CULTURE

地産材のみで拡張するレンガ造りの家屋のリノベーション

アナトミーズ・ドゥ・アーキテクチャが設計した 敷地の100km圏内で集めた100%自然素材でつくる住宅〈ル・コスティル〉

CULTURE2022.12.06

(© Olivier Sabatier

フランスのノルマンディー地方に建つ〈ル・コスティル(Le Costil)〉は、敷地から100km以内から集められた自然素材のみを使用して、レンガ造りの家屋をリノベーションした住宅です。

現代社会が直面している課題に対し、地域の素材や技術に目を向け、その地域にあるものだけで住まいをつくり上げることで、建築的に応えることを目指しています。

エコロジカルハウジングに取り組むため、建築家や生物学者により組織されたアナトミーズ・ドゥ・アーキテクチャ(Anatomies d’Architecture)が手がけたプロジェクトです。

(以下、Anatomies d’Architectureから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

「家を建てる」という行為を、いかにして再文脈化するか?言い換えれば、どうすれば気候、地理、歴史、建築的な遺産、地域の材料や建築技術など、その特殊性や資源を考慮しながら、私たちの住まいをその土地に再び結びつけるにはどうしたらよいのだろうか。

そしてこの再文脈化を利用して、人類が直面しているこれからの時代の課題に対し、建築的に応えることはできないだろうか。

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

フランスのノルマンディー地方に建つ〈ル・コスティル〉にてアナトミーズ・ドゥ・アーキテクチャは、「伝統的なレンガ造りの家屋を、コンクリートとプラスチックを使わず、半径100km以内から集めた自然素材100%でリノベーションする」というユニークな実験を通して、エコロジカルな建設を提案している。

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

地域の技術と素材のみでつくり上げる、ローカルなソリューション

基礎にはコンクリートを使わず、15kmほど離れた製材所でつくられた硬木の杭を使用した。壁の断熱材には、建物から30kmほど離れたところにある麻工場でつくられた麻を現地の土と混ぜ合わせ、壁に吹き付けている。

床の断熱材には飲食店から集めたコルクを使用し、床の遮音材にはわずか500mも離れていない場所から採れるハシバミの木の茎と土とワラを混ぜ合わせた土の塊を使用した。また、15m²のテラスはコンクリートスラブではなく、既存の家屋から回収したレンガを使用したデザインとなっている。

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

地元の栗や樫の木を使った木造フレームや木製建具を再利用した床など、アナトミーズ・ドゥ・アーキテクチャは過去2年間、従来の建築物に代わるローカルなソリューションを模索しながら、建設を進めた。

〈ル・コスティル〉は、地域の伝統的な職人技術や先祖代々の慣習、地域の連携を守るために日々戦い続けるノルマンディーの素晴らしい人々、すなわち農家、木こり、製材所、石工所、歴史家、研究者、実習生、ボランティアの方々の存在により実現したプロジェクトである。

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

© Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Construction © Olivier Sabatier

〈ル・コスティル〉

Axonometric © Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

〈ル・コスティル〉

© Anatomies d’Architecture

以下、Anatomies d’Architectureのリリース(英文)です。

Le Costil – 2022
Rural House Renovation – 100% local
Project Name: Le Costil
Office Name: Anatomies d’Architecture @ada_2018_fr
Office Website: https://www.anatomiesdarchitecture.com/
Social Media Accounts: 
https://www.instagram.com/ada_2018_fr/
https://www.facebook.com/AdA18fr
https://www.linkedin.com/company/anatomies-d-architecture/
Contact email: contact@ada2018.fr
Firm Location: France (Paris + Marseille)
Completion Year: 2022
Gross Built Area (m²/ ft²): 83m²/ 893 ft²
Project Location: Sap-en-Auge, Normandy, France
Program / Use / Building Function: Rural house rénovation
Lead Architects: Mathis Rager, Emmanuel Stern, Raphaël Walther
Lead Architects e-mail: mrager@ada2018.fr – estern@ada2018.fr – rwalther@ada2018.fr
Photo Credits: Olivier Sabatier
Photographer’s Website: https://www.instagram.com/olivier_sabatier/
Photographer’s e-mail: osabatier@wproject.fr
Sketch Credits: felix illustra @olivier_sabatier
Illustrator’s Website: https://www.felix-illustra.com/
Illustrator’s e-mail: roudier.felix@gmail.com
Manufacturers: Depuis 1920, Couverture Grolleau, Scheck & Déco, Eco-Pertica
How to recontextualize the act of building our homes ? In other words, how to reconnect our habitat to its territory, taking into account its particularities and resources: climate, geography, history, built heritage, local materials, regional building techniques… ? And how to take advantage of this recontextualization to provide an architectural response to the ecological challenges of the anthropocene epoch ?
With “Le Costil”, in Normandy (France), Anatomies d’Architecture proposes to approach ecological construction through a unique experimentation. The renovation of an 83m² traditional brick house (or “longère”) with unprecedented ambitions : 0% concrete, 0% plastic, and 100% natural materials from within a radius of less than 100 km.
Hemp insulation, raw earth coatings, timber frames made of local chestnut and oak tree, reuse of traditional bricks, recycled corks, foundations made of locust tree trunks, floors made of reused wood windows… for the past two years, Anatomies d’Architecture carried out the construction while constantly trying to find alternative and local solutions to conventional buildings.
This project was only made possible thanks to remarkable people in Normandy that keep fighting everyday for the preservation of local and traditional craftsmanship, ancestral practice, regional solidarity and short circuits : farmers, lumberjacks, sawmills, quarrymen, masons, historians, researchers, apprentices, volunteers…

Anatomies d’Architecture 公式サイト

https://www.anatomiesdarchitecture.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

フランス 関連記事

CULTURE2022.07.08

18世紀のガラス工場をつなぐ、うねるコンクリートスラブ

フランス北西部の牧歌的な風景に建つ SO – ILが設計したパブリックスペース〈サイト・ヴェリエ・ド・マイゼンタール〉
CULTURE2021.10.18

MVRDV designed a courtyard-type apartment 〈Ilot Queyries〉 with a friendly block and vast green space in France

MVRDVがフランスで設計した、親しみやすい街区と広大な緑地を備えた中庭型の集合住宅〈イロット・クイリーズ(Ilot Queyries)〉が誕生
CULTURE2022.01.25

パリの通りから垣間見る和のエッセンス

日本の寺院から着想し、ファサードに木のリズムをつくり出す集合住宅〈Paris XII Apartments〉
CULTURE2022.11.24

ヘルツォーク&ド・ムーロンによる真っ白で曖昧なボリュームのスタジアム

無数の柱や大階段、幾何学的な形状のボウルがつくり出す明るく開放的な空間〈ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドー〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 地産材のみで拡張するレンガ造りの家屋のリノベーション、アナトミーズ・ドゥ・アーキテクチャが設計した敷地の100km圏内で集めた100%自然素材でつくる住宅〈ル・コスティル〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ