COMPETITION & EVENT

コロナ禍における舞台芸術の可能性とデジタルアーカイブおよび著作権について考察するオンラインシンポジウム3/13開催、野田秀樹氏、吉見俊哉氏ら登壇

このオンラインシンポジウムは、緊急事態舞台芸術ネットワーク(代表世話人:池田篤郎 野田秀樹 吉田智誉樹)と寺⽥倉庫が、文化庁より受託して進めている、文化芸術収益力強化事業「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」の一環として、事業報告などを目的に開催されます。

EPADとは、COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴い、困難に陥っている舞台芸術等を支援、収益力強化に寄与することを目的に、緊急事態舞台芸術ネットワークと寺田倉庫によって2020年に設置されました。

EPAD
https://epad.terrada.co.jp

緊急事態舞台芸術ネットワーク
https://www.jpasn.net

EPADでは、主催団体の協力を得て、新旧の公演映像などの収集・配信を実現し、権利処理を行うことで、商用配信プラットフォームでの活用を促進、関係者に対価を還元しています。
この取り組みにより、公演映像・Eラーニング・戯曲・舞台美術の4種において、約4,300点の舞台芸術資料を収集。現在は、映像作品280本の一挙配信を目指し、権利処理を進めています。

緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)シンポジウム

劇団四季「鹿鳴館」2006年 模型©️土屋茂昭

緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)シンポジウム

劇団四季「鹿鳴館」2006年 エレベーション©️土屋茂昭

緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)シンポジウム

流山児★事務所「コタン虐殺」2020年 ©️横田敦史

このほど開催されるオンラインシンポジウムでは、野田秀樹氏(舞台演出家・緊急事態舞台芸術ネットワーク 代表世話人)、社会学者でデジタルアーカイブ学会会長代行である吉見俊哉氏(東京大学教授)、著作権法の専門家で、EPAD実行委員会メンバーである福井健策氏(骨董通り法律事務所)が出席。アーカイブ収集・権利処理におけるイノベーションや、刻々と変化していく市場およびユーザーのニーズに適した配信方法や技術を調査・検証した成果について、各氏より報告されるほか、舞台関係者や専門家による討議も行われます。(en)

緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)シンポジウム

開催日時:2021年3月13日(土)13:00-17:00(3部制)

タイムスケジュール
13:00-13:10 挨拶
13:10-14:10 1部 事業報告
14:20-15:00 2部 デジタルアーカイブの意義
15:20-17:00 3部 ポストコロナにおける<集い>の場 オンラインの可能性と、舞台芸術の未来

構成(予定)
1部 事業報告
■EPADの実績報告(30分)
発表者:伊藤達哉(EPAD事務局長)、三好佐智子(EPAD事務局)
内容:EPAD事業実施方法と成果の説明
事業(1)
・1,283本の舞台映像収集とJapan Digital Theatre Archives の公開
・権利処理をした280本の作品と配信予定を紹介
・市場開拓の試み
技術革新(音声のDolby Atmos ミックス)の検証
EPADポータルサイトによるアーカイブ価値の考察と提案
事業(2)
・舞台芸術における技術教育を目的としたEラーニング動画の製作
・日本劇作家協会による戯曲の収集と公開 553本
・日本舞台美術家協会による美術資料の収集と公開 2,500点

■舞台×権利処理2.0配信の「壁」と各団体協力の成果(25分)
発表者:福井健策氏(弁護士・EPAD実行委員)
内容:EPADがもたらした権利処理におけるイノベーションとは?
舞台の上演/配信における権利処理の違い、音楽著作権・原盤権・不明権利者の壁を乗り越えた協力体制の到達点と課題、配信における収益分配の考え方
コロナ禍における演劇界の現状とは?
緊急事態舞台芸術ネットワークがどのように立ち上がり、どうしてEPADが生まれたか?

2部 デジタルアーカイブの意義
■早稲田大学坪内博士記念演劇博物館におけるアーカイブの活用方法(20分)
発表者:岡室美奈子氏(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 館長)
内容:2月23日にオープンした舞台公演映像の情報検索特設サイト「Japan Digital Theatre Archives」の紹介
■今後の舞台芸術資料の収集方法への提案
発表者:岡室美奈子氏(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 館長)・高萩宏氏(東京芸術劇場 副館長・EPAD実行委員)
内容:舞台映像アーカイブのニーズ、文化財保護の観点から / 過去映像を散逸から守るには?

3部 ポストコロナにおける<集い>の場 オンラインの可能性と、舞台芸術の未来
進行:吉見俊哉氏︎(東京大学情報学環教授)
登壇:松田誠氏(ネルケプランニング)、菅原直樹氏(「老いと演劇」OiBokkeShi主宰)、溝端俊夫氏(NPO法人ダンスアーカイヴ構想)、伊藤雅子氏(日本舞台美術家協会)、野田秀樹氏(舞台演出家・緊急事態舞台芸術ネットワーク 代表世話人)
内容:クリエイターはデジタル配信をどのように受け止めているか? / 協力団体としてEPAD事業に参加しての所感 / 舞台芸術のデジタル配信の未来をどう捉えているか?

配信会場:KIWA(東京都品川区東品川2-1-3)
視聴料金:無料
視聴URLhttps://youtu.be/CsCRTRhY9YQ

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • コロナ禍における舞台芸術の可能性とデジタルアーカイブおよび著作権について考察するオンラインシンポジウム3/13開催、野田秀樹氏、吉見俊哉氏ら登壇