CULTURE

世界初!ブロックチェーンで資金調達してつくる建築!?

ユーザーがそれぞれ購入・デザインしたNFTブロックを組み合わせてつくるパビリオン〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

CULTURE2022.11.09
〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル(Fungible Non-Fungible)〉パビリオンは、ブロックチェーンを用いて資金調達を行う史上初の建築です。エストニアの首都タリンで開催されているタリン建築ビエンナーレ2022にて公開されました。

それぞれのユーザーがデザインしデジタルの所有権を購入したブロックを組み合わせてパビリオンが構成されています。このようなプロセスとすることで、コミュニティの誰もがデザイナーであり投資家でもあるという、中央集権ではない新たなアプローチを提唱しています。

建築だけでなく複合現実(MR)のプロジェクトなども多く手掛けるイギリスのデザインスタジオ アイハートブロブ(iheartblob)によるNFT生成ツールと専用プラットフォームにより構築されています。

(以下、iheartblobから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

タリン建築ビエンナーレ2022は、アイハートブロブが考案した、〈ファンジブル・ノンファンジブル〉パビリオンのデザインプロセスに参加できるプラットフォームをローンチした。このパビリオンは、ブロックチェーンを用いて資金調達を行う史上初の建築である。

iheartblobは、建築のデザイン、製作、資金調達において、コミュニティがデザイナーであり投資家でもあるという、中央集権ではない新たなアプローチにより、パビリオンのあり方を根本的に見直している。

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

建築家は、ブロックチェーン、特にNFT(ノンファンジブルトークン)と人工知能(AI)の出現を利用しコミュニティに力を与え、ローカルクラフトマンシップを可能にするシステムデザイナーとなるのである。

アイハートブロブは建築の要素を自らデザインするのではなく、個人が自分のオブジェクトをデザインし、「ミント」(デジタル所有権の作成と認証のプロセス)を行うことができるNFT生成ツールと専用プラットフォームを構築した。

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

このプラットフォームには3Dインターフェースが表示され、さまざまな色をもつ立方体や三角形といったプリミティブな形のオブジェクトを利用し、それらを組み合わせて自分だけのブロックをデザインすることができる。

アイハートブロブのデザイン指針のもと、ユーザーがデザインし、「ミント」したすべてのブロックが木材のピースとして製造され、それらを組み合わせることでパビリオンは構築される。

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© iheartblob

ブロックを購入するには、ユーザーはテゾス(XTZ)のブロックチェーンウォレットに接続する必要がある。

アイハートブロブの共同設立者であるショーン・マッカラム(Shaun McCallum)は次のように語る。
「私たちがテゾスブロックチェーンを選んだのは、非常に環境に優しく、最もクリーンなNFTプロセスをサポートしているからである。1つのブロックをミントするのに必要なエネルギーは、1つのツイートを投稿するのと同等と考えればよいだろう。また、テゾスにはアーティストやクリエイターの素晴らしいコミュニティがあるため、私たちのチームはこのネットワークの中で強い関係を築いてきたのである。」

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© iheartblob

このパビリオンは、デザイナーや所有者が異なるユニークなパーツで構成され、最終的にはより広いコミュニティの要求や美的感覚を反映したものとなる。

アイハートブロブは、テゾス NFTにおける最大の一次および二次市場であり、若手や実験的なアーティストが作品を発表できる場として定評があるObjkt.comと提携している。また、ユーザーは自身のデジタルブロックを所有するものであり、物理的なブロックはユーザーが所有するものではない。

インスタレーションは、2022年7月から8月にかけて、エストニア建築博物館に面した緑地に建設され、9月7日のタリン建築ビエンナーレ2022のオープニングウィークより一般公開されている。このパビリオンは、次回のビエンナーレが開催される2024年まで設置される予定である。

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉

© Tõnu Tunnel

以下、iheartblobのリリース(英文)です。

Tallinn Architecture Biennale 2022 TAB 2022 LAUNCHES THE PLATFORM TO DESIGN AND MINT THE BLOCKS TO BUILD THE “FUNGIBLE NON-FUNGIBLE” PAVILION BY IHEARTBLOB

The 6th Tallinn Architecture Biennale (TAB 2022) www.tab.ee launches the platform that will allow users to take part to the design process of the “Fungible Non-Fungible Pavilion” conceived by iheartblob, winning proposal of TAB 2022 Installation Programme Competition which focuses on the concept of slowness, aligning with the international exhibition main curatorial theme: “Edible. Or, the Architecture of Metabolism”.

The pavilion will be the first ever blockchain-funded architecture initiative and will open to the public on September 7th, 2022 in Tallinn, Estonia.

iheartblob completely re-thinks the requirements of the pavilion by presenting a new decentralized and systematic approach towards architectural design, fabrication and funding in which the community are both designers and investors.

The architect becomes a system designer that empowers communities and enables local craftsmanship through the usage of blockchain, specifically the emergence of Non-Fungible Token (“NFT”), and Artificial Intelligence (“AI”).

iheartblob, rather than designing architecture elements themselves, have built a dedicated platform www.tab.iheartblob.com, a generative NFT tool in which individuals can design and “mint” – the process of creating and authenticating digital ownership – their own objects. The design platform will be live at 3pm CET on July 7th, 2022.

The platform will show an interactive 3D interface where users will have a maximum number of primitive objects such as cubes, triangles and more in different colors and shapes, that they can combine to design their very own block.

Under the design guidance of iheartblob, the built pavilion will be a combination of all of the user’s designed and minted blocks: each of them will be translated into constructable timber pieces.

To purchase their block, users will have to connect to their Tezos (XTZ) blockchain wallet:
“We chose the Tezos blockchain as it is very environment friendly and supports the cleanest NFT processes: just think that to mint one block it uses the equivalent energy needed to post one tweet. Tezos has also a great community of artists and creators and our team has built strong relationships within this network.”
— affirms Shaun McCallum, co-founder of iheartblob.

iheartblob is partnering with OBJKT.COM, the largest primary and secondary marketplace for Tezos NFTs and it has a reputation as a place for young and experimental artists to be able to showcase their work.

Users will own the digital block, their art piece, while physical blocks will not be owned by them. iheartblob wants to encourage future exchange and potential future developments of the Fungible Non-Fungible project.

The pavilion will be composed of unique parts each with different designers and owners, and ultimately reflective of a broader community demand and aesthetic sentiment.

The platform will be open until all blocks are minted, then construction will begin. The installation will be built in July and August 2022 in the lively pedestrian green area facing the Museum of Estonian Architecture and will open to the public during the TAB 2022 Opening Week on September 7th, 2022. The structure will remain in place until the next edition of the Biennale in 2024.

TALLINN ARCHITECTURE BIENNALE

TAB 2022 will take place from September 7th – November 20th, 2022
Opening Week: September 7th – 11th, 2022

Tallinn Architecture Biennale is an international architecture and urban planning festival with a diverse programme that promotes architectural culture. TAB encourages synergy between Estonian and foreign architects as well as between architects and the general public by way of creating contacts and exchanging ideas. The core programme consists of five main events: a Curatorial Exhibition, a Symposium and the Tallinn Vision Competition, all curated by TAB Head Curator, an International Architecture Schools’ Exhibition and the Installation Programme. Tallinn Architecture Biennale is organised by the Estonian Centre for Architecture.

Tallinn Architecture Biennale 2022 is entitled “Edible; Or, The Architecture of Metabolism”, which transfers the metabolism and experiential aptitudes of the natural world to the domain of cities and buildings. The Curators of TAB 2022 are Lydia Kallipoliti and Areti Markopoulou in collaboration with local advisor Ivan Sergejev. Lydia Kallipoliti is an architect, engineer and scholar and an Assistant Professor at the Irwin S. Chanin School of Architecture at the Cooper Union in New York. Areti Markopoulou is a PhD architect, researcher and urban technologist working at the intersection between architecture and digital technologies. She is the Academic Director at IAAC in Barcelona, and she leads the Advanced Architecture Group. Co-Curator Ivan Sergejev is an architect, Fulbright scholar and expert on urban rejuvenation, currently coordinating the development of Estonia’s just Transition Plan at the Republic of Estonia’s Ministry of Finance.

CREDITS

FUNGIBLE NON-FUNGIBLE DESIGNER: iheartblob
FUNGIBLE NON-FUNGIBLE TIME FRAME: July – August 2022 (construction), September 7th, 2022 (opening)
TALLINN ARCHITECTURE BIENNALE TAB 2022: “Edible; Or, The Architecture of Metabolism”
OPENING WEEK DATES: September 7th – 11th, 2022
TAB 2022 DATES: September 7th – November 20th, 2022
HEAD CURATORS: Lydia Kallipoliti (Greece/USA), Areti Markopoulou (Greece/Spain)
LOCAL ADVISOR: Ivan Sergejev (Estonia)
ASSISTANT CURATOR: Sonia Sobrino Ralston (USA)
PRODUCTION: Eve Arpo, Anna Lindpere, Anu Lill (Estonian Centre for Architecture)
INSTALLATION PROJECT MANAGER: Kati Valbet
GRAPHIC DESIGN: Stuudio Stuudio (Mikk Heinsoo)
EXHIBITION DESIGN: kse studio (Sofia Krimizi & Kyriakos Kyriakou)
CATALOG EDITOR: Zulaikha Ayub
MAIN PARTNER: Thermory
TAB 2022 installation “Fungible Non Fungible” is supported by: Ülemiste City
PARTNERS: The Ministry of Culture of Estonia, The Cultural Endowment of Estonia, Enterprise Estonia, British Council, Onassis Culture, Visit Estonia, The Estonian Association of Architects, The Estonian Museum of Architecture, Tallinn Urban Planning Department, IAAC, Friendship Products, Laufen, Ruukki, Velux, Tallink Hotels, Estonian Academy of Arts, Occo, The Office of the Embassy of Canada in Estonia, Haage Natural Mineral Water, Crafter’s, OBJKT.COM
MEDIA PARTNERS: ArchDaily, Archisearch, Dezeen, KoozArch, UrbanNext

iheartblob 公式サイト

https://www.iheartblob.com

タリン建築ビエンナーレ2022 公式サイト

https://2022.tab.ee

〈ファンジブル・ノンファンジブル〉プラットフォーム

https://tab.iheartblob.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 世界初!ブロックチェーンで資金調達してつくる建築!?ユーザーがそれぞれ購入・デザインしたNFTブロックを組み合わせてつくるパビリオン〈ファンジブル・ノンファンジブル〉エストニア、アイハートブロブ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ