CULTURE

星を散りばめた本のような幻想的な空港

現代的な機能を備えつつ歴史的なエッセンスを取り入れた、ウズベキスタンの〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉

CULTURE2022.03.29
〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

トルコ・イスタンブールを本拠地とするKIKLOPデザインがウズベキスタンに設計した〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉。

本を開いたようなユニークな空港は、2022年の第3四半期(10月〜12月)に完成予定です。

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

(以下、KIKLOP Designから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

サマルカンドは中央アジアの中心部に位置し、シルクロードに面している。この観光都市は、その歴史的、文化的背景から、世界で最も魅力的な都市の1つである。

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

現代的な機能を備えつつ歴史的なエッセンスを取り入れた建築

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉に求められたものは、歴史的なものを模倣するのではなく参照しながら、時代を超えたユニークな構造の空港をつくり、乗客にユニークな体験を提供することであった。

この問題を考える上で、サマルカンドの天文学者でもあったミルザ・ウルグ・ベグ(ティムール朝の第4代君主)と彼の天文学的作品(星のカタログ、分針と秒針など)が私たちの原点となった。

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

このストーリーを表現するために、ローカルとモダンを融合したデザインを採用し、明るくシンプルでフレキシブルな建築要素に、形状と素材の選択によって伝統的なトレンドを取り入れている。

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

また内部では、木の内装、有機的な形状の店舗ユニット、各所に配された緑地帯が温かく自然な雰囲気をつくり出している。これらにより、中央アジアの中心部に、年間150万人の乗客(2030年までにさらに100万人の拡張を計画)、42,000の面積を持つ空港デザインが完成した。

 

開いた本に星が散りばめたようなユニークなデザインが、どのように実現されるかも気になるところですね!

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン

Image by KIKLOP Design

以下、KIKLOP Designのリリース(英文)です。

Samarkand is one of the most fascinating and charming cities of the world since its historical and cultural background. This touristy city is located in the heart of Central Asia, on the historic silk road.

The design of the passenger terminal building of Samarkand Airport is commenced at the end of 2019. The main idea was creating a timeless and unique airport structure with historical references rather than copying them and with remarkable passenger experience. When the issue is an airport, Mirza Ulugh Beg and his astronomical works (star catalogue, minutes and seconds of arc etc.) in Samarkand set our origin. 

In order to evince this story of stylish and attractive design with a mix of local and modern inspirations; bright, simple and flexible architectural elements are combined with traditional trends in a smart way by form and material selection. The use of wooden elements, appealing mix of organically shaped retail units and green zones also triggers a warm and natural atmosphere inside. 

As a result, an airport design came up in the heart of Central Asia with totally 1,5 million yearly passenger capacity (planned additional 1 million expandable strategy by 2030) and 42.000 m² construction area.

Led by Meltem Oz, KIKLOP Design unveils their design for Uzbekistan’s “Samarkand International Airport Main Passenger Terminal Building”. Having begun construction at the beginning of 2020, the project is expected to be completed by 3rd Quarter 2022.

Project Credits

Principal Partners in Charge: Meltem Oz, Talat Emel
Team Lead: Tugce Alkaya Adem
Design team: Cuneyt Kabuloglu, Deniz Duru, Orhan Kalkandelen, Tulay Oren, Murat Uzal, Esma Izgi, Semih Yilmaz, Elif Ulusarac, Merdan Hazretkuliyev, Turgay Abacık, Sude İzgi, Beyza Kelkit, Cansu Guldogan, Elif Yucel, Aziz Safi, Ertug Onay, Zeynep Uzal

Client: Ministry of Transport of Uzbekistan, Enter Engineering
Localization Architects: Prime Tower

Aviation Planning : KIKLOP Design

Structural Consultant: KIKLOP Design / OZUN Project
MEP : KIKLOP Design (Erhan Sen, Kemal Kahyaoglu,  Meric Erol, Havva Demir, Ozgur Ozak)

BHS/SAS Consultant : KIKLOP Design, Fatin Bozdugan

ICT Consultant : Commwork

Fire Consultant : ETIK
Envelope Consultant: Axis
Landscape Consultant: KIKLOP Design
Lighting Consultant: MMC

Signage Consultant: KIKLOP Design
Interior Design: KIKLOP Design

 

「Samarkand Airport」KIKLOP Design 公式サイト

http://www.kiklop.com.tr/en/selected-works/samarkand-airport

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

空港建築 関連記事

PROJECT2020.09.13

Beijing Daxing International Airport / Zaha Hadid Architects

中庭を中心に流線的なフォルムで構成した空港
COMPETITION & EVENT2021.02.25
【審査結果】藤本壮介が「大分空港海上アクセス旅客ターミナル」プロポーザルで最優秀を獲得、地元の松井設計との共同JV
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 星を散りばめた本のような幻想的な空港、現代的な機能を備えつつ歴史的なエッセンスを取り入れた、ウズベキスタンの〈サマルカンド国際空港メイン旅客ターミナルビル〉KIKLOPデザイン
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ