CULTURE

〈星野リゾート 界 霧島〉霧島錦江湾国立公園内に2021年1月開業

CULTURE2020.10.07

国内外で45の施設を運営する星野リゾートは、温泉旅館ブランド「界」の17番目の施設として、鹿児島県・霧島温泉に〈星野リゾート 界 霧島〉を2021年1月29日に開業すると発表しました(2020年10月5日)。
星野リゾートの九州への進出は、大分県・瀬の本温泉の〈星野リゾート 界 阿蘇〉に続き、2施設目となります。

〈星野リゾート 界 霧島〉のコンセプトは、「桜島をはるかに見渡し、湯浴み小屋でうるおう宿」。建設地は、天孫降臨の神話が伝えられる高千穂峰や霧島連山など、美しい自然環境が保護されている景勝地である霧島錦江湾国立公園の内部、高千穂峰の中腹に位置しています。気象条件が整った日には、全ての客室から、広大な霧島高原と、その先の錦江湾に浮かぶ桜島まで見渡すことができます。

大浴場は、客室棟から少し離れたところにある、広大なすすき野原の中につくられる予定で、広大な空と自然豊かな景色を望みながら湯浴みを楽しむという趣向です。

すすき草原に佇む湯浴み小屋

露天風呂

シラスを用いて霧島連山をモチーフにしたベッドボード

シェードに薩摩和紙を用いた造作照明

全49室の客室には、地域の特徴や伝統工芸などが取り入れられます。シラスを原材料とする「シラス壁」を使ったベッドボードや、薩摩和紙を用いた照明、大島紬、薩摩錫などの工芸品をインテリアとしてしつらえる予定です。

薩摩焼や意匠を凝らした器とともに味わう、黒豚肉など地元産の食材を使った会席料理

星野リゾート 界 霧島

所在地:鹿児島県霧島市霧島田口字霧島山2583-21
敷地面積:100,000m²以上
建築面積:2,070m²
延床面積:5,460m²
建物:客室棟(地上5階、全49室)/ パブリック棟(地上2階)/ 大浴場(地上1階)/ 湯上がり処(地上1階)
付帯設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、ビューテラス
大浴場(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)、スロープカー
建築設計・ランドスケープ設計:清水建設 九州支店
建築意匠監修:the range design INC.
ランドスケープ設計監修:SEA BASS
施工:清水建設
開業予定日:2021年1月29日(2020年10月5日予約開始)
https://kai-ryokan.jp/kirishima/



星野リゾートでは今後、日本有数の温泉地がある九州において、温泉旅館ブランド「界」を中心に事業展開を進める計画で、温泉設備はもちろん、地域性を活かした滞在体験を提供し、また、地域の職人との取り組みを強化することで、その土地ならではのホテルの個性を打ち出していくとのこと。
この〈星野リゾート 界 霧島〉に加え、2021年夏には、大分県別府市の別府湾を一望できるロケーションに〈星野リゾート 界 別府〉の開業を予定。デザインを隈 研吾氏が手がけることが発表されています。(en)

2021年夏開業予定〈星野リゾート 界 別府〉 デザイン:隈研吾建築都市設計事務所

星野リゾート 九州における今後の事業展開について(2020/10/05)
https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/10/107361.html