CULTURE

高層ビルの間に現れる森に覆われた複合施設

ヘザウィックスタジオが中国・上海に設計した1000本の木が包み込む〈1000 Trees〉

CULTURE2022.01.19
1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Studio SZ

トーマス・ヘザウィックが率いるヘザウィックスタジオが上海に設計した、1,000本の樹木に包まれた複合施設〈1000 Trees〉の第1期工事が完了しました。

(以下、Heatherwick Studioから提供されたテキストの抄訳)

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Studio SZ

森に包まれる複合施設

ヘザウィックスタジオの中国・上海での最新プロジェクト〈1000 Trees〉は、上海のウォーターフロントから、森に覆われた山が現れるように設計された新しい複合施設です。

15エーカー(≒60,700m²)の敷地は、蘇州江の湾曲部に位置する元工業用地であった土地であり、北は川、南は「M50」アート地区、東は小さな森のような公園に囲まれています。
この〈1000 Trees〉第1期工事ではショップ、カフェ、日用雑貨店、公共スペース、プロムナードがつくられ、既存の公園や歴史的建造物も統合されています。

©︎Qingyan Zhu

1,000本以上の樹木と25万本以上の植物が、建築を覆うように配置されています。この植栽計画により、敷地内の生物多様性が大幅に向上し、周辺に対し涼しい環境を提供します。
歩道は低層部のテラスを囲むように設置され、歩行者はどの面からもアクセスできます。

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Studio SZ

ボリュームをヒューマンスケールに分解するグリッドシステム

トーマス・ヘザウィックは次のように語ります。
「〈1000 Trees〉は、都市を社会的な空間にする、という考えにインスパイアされています。一般的な商業施設の一塊の大きなスケールを、ヒューマンスケールの多数のスペースに分解しています。」

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Qingyan Zhu

建物は、9mのグリッドに基づき計画され、川の景色が見えるように軸を回転させています。立方体の要素は「ピクセル」としてイメージされ、建物のスケールを視覚的に崩し、通りにおける高層ビルが繰り返す風景に変化を生みます。
また、柱はファサードの後ろに隠すのではなく外部に出すことで内部空間を開放し、一本一本の木を持ち上げて公園をつくるための構造としています。

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Qingyan Zhu

各柱の上部にあるプランターには、地元で調達した落葉樹、常緑樹、果樹、花木に低木やハンギングプラントを組み合わせ、下部のテラスや川沿いの歩道にも花木を組み込んでいます。これにより、四季折々に変化する山の斜面のような外観をつくり出しています。

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Qingyan Zhu

建築とアートがつくる空間

この敷地は市の中心的なアート地区である「M50」に隣接しており、建物の南側ファサード全体をキャンバスに、国内外の16名のアーティストに依頼した膨大な数のストリートアートを展示しています。

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Qingyan Zhu

またエレベーターシャフトには、ガラス越しに見える高さ40mの壁画が描かれています。エレベーターシャフトごとに異なるアーティストが手がけることで、各ゾーンに個性が生まれました。

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

©︎Qingyan Zhu

このプロジェクトにおけるグループリーダーを務めたヘザウィックスタジオのリサ・フィンレイ(Lisa Finlay)は、次のように語ります。
「私たちは、自然、商業、ウェルビーイングが一体となった場所をつくりたいと考えました。このプロジェクトによって、元工業用地であった土地が、アート、ランドスケープ、建築の強力な関係を探求する新しい目的地に生まれ変わりました。」

 

ヒューマンスケールと植栽計画を取り入れたことで、大規模な建築でありながら自然の地形のようにも感じられる面白い計画!

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

Plan

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

Section

1000 Trees / ヘザーウィックスタジオ

Elevation

以下、Heatherwick Studioのリリース(英文)です。

Heatherwick Studio unveils 1,000 trees development in Shanghai

London, Press Release: Wednesday 12 January 2022

Heatherwick Studio has unveiled its latest project, 1,000 Trees, in Shanghai, China. The site is a new mixed-use development designed to emerge as two forest-capped mountains from the waterfront in Shanghai.

The 15-acre site is located on a bend in Suzhou Creek, bounded by the river to the north, the M50 art district to the south and a small, wooded park to the east. The first phase provides a mix of shops, cafes, everyday stores, new public spaces and promenades, and integrates an existing riverside park and heritage structure on the former derelict factory site.

Over 1,000 trees and 250,000 plants will cascade across the structures. The planting strategy delivers a significant net biodiversity gain on the site and helps to create its own micro-climate that will cool the environment. Footpaths weave around the lower terraces and the buildings can be accessed by pedestrians on all sides from the nearby district of Putuo.

“1000 Trees is inspired by the idea of making cities into social spaces,” said Thomas Heatherwick. “It breaks down the monolithic scale of a typical retail development into a multitude of human-scale spaces. I think it will be transformational for people who live and work in this dense residential neighbourhood.”

The building is based on a flexible nine-metre grid, which is rotated to allow river views and align with the road boundary. The cubic elements are imagined as ‘pixels’, which visually break down the buildings’ scale and disrupt the repetition of the towers in nearby streets. And instead of concealing the columns behind the facade, these are revealed to liberate the internal space and provide the structural means to lift up a park, tree by tree.

The planters themselves at the top of each column contain a mix of locally sourced deciduous, evergreen, fruit and flowering trees, combined with shrubs and hanging plants, while blossoming species are incorporated in the lower terraces and riverfront walkway. This creates the appearance of a mountain slope which changes with the seasons.

The site also sits next to M50, the city’s main art district, and the entire southern façade of the building has been used to provide the canvas for a vast collection of street art. Sixteen local and international artists have been commissioned to draw the energy and traditions of M50 into this first phase of the development. Their work, curated by Paul Dezio, a French street artist who began frequenting the area in 2007, references the street graffiti for which this district has been famous.

The artists have also created 40-metre-high murals in the elevator shafts, visible through the glass cars. A different artist has worked on each lift shaft, giving the zones a distinct identity to help visitors find their way around.

“We wanted to create a place that brings together nature, commerce and wellbeing. It’s turned an ex-industrial site into a new destination exploring the powerful relationships between art, landscape and architecture,” said Lisa Finlay, Partner and Group Lead for Heatherwick Studio on the project.

1,000 Trees key facts: West Plot (Phase 1)
・Site area: 17,821 sqm
・Above ground GFA: 62,706 sqm
・Basement area: 45,018 sqm
・Gross lettable area (GLA): 38,387.60 sqm
・Total no of retail unit: 166
 ⚪︎Flagship stores: 12
⚪︎F&B: 63
 ⚪︎Other: 91
・No of retail unit with GLA>300 sqm: 28 Artists

Artists
・Curator – Paul Dezio with Captive Media
・Artists: Vhils (Portugal) / Dezio (France) / Cantwo (Germany) /titifreak (Brazil) /Vandal (South Africa) / Caratoes (Belgian/HongKong) / Daleast (China) / Antz (Singapore) / Askewone (New Zealand) / Tristan Eatonb (US) / Satr (China) / Suiko (Japan) / Demsky (Spain)/ Xeme (Hong Kong) / Wais (Russia) / Jayson Atienza (US))

Heatherwick Studio
Established by Thomas Heatherwick in 1994, Heatherwick Studio is recognised for its work in architecture, urban infrastructure, sculpture, design and strategic thinking. Today a team of 200, including architects, designers and makers work from a combined studio and workshop in Kings Cross, London.
At the heart of the studio’s work is a profound commitment to finding innovative design solutions, with a dedication to artistic thinking and the latent potential of materials and craftsmanship. This is achieved through a working methodology of collaborative rational inquiry, undertaken in a spirit of curiosity and experimentation.
In the twenty years of its existence, Heatherwick Studio has worked in many countries, with a wide range of commissioners and in a variety of regulatory environments. Through this experience, the studio has acquired a high level of expertise in the design and realisation of unusual projects, with a particular focus on the large scale.
The studio’s work includes a number of nationally significant projects for the UK, including the award-winning UK Pavilion at the Shanghai World Expo 2010, the Olympic Cauldron for the London 2012 Olympic Games, and the New Bus for London. More recent projects include a major university building in Singapore, Coal Drops Yard in Kings Cross, Olympia in West London, Broadmarsh in Nottingham and a new campus for Google in Silicon Valley with BIG.

「1000 Trees」Heatherwick Studio公式サイト

http://www.heatherwick.com/projects/spaces/moganshan/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

中国 関連記事

CULTURE2022.01.06

中国の水辺に浮かぶ氷のような建築

ウィンタースポーツ特化地区の建築的シンボル〈ICE CUBES〉
CULTURE2022.01.17

コミュニケーションを加速する「∞」のデザイン

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した中国の企業のサステナブルな本社ビル〈インフィニタスプラザ〉
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉
CULTURE2021.02.05

POLAが中国で展開するコンセプトショップ

新デザインを小大建築設計事務所が担当
CULTURE2020.12.24
蔦屋書店が上海に中国進出2号店〈上海上生新所 蔦屋書店〉を12/24オープン
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 高層ビルの間に現れる森に覆われた複合施設、1000 Trees / ヘザウィックスタジオ、中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ