CULTURE

土ブロックがつくるパッシブクーリングな居住空間

フランシス・ケレがブルキナファソに設計したクリニックの宿泊施設〈Doctors' Housing〉

CULTURE2022.05.09
〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

西アフリカに位置するブルキナファソの都市レオに、ディエベド・フランシス・ケレ率いるケレ・アーキテクチャが設計した、地元のクリニックのための宿泊施設〈Doctors’ Housing〉。

ブルキナファソ出身のディエベド・フランシス・ケレは、2022年のプリツカー賞を受賞した建築家です。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

(以下、Kéré Architectureから提供されたテキストの抄訳)

NPO「Operieren in Afrika e.V.」が運営しているレオ外科クリニック&ヘルスセンターは、医療支援の提供だけでなく、客員の専門医と現地の医師との間で「知識やノウハウの交換する機会の確立」を使命とした施設である。

〈Doctors’ Housing〉は、クリニックのボランティアおよび常駐スタッフのための宿泊施設として、このビジョンを拡張するものである。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

〈Doctors’ Housing〉は、5つの居室が中庭を囲むように配置された建築である。中庭には、キッチンやトイレ、ダイニングエリア、テラスなど、さまざまな共用設備が用意されている。

対して各居室には、リビングルーム、専用庭、屋外テラスや、この地域の住宅では珍しい、専用のシャワーとトイレを備えている。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

快適な環境をつくり出すパッシブクーリング

隣地に建つクリニックと同じく、〈Doctors’ Housing〉もモジュール方式で設計されており、コンクリートブロックと圧縮安定化土ブロック(CEB)の二重壁で構成されている。

この二層構造は構造的な安全性を高めると同時に、熱質量(熱を蓄えることを可能にする建物の質量の特性)も増加させ、内部を涼しく保つのにも役立っている。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

外壁はカラープラスター仕上げとすることで雨風から守るとともに、ファサード全体にアーティキュレーション効果(さまざまな強弱や表情をつけることで区分すること)を与えている。

内部のCEBでつくられたヴォールト天井は、換気と採光のため両端を開け放っている。

また、屋根は躯体から浮かすことで過剰な熱取得から内部を守るとともに雨や日差しを遮り、屋根に降った雨は敷地内の貯水池に集め、灌漑に利用する。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

建物とともに快適な環境をつくるランドスケープ

ランドスケープデザインは、居住者にとって重要なさまざまな機能を果たすよう設計されている。

住居を囲うように配されたコンクリートブロックの外周壁は、プライバシーとセキュリティを確保している。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

暑く乾燥した気候において貴重な雨水を集め、貯留する貯水池には睡蓮などの植物を導入することで炎天下での水の蒸発を防ぎ、池に住む魚が蚊の幼虫や病気を媒介する虫を食べてくれる。また、集めた水はこの生態系を養うだけでなく、住宅周辺を冷やす効果も期待できるシステムである。

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

〈Doctors' Housing〉

©︎ Andrea Maretto for Kéré Architecture

〈Doctors' Housing〉

Plan

〈Doctors' Housing〉

Elevation

〈Doctors' Housing〉

Section

以下、Kéré Architectureのリリース(英文)です。

Doctors’ Housing / Léo / Burkina Faso

Project Credits

Local Title: Doctors’ Housing
Location: Léo, Burkina Faso
Architect: Kéré Architecture, Diébédo Francis Kéré
Design Team: Jaime Herraiz Martínez, Diego Sologuren Martin
Contributors: Andrea Maretto, Dominique Mayer, Laura Bornet, Valeria Molinari
Construction supervision: Association Dolai, Diébédo Francis Kéré, Nataniel Sawadogo
Landscape design: Kéré Architecture
Client: Operieren in Afrika e. V.
Building Area: 950
Design & Planning phase: 2016-2017
Construction phase: 2017-2018
Status: Completed

Project Description

Since its initial opening in 2014, the Léo Surgical Clinic and Health Center has been operating at full capacity under the direction of the non-profit organization Operieren in Afrika e.V.. The mission of the project was not only to provide much-needed facilities for surgery and medical assistance, but also to establish an exchange of knowledge and expertise between visiting medical specialists and local doctors. The Léo Doctors’ Housing extends this vision by providing accommodation for the Clinic’s volunteer and resident staff.

It consists in 5 separate apartments arrayed along a common courtyard. The courtyard contains a range of shared amenities including a garden, kitchen, restrooms, dining area, and terraces to relax after full-days-work. Each of the single-bedroom apartments is outfitted with its own private living room, garden and outdoor terrace. The apartments are equipped with their own private shower and toilet, amenities that are rare in houses in the area.

Similar to the Clinic, the Doctors Housing is also designed as a modular system. The construction consists of a double-layer wall of concrete block and compressed stabilized earth block (CEB). The dual layer adds structural integrity while increasing thermal mass to help keep the interiors cool. A coating of colored plaster protects the exterior walls against weathering while imparting an articulated effect on the whole of the façade. The interior ceiling is designed as a singular vault made of CEB with the ends left open for ventilation and daylighting. A roof of corrugated metal sheet is pulled away from the ceiling, protecting the interiors from excessive heat gain through the material while also sheltering from rain and the sun. The slope of the roof directs rainfall into an onsite water reservoir which is used for irrigation.

A perimeter wall of concrete block protects the privacy and security of the housing complex. The landscape design within the complex is made to fulfill a variety of important functions for the inhabitants. A system of drainage ponds absorb and retain rainwater, a much needed resource in the hot and arid climate. Vegetation such as water lilies is introduced to prevent water evaporation in the hot sun while living fish eat the larvae of mosquitos and other disease-transmitting insects. The collected water will not only feed this ecosystem, it will provide a cooling effect for the areas surrounding the housing. The gardens and landscaping thus create a private sanctuary for the doctors of the Léo Surgical Clinic and Health Center.

「Doctors’ Housing」Kéré Architecture 公式サイト

https://www.kerearchitecture.com/work/building/leo-doctors-housing?utm_medium=website&utm_source=archdaily.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ディエベド・フランシス・ケレ 関連記事

CULTURE2022.03.16

プリツカー賞 2022年受賞はディエベド・フランシス・ケレ氏!

西アフリカのブルキナファソ出身。“地域社会のために泉をつくる”活動が評価
CULTURE2022.03.16

プリツカー賞受賞者ディエベド・フランシス・ケレ氏 インタビュー動画

「建築で夢を与え、背中を押し、パラダイムを変えたい」

土建築 関連記事

CULTURE2022.05.02

建築と自然をつなぐ土壁のキャンパス

持続可能な教育環境をつくり出す〈グリーンスクール南アフリカ〉
CULTURE2022.04.21

掘削した土でつくるヴァナキュラーな住宅

インドの農場に建つ自然と共生するファームハウス〈土石の家〉
CULTURE2022.03.18

泥と竹でつくるヴァナキュラーな建築

女性や障がい者が活躍する環境をつくり出す、障がい者センター+テキスタイルスタジオ〈アナンダロイ〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 土ブロックがつくるパッシブクーリングな居住空間、フランシス・ケレがブルキナファソに設計した地元クリニックの宿泊施設〈Doctors’ Housing〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ