BUSINESS

パルコのコミュニティ型ワーキングスペース〈SkiiMa〉の関東1号店が吉祥寺PARCOにオープン

BUSINESS2021.03.01

パルコが展開しているコミュニティ型ワーキングスペース〈SkiiMa〉の関東第1号店が吉祥寺PARCOにオープンします。

〈SkiiMa(スキーマ)〉とは、「好きと好きの間に」をコンセプトに掲げるワーキングスペース。国内1号店は、昨年11月に東名阪の基幹店として開業した大阪の〈心斎橋PARCO〉。世の中に新しい価値を生み出す原動力は各個人の「好き」という衝動と捉え、商業施設というヒトやモノが行き交う刺激溢れる空間の中で、「好き」なことを磨き、仲間と共に「好き」をかたちにできる場所を目指しています。

〈SkiiMa KICHIJOJI〉の運営パートナーは、心斎橋店(SkiiMa SHINSAIBASHI)に続き、IDÉE(イデー)の創業者として知られる黒﨑輝男氏が代表を務めるMIRAI-INSTITUTE(ミライインスティチュート)。2011年創業の同社は、シェアオフィスの企画・運営、企業・財団などのコンサルテーションを事業とし、これまでに、働き方の未来の実践としてシェアオフィス「みどり荘」の運営や、吉本興行傘下のよしもとクリエイティブ・エージェンシーとタッグを組み、コミュニティ型Co-Creating&Co-Workingスペース「Laugh Out(ラフアウト)」を東京・渋谷と大阪・中津に2019年に開業しています。

パルコ コミュニティ型ワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」ロゴ

〈SkiiMa KICHIJOJI〉では、昼間の人口が多く、職住近接な街の特性に合わせ、クリエイター・事業者・地域住民と、この街を拠点にする多様な人々の活動拠点となるよう、さまざまなファシリティと月額プランを用意。吉祥寺店よりデイタイムプランを新設。さらに、地域のコミュニティの集まりや習いごとの教室としても利用できるよう、会議室の長期予約も可能なプランも用意しています。月額メンバー以外の一時利用も可能とし、リモートワークの拠点としても利用できます。

内装には、コンテナやアルミサッシなど工業素材を組み合わせた机や什器、ブロックを組み合わせた壁面など、新たな発想が生まれるワークスぺースをデザイン。単なる働く場という枠を超え、地域の新しいコミュニケーションの場所となることを目指すとのこと。
なお、SkiiMa KICHIJOJIオープンを記念して、心斎橋の両店舗で入会金無料キャンペーンを実施するとのことです。内覧の申し込みなども含めて詳細は、〈SkiiMa〉のウェブサイトを参照してください。(en)

〈SkiiMa KICHIJOJI(スキーマ 吉祥寺)〉施設概要
所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目5-1 吉祥寺PARCO 8F(Google Map
営業時間
メンバー利用 9:00-23:00(平日・土日祝日)
※月額プランによって利用可能時間が異なります
受付時間 10:00-18:00(平日)
〈SkiiMa〉ウェブサイトhttps://skiima.parco.jp/


【TECTURE MAG】
「パルコがデジタルで描く商業施設の未来〈心斎橋PARCO〉11/20オープン」(2020/11/20)
https://mag.tecture.jp/culture/20201120-17935/#skiima

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • パルコのコミュニティ型ワーキングスペース〈SkiiMa〉の関東1号店が吉祥寺PARCOにオープン