BUSINESS

企業の広告活動に「建築」という手法を持ち込む「Advertising Architecture」が活動を開始

BUSINESS2020.05.01

企業の広告宣伝活動に「建築」という手法を持ち込み、「長く残る広告」を生み出そうという活動が始まりました。以下のテキストは、公式ウェブサイトからの転載です。

Advertising Architecture. それは、企業の広告活動に「建築」という手法を持ち込み、「長く残る広告」を生み出す活動です。

私たちは、私たちが憧れ、尊敬するブランドを選びだし、そのブランドにふさわしい広告建築を生み出していきたいと思います。

そして、私たちの活動が、世界中の企業のブランド価値を高めつつ、世界がもっと美しくなっていくことを望んでいます。

もし、この活動での掲載を拒否される企業様がいらっしゃった場合は、下記までご連絡ください。速やかに掲載を中止させていただきます。

新しい広告を生み出す活動に、どうか、賛同していただければ幸いです。

同プロジェクトの公式ウェブサイトには、2020年5月1日のオープン時点で8つの「建築プラン」がサムネール(バナー)で表示されています。バナーがクリックすると、プランの拡大画像と、建築プランのコンセプトが表示されます。

なお、私たちの提案する建築プランに共感されましたら、ぜひ各案の「BUILDボタン」を押してください。
あなたの意思が私たちの活動をより現実に近づけます。
どうぞよろしくお願いします。

Advertising Architecture(AA)を立ち上げたのは、建築家で近年は起業家としても活動している谷尻誠氏が率いるSUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズ デザイン オフィス)、小西利行氏が代表を務めブランディングやプロモーションなど幅広く手がけるPOOLなどから成るチームです。
設立の経緯について、谷尻氏が自身のインスタグラムアカウントでコメントしています(5月1日)。

「広告の方はよく建築の僕たちに、建築は残っていいですよねと話されるのを何度か聞いているうちに、なぜ残す広告の概念がないのかと疑問を持つようになり、建築を作りながら広告してはどうかと思うようになりました。
またその建築を広告以降も運営していけるような仕組みをつくることで、広告の意味性を未来に繋いでいきたいと考え立ち上げたものが、Advertising Architectureです。」

Advertising Architecture(AA / アドバタイジング アーキテクチャー)
https://advertising-architecture.com

  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • 企業の広告活動に「建築」という手法を持ち込む「Advertising Architecture」が活動を開始