BUSINESS

サーキュラーエコノミー形成へ向け東京ガス不動産と日本ロレアルが合意

廃棄予定の化粧品を原料としたアップサイクル建材を活用へ

BUSINESS2023.05.31

世界最大の化粧品会社であるロレアルグループ(本社:パリ)の日本法人、日本ロレアル(本社:東京都新宿区)と、東京ガス不動産(東京都港区)の2社間において、循環経済社会(サーキュラーエコノミー)の形成への貢献へ向け、日本ロレアルが廃棄予定の化粧品を建物建材にアップサイクルし、東京ガス不動産が開発する建物の中で活用促進していくことで合意したことが先ごろ発表されました(2023年5月24日)。

提携の第一弾として、日本ロレアルが廃棄予定の自社化粧品「パウダーファンデーション822個」を材料に、東京ガス不動産がタイル建材を製作し、同社が開発する〈(仮称)国分寺学生寮〉(東京都国分寺市、2023年11月竣工予定)および〈(仮称)武蔵野学生寮〉(東京都武蔵野市、2024年1月竣工予定)の建材の一部に採用するとのこと。

東京ガス不動産では、東京ガスグループが掲げる2023-2025年度中期経営計画「Compass Transformation 23-25」における具体的な取り組みとして、同社が保有する新宿パークタワーのビル共用部の使用電力を実質的に再生可能エネルギーに変換し、テナント専用部への導入検討を進めるなど、ビル単位での脱炭素社会の実現へ向けて取り組んでいます。

東京ガス不動産 物件

左:(仮称)国分寺学生寮 / 右:(仮称)武蔵野学生寮 完成イメージ(東京ガス不動産 2022年5月26日プレスリリースより)

日本ロレアルでは、2022年10月に新宿パークタワー内に構える新宿本社オフィスを改装した際に、自社化粧品4,400個をアップサイクルした、ガラスやプラスチック容器を元としたテラゾー骨材などの建材やメイクアップ商品をもとにした塗料などを内装材として採用しています(下の画:会議室での採用例)。

日本ロレアル 新宿本社オフィス

日本ロレアル 新宿本社オフィス「ビューティーバレー」会議室内観 / リップグロスなどを原料とした塗料を壁面に採用

ロレアルグループでは、グローバルプログラムとして掲げる「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」のもと、2030年までの事業拠点からの廃棄物の100%リサイクルまたは再利用を目標としており、日本においては、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進中。2022年には化粧品業界で初めて美容部員の制服のアップサイクルを開始し、同年末の時点で、2016年対比で50%の自社化粧品廃棄を達成しているとのこと。

日本ロレアル 新宿本社オフィス

日本ロレアル 新宿本社オフィス 内観(日本ロレアル 2022年10月6日プレスリリースより)

日本ロレアルは、2006年に新宿パークタワーに本社を移転して以降、オフィス照明のLED化などを通じて東京ガス不動産との協働関係を築いてきたとのこと。同社の新宿本社オフィスが国際的なグリーンビルディング認証制度である「LEED GOLD®」認証を2023年3月に取得したことも、2社間のパートナーシップがもたらした成果の1つであるとしています(同社プレスリリースより)。

新宿パークタワー

丹下健三・都市・建築設計研究所(現・丹下都市建築設計)が設計し、1994年4月に竣工した〈新宿パークタワー〉
なお、39-52階に位置する〈パーク ハイアット 東京〉は、2024年5月7日から約1年間全館休業して改修工事に入る(リニューアルオープンは2025年春頃を予定 / パークハイアット東京 2023年4月26日プレスリリースより)

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

アップサイクル建材 TOPICS

PRODUCT2020.07.10

ロペ エターナルが残布のアップサイクルプロジェクト・セカンドコレクションを発表

失われつつある絹織物の製法を次の世代へと繋ぐ再生プロジェクト
PRODUCT2020.07.20

海を愛する全ての人へ

海洋プラスチックごみをアップサイクルした北欧ブランドの腕時計〈Time for Oceans〉
PRODUCT2020.09.18

廃棄衣料をアップサイクル

サスティナブルブランド commpost から「Tissue BOX」発売
FEATURE2021.09.30

淺沼組名古屋支店がサステナブルにリニューアル

川島範久氏が参画、ニューノーマル時代のこれからのオフィス像を提示【取材レポート】
CULTURE2022.02.28

H&Mが廃棄衣料を什器に

繊維リサイクルボード・PANECO®を什器に採用、サステナブルな取り組みを体現したH&M国内初の店舗が池袋にオープン
PRODUCT2023.01.13

りんごの搾りかすを利活用したアップサイクル材

SOZAI CENTERが開発、2023年秋発売予定の新素材〈Adam(アダム)〉
PRODUCT2023.04.07

アップサイクルタイル「ウラタイル」

タイルの"げた"を意匠として施工、 タイル工場の産業廃棄物を減らす取り組み

海外 アップサイクル事例

CULTURE2023.03.20

高層建築のアップサイクルで使用可能面積を倍増!?

既存の大部分を残しながら拡張した 3XNとBVNによる〈キー・クォーター・タワー〉
CULTURE2022.12.26

ワールドカップで使用されたテントが難民コミュニティへ寄贈

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した解体・再構築が容易なモジュール式テント〈ZHA-EAAテント〉
CULTURE2023.03.28

サウジアラビアで進む世界最大の水上都市計画!

NEOMにて進む インダストリー4.0とサーキュラーエコノミーを掛け合わせた〈OXAGON〉
CULTURE2022.09.28

解体・再構築が容易なモジュール式木造パビリオン

DP6アーキテクチャスタジオが手がけた サーキュラーエコノミーの理念を反映した建築〈ナチュラルパビリオン〉

サーキュラーエコノミー TOPICS

FEATURE2022.12.22

サーキュラーエコノミーとは?実現のために建築ができること

アダプティブリユース、CLT、3Dプリントなどサーキュラーエコノミーの実現につながる9つの海外プロジェクト

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • 日本ロレアルと東京ガス不動産がサーキュラーエコノミー形成への貢献へ向けて合意、 廃棄予定の化粧品を原料としたアップサイクル建材を活用へ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ