CULTURE

渋谷区公認 配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」5月19日オープン

CULTURE2020.05.19

渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」が2020年5月19日 18時30分にオープンします。

開設したのは、KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業約50社で組成される「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」。
自宅に居ながらも活動を止めることなく、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなど「渋谷」らしいコンテンツを発信・体験できることをコンセプトとしています。

「バーチャル渋谷」が提供するコンテンツは大きく2つ。
1つは、現実の渋谷にバーチャルならではの演出や装飾を加えた特別な空間となっているイベント会場。もう1つは、リアルな渋谷の街と連携したデジタルツイン(ミラーワールド)で、リアルとバーチャルのそれぞれの「渋谷」の同じ場所で同一のものを展開するというものです。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)影響拡大に伴い、経済や文化などさまざまな活動が制限されるなか、先端テクノロジーを活用して、自宅からさまざまなイベント「会場」へのアクセスが可能となります。

5月19日当日のオープニングイベントとして、19時00分から19時45分に「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」が開催されます。

「バーチャル渋谷」への参加方法は、VRデバイス、スマートフォン、PC/Macを経由すれば、誰でも可能(但し、clusterの無料アカウント作成と、利用するデバイスにclusterアプリのインストールが必要)。

同プラットフォームは、11月開催の渋谷区共催事業「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2020(SIW)」における都市型イベント会場としても展開する予定です。

「バーチャル渋谷」https://shibuya5g.org/

  • TOP
  • CULTURE
  • TECHNOLOGY
  • 渋谷区公認 配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」5月19日オープン