²
延床面積:76.79m²
設計期間:2018.01-2019.01
施工期間:2019.03-2019.10

【MUTAN】

Location: to-18, Takando-machi, Komatsu, Ishikawa, Japan
Principal use: Gallery
Client: Yukio Yoshida / Kinzangama
Completion: 2019.10

Architects:
Concept Design & Base Design: Shinichiro Ogata / SIMPLICITY
Architecture: Satoshi Kurosaki / APOLLO
Structure engineer: Masaki Structure
Contractor: Ninomiya Kensetsu

Photographs: Masao Nishikawa

Building scale: 1 story
Building area: 63.00m²
Total floor area: 76.79m²
Design term: 2018.01-2019.01
Construction term: 2019.03-2019.10