CULTURE

勤務先別、設計者の口癖

【設計事務所あるあるシリーズ】#67

CULTURE2024.06.07

 

 

 

 

 

あるある提供者:FD
illustration:古渡 大


【設計事務所あるあるシリーズ】とは?

設計事務所で働く方々、もしくは働いた経験のある方々より寄せられた「設計事務所のあるある」を、建築系イラスト作家の古渡大さんがイラスト化した4コマ漫画シリーズです。TECTUREの公式Xアカウントにて、毎週金曜日11:30に最新の設計事務所あるあるを投稿しています。

古渡 大(ふるわたり・だい)Dai Furuwatari / TOMOZO
1994年生まれ。2019-2021年tecture勤務。2022年に鉄工ブランド「十てつ」設立。鉄工家具・照明・雑貨などの製造・販売や、特注で金物や家具も制作。tecture在籍時より建築業界向けのイラスト作家としても活動。
Xアカウント @totetsu_iron

あなたの「あるある」が4コマに!

ハッシュタグ「#設計事務所あるある」をつけてXに投稿された「あるある」を、古渡大さんが4コマにするかも?!
※マンガ化する場合は、Xのメール機能あるいはコメント欄より『TECTUER MAG』編集部から連絡します。さらに、マンガ化された「あるある」には、掲載時に投稿者のXアカウントにメンションを設定する予定です。


空間デザインプラットフォーム「TECTURE」

TECTURE MAG創刊と同時期に誕生した空間デザインプラットフォーム「TECTURE」なら、空間デザイン事例の検索、建材・家具の商品検索、メーカーへの問い合わせをワンストップに行うことができます。


【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

Weekly Recommendation

FEATURE2024.06.20

議論が深まった「万博と建築」の歴史とこれから(1/5)

[Interview]大阪・関西万博の意義と建築家の役割を五十嵐太郎が語る
PROJECT2024.05.28

木の風景 / 伊藤立平建築設計事務所

山と製材の生業を見せる家
CULTURE2024.05.27

ヴァナキュラーな技法を取り入れた 木と土の瞑想空間

集成材の透過性ファサードによりエクアドルの自然とつながる職住一体のセラピー施設〈Ágape〉
COMPETITION & EVENT2024.05.31

大阪・関西万博 トイレなど20施設のイメージパースと設計コンセプト公開

プロポーザルで選出された若手建築家20組による20のデザイン

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ