CULTURE

BIG Designs 100 3D Printed Homes in the US, How Will the Housing Industry and Residential Landscape Change?

BIGが3Dプリント住宅100軒をアメリカで設計!住宅業界と住宅地の風景はどう変わる?

CULTURE2021.11.19

アメリカの大手住宅メーカーであるLennarと、大規模な3Dプリントのパイオニアである建築技術企業ICONは、BIG(ビャルケ・インゲルス・グループ)設計のもと、3Dプリント住宅100軒で構成される、これまでで最大規模のコミュニティを建設すると発表しました。
アメリカ、テキサス州の都市オースティンにて、2022年着工予定。

(以下、ICONから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

今回の発表は、オースティンに本社を置くICON社の2億700万ドルの資金調達に、Lennar社が出資したことから始まり、高まる住宅需要に応えるため、テクノロジーを駆使した安価な住宅を提供するためのものです。

■3Dプリントで労働力と資材不足を解消

Lennar内で住宅建設業界全体の技術ソリューションを統合する戦略を推進するLEN Xの社長であるエリック・フェダー氏は、次のように語っています。

「労働力と資材の不足は、アメリカの多くの家族にとって、住宅所有の夢を手の届かないものにしている2つの大きな要因です。」
「Lennarは、高品質な住宅を手頃な価格で提供するため常に技術革新の限界を拡大してきましたが、3Dプリントは非常に心強いアプローチです。私たちはICONと協力して、今後数年間で新たな課題に対するソリューションを開発できることを楽しみにしています」

Lennar, ICON, BIG

ICONの3Dプリント技術は、従来の建設方法よりも早く、廃棄物が少なく、設計の自由度が高い、レジリエンスのあるエネルギー効率の良い住宅を生産し、建設プロジェクトをスケジュール通り、予算通りに進めることができます。
ICONのVulcan建設システムは、住宅の大量3Dプリントを正確かつ迅速に行うためにイチから設計、開発されており、最大3,000平方フィート( ≒278.7m²)の住宅や構造物を提供することができます。
これらの住宅や構造物は、国際建築基準(IBC)の構造基準にもとづいて建設され、標準的なコンクリート組積ユニット(CMU)で建設された住宅と同等以上の耐久性が期待できます。

■3Dプリントが住宅と住宅地を変える

ICONの共同設立者兼CEOであるジェイソン・バラード氏は、次のように語っています。

「アメリカでは約500万戸の新築住宅が不足しているため、品質、美しさ、持続可能性を損なうことなく、迅速に供給を増やすことが強く求められています。ICONは、そういった世界的な住宅危機への対応として、また当社の技術を世界に役立てるために存在しています。建設規模の3Dプリントは、より高品質な住宅をより早く、より手頃な価格で提供するだけでなく、コミュニティ全体の建設方法をより良いものに変えることができます。」
「ICONにとって、革新的な取り組みを行っている住宅メーカーであるLennarと提携することは名誉であり、大きな節目となります。これはコミュニティ規模の開発の歴史の中で、未来が現在となる分岐点になると信じています。」

Lennar, ICON, BIG

BIGのパートナーであるマーティン・ヴォールクル氏は、次のように語っています。
「アディティブ・マニュファクチャリング(素材を積層することで、さまざまな形状をつくり出す3Dプリント)は、業界で大規模に採用されることで、建築環境に革命を起こす可能性を秘めています。」
「ICONとLennarとの提携により、この新しい技術を可能な限り多くの人びとに提供できます。3Dプリント建築と太陽光発電の屋根は、建設プロセスにおける廃棄物の削減に向けた重要な一歩であり、住宅をよりレジリエンスの高い持続可能なものとし、エネルギーを自給できるようにするための革新的な技術です。」

以下は、ICONのリリース(英文)です。

ICON and Lennar to Build Largest Neighborhood of 3D-printed Homes Codesigned by BIG-Bjarke Ingels Group

Innovative 100-home Community Breaks Ground in Austin Area in 2022

Lennar, one of the nation’s leading homebuilders, and ICON, a construction technologies company pioneering large-scale 3D printing, today announced a commitment to build the largest community of 3D-printed homes to date using ICON’s innovative robotics, software and advanced materials. Breaking ground in 2022, the 100-home community will be codesigned by the acclaimed architecture firm, BIG-Bjarke Ingels Group.

The announcement deepens a relationship that began with Lennar’s investment in Austin-based ICON’s recent $207-million financing round and offers a promising path toward delivering affordable, technology-driven homes that meet rising demand.

“Labor and material shortages are two of the biggest factors pushing the dream of home ownership out of reach for many American families,” said Eric Feder, President of LENX. “Lennar has always expanded the boundaries of technological innovation to keep quality homes affordable and 3D printing is an immensely encouraging approach. We are excited to collaborate with ICON to develop solutions to emerging challenges in the coming years.”

ICON’s 3D printing technology produces resilient, energy-efficient homes faster than conventional construction methods with less waste and more design freedom – keeping construction projects on schedule and on budget. Designed and engineered from the ground up for volume 3D printing of homes with precision and speed, ICON’s Vulcan construction system can deliver homes and structures up to 3,000 square feet that are built to the International Building Code (IBC) structural code standard and expected to last as long or longer than standard Concrete Masonry Unit (CMU) built homes. ICON’s proprietary wall system and advanced materials are stronger and longer-lasting than traditional building materials and provide safer, more resilient homes that are designed to withstand extreme weather, greatly reduce the impact of natural disasters, and be printed at high speeds and at scale.

“ICON exists as a response to the global housing crisis and to put our technology in service to the world,” said ICON co-founder and CEO Jason Ballard. “Construction-scale 3D printing not only delivers higher-quality homes faster and more affordably, but fleets of printers can change the way that entire communities are built for the better. The United States faces a deficit of approximately 5 million new homes, so there is a profound need to swiftly increase supply without compromising quality, beauty, or sustainability and that is exactly the strength of our technology. It is an honor and a huge milestone for ICON to partner with Lennar, an elite top-tier homebuilder with a commitment to innovation. We believe this will be a watershed moment in the history of community-scale development and the future breaking into the present.”

“Additive manufacturing has the potential to revolutionize the built environment as it gets adopted by the industry at scale,” said Martin Voelkle, Partner, BIG-Bjarke Ingels Group. “By partnering with ICON and Lennar, we are able to see this new technology roll out to the widest possible audience. The 3D-printed architecture and the photovoltaic roofs are innovations that are significant steps towards reducing waste in the construction process, as well as towards making our homes more resilient, sustainable, and energy self-sufficient.”

Lennar’s investment in ICON’s Series B financing round in August was facilitated by LENX, which drives a focused strategy within Lennar to integrate technology solutions across the homebuilding industry. With a clearly defined strategy of investing in technology companies directly adjacent to Lennar’s core homebuilding operations and a disciplined investment process, LENX provides hands-on mentorship and guidance from senior leaders of Lennar’s management team and a marquee opportunity to provide products and technology to Lennar customers, allowing portfolio companies to scale at an unprecedented pace.

大規模3Dプリント建築企業ICON 公式ウェブサイト
https://www.iconbuild.com/updates/icon-and-lennar-to-build-largest-neighborhood-of-3d-printed-homes-codesigned

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

BIG 関連記事

CULTURE2021.02.24
ビャルケ・インゲルス / BIGが手がけるトヨタの実証都市「Woven City」が裾野市にて着工
BUSINESS2020.04.09
BIGニューヨーク事務所の建築家によるnote「建築事務所のいろいろ_乗り越える」
COMPETITION & EVENT2020.05.04
Netflixが「The Art of Design Season1&2」をYouTubeチャンネルで字幕付きで配信、ビャルケ・インゲルス (BIG)のドキュメンタリーほか無料公開
PRODUCT2021.06.07
ビャルケ・インゲルス率いるBIGがデザインしたハードウェアコレクション「ペブルシリーズ」をスガツネ工業が取り扱い開始

3Dプリンタ住宅 関連記事

PRODUCT2021.02.02
3Dプリンターで30坪300万円の住宅をつくるプロジェクトをセレンディクスパートナーズが発表
BUSINESS2021.11.24
熊本のLib Workが3Dプリンター住宅〈DEEP α〉の共同開発を発表、デザインは家所亮二建築設計事務所が業務提携
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • BIGが3Dプリント住宅100軒をアメリカで設計!住宅業界と住宅地の風景はどう変わる?
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ