CULTURE

地域に学びを与える学習施設

GACがルワンダの小さな田舎の村に設計した 学習や健康のための建築〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

CULTURE2022.10.21
〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

ルワンダの小さな田舎の村に建つ〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター(Masoro Learning & Sports Center)〉は地域住民に学習、遊び、健康のための安全で安心な環境を提供する、さまざまな施設を含んだ建築です。

地域の一般的な施設は塀で囲われているのに対し、建物や地形、植栽を利用することでセキュリティ性を確保しながら開放的な環境を提供しています。また、地域の住民を雇い建設作業を依頼することで、持続可能で耐久性のある建設技術を学ぶ機会にもなっています。

ルワンダとアメリカに拠点を置き、10年以上にわたって東アフリカのコミュニティと協働している設計事務所ジェネラル・アーキテクチャ・コラボレーティブ(General Architecture Collaborative、以下GACと表記)が設計しました。

(以下、GACから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

ルワンダのなだらかな丘陵地帯に位置する〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉は、マソロという小さな田舎の村と周辺の地域住民とのパートナーシップのもとに設計・建設された建築である。センターには、図書館、教室、技術教育室、屋内外の運動スペース、コミュニティ教育用庭園、屋外シアター、バスケットボールコート、コミュニティサッカー場があり、地域住民は無料で利用可能となっている。〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉は、学習、遊び、健康のための安全で安心な環境を提供する、さまざまな施設の集合体となっている。

このプロジェクトの設計・施工において、「サステナビリティとは建物の性能以上のものであり、共通の建築環境を形成するための投資、統合、発展を通じてコミュニティを持続させる行為である」というスタンスをとっている。

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

地域にサステナブルな建設技術を伝承する建設

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉は、建設において地域の作業者に持続可能で耐久性のある建設技術を学ぶ機会となるよう設計された。建設に際しGACは周辺地域から390人の作業者を雇ったが、そのうち半数以上が女性であった。また、雨水利用やバイオダイジェスター(食物などの有機物を生物学的に消化するシステム)など、オフグリッドのインフラも導入された。

要塞のような塀に囲まれた地域の一般的な施設とは異なり、〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉は建物、植生、地形を利用することで、安全性を確保している。地形を操作することで既存のサッカー場に屋外座席を提供するとともに、スポーツやコミュニティイベントといったさまざまなプログラムに対応できるよう計画している。掘削で出た余分な土は圧縮土ブロックとすることで、低負荷建築技術のトレーニングや将来の建設プロジェクトに活用することができる。

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

運営面も持続可能にするための取り組み

GACは、このセンターが現在だけでなく将来の地域社会のニーズにも確実に応えられるよう、地域のリーダーや教育・医療NGOと協力関係を結んでいる。センターのオープン後、GACは現地のマネージャーの雇用とトレーニングを進め、現在は彼らがセンターの運営と維持に当たっている。

パンデミック時には、このセンターが情報発信の拠点となり、コミュニティの安全と健康を保つために必要な物資を配給した。また、食料の入手が困難となった地域の母子の栄養失調のリスクを軽減するために、庭の収穫物を提供し、学校が閉鎖されても子どもたちが学び続けられるよう、図書館の本を提供した。

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉の設計と建設において、地域社会全体を保護し、維持し、成長させるための機会を提供した。このセンターは地域住民のための共有地として根付き、現在ではセンターの運用方法は地域で決定している。

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

©︎ Katie Garner + GAC

〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉

Plan

以下、GACのリリース(英文)です。

The Learning & Sports Center
General Architecture Collaborative

Full Project Description
The Learning and Sports Center is located among the rolling hills of Rwanda near the rural village of Masoro. The Center provides a library, classrooms, technology education rooms, indoor and outdoor exercise spaces, community teaching gardens, outdoor theaters, a basketball court and a community soccer field, all of which are accessible to community members free of charge. The project is a collection of interior and exterior spaces that provide a safe and secure environment for learning, play, and wellness.

During the construction period, GAC hired 390 builders from the surrounding region, 54% of whom were women. They received pension contributions, breakfast and lunch, as well as safety training and equipment. The project’s development and construction process was designed to offer community builders training opportunities in sustainable and durable construction techniques which included ModernBrick construction methods, modified recycled bitchumen roofs, site harvested stone foundations, and woven walls, doors and ceiling surfaces which use local grasses and bark. Off-grid infrastructures such as rainwater harvesting and biodigesters were implemented. Unlike typical institutions in the region which are surrounded by fortress-like walls, the Center uses parameter buildings, vegetation, and landforms to create a sense of security across multiple small courtyards and exterior spaces. Topographical changes were used to provide seating, differentiate programs, and define an existing soccer field for sport and community events. Excess soil from excavation was turned into compressed soil blocks for future construction projects and low-impact building techniques training.

GAC partnered with community leaders as well as education and healthcare NGOs to ensure that this center meet current and future community needs. After opening, GAC facilitated the hiring and training of local managers who now run and maintain the center. During the pandemic, the center became a hub for disseminating information and distributing supplies necessary for keeping the community safe and healthy. The harvest from the gardens was given to reduce the risk of malnutrition in local mothers and their children when access to food became difficult, and books in the library were accessible to children, so they could continue to learn when schools were closed.

The Center’s inclusive design and construction process created a place which the entire community is now invested in protecting, maintaining and growing. Today, community members decide collectively how to use the center, as a shared common.

About General Architecture Collaborative
General Architecture Collaborative (GAC) has been working with communities in East Africa for over a decade. With offices in Rwanda and the United States, we have worked to built partnerships with local communities, and create a network of researchers, innovators and NGOs, committed to inclusive practices which foreground education, social justice and environmental responsibility. Our approach utilizes the entire design and construction process to serve those most often overlooked by design practices and global development. As a design-focused non-profit we are able to advocate for, and direct funds towards, community education, sustainable building materials and construction research, and inclusive collaborative processes which ensure that each project impacts communities in multiple meaningful ways. We believe that good design goes beyond metrics or recognition. Rather, it is a measure of how we leave a lasting impact on our shared global environment and on the lives of those who will continue to maintain a responsible relationship with it.

Project Data

Location: Masoro Sector, Rulindo District, Northern Province, the Republic of Rwanda
Cost: $450,000 (USD)
Floor area: 2 hectares (site), 1100 square meters (buildings)

Project Credits:

Project Team: General Architecture Collaborative – James Setzler, Patrice Ndababonye, Nicolas Kalimba Rugamba, Marie Claire Musengayire, Cynthia Twagirayezu, Marie Rose Ukwizabigira, Iris Gomm, Mia Shepard, Yutaka Sho, Leighton Beaman
Consultants: Kate Spade NY On Purpose, Teach Rwanda, Gardens for Health International, Shooting Touch, Africa Yoga Project
Construction: General Architecture Collaborative (planning, design, programming, construction, operation management), SKAT(ModernBricks training), Junho Chun (structural engineering)
Photos: Katie Garner + GAC
Community Partner: Isooko Community Development

「Masoro Learning & Sports Center」GAC 公式サイト

http://www.gacollaborative.org/mslc

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

アフリカ 関連記事

CULTURE2022.05.23

南アフリカの自然を守り継承するテント屋根

Yuji Yamazaki Architectureが設計した大自然にたたずむロッジ〈ノカ・キャンプ〉
CULTURE2022.05.02

建築と自然をつなぐ土壁のキャンパス

持続可能な教育環境をつくり出す〈グリーンスクール南アフリカ〉
CULTURE2022.05.09

土ブロックがつくるパッシブクーリングな居住空間

フランシス・ケレがブルキナファソに設計したクリニックの宿泊施設〈Doctors' Housing〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 地域に学びを与える学習施設、GACがルワンダの小さな田舎の村に設計した 学習や健康のための建築〈マソロ・ラーニング&スポーツセンター〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ