COMPETITION & EVENT

テーマは「ポストコロナにおける新しい郊外論」、野沢正光氏によるオンライン私塾がスタート

建築家・野沢正光氏による「私塾」が2021年4月23日(金)にスタートします。
「ポストコロナにおける新しい郊外論」をテーマに、7カ月にわたりオンラインでの授業が行われます(主催:ウェブメディア『WirelessWireNews』/ 運営:スタイル株式会社)

野沢氏は、「事務所設立当初より、自然エネルギーの利用にとどまらず、豊かな周辺・外部環境とともにある、環境と応答する建築に取り組んで」[*]きた建築家であり、太陽熱を利用した空気集熱式パッシブソーラーシステムを取り入れた、サステナブルな住宅やパッシブハウスの作品がよく知られています。
*.カッコ内:野沢正光建築工房ウェブサイトより引用 http://noz-bw.com/concept1

主催者メッセージ:
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大により、リモートワークが進んだいわゆるコロナ禍において、居住地を郊外へ移す人は増えました。しかし今の状況のままでは、コロナ禍が落ち着けば、また人は窮屈な都市部へ戻り、郊外は再び人口減少に苦しむことになるかもしれません。人々の暮らしに大きな変化が訪れた今、豊かに暮らしていく場所として郊外を再編するために必要な物事を考えていく必要があります。

当塾では『団地再生まちづくり』や『環境建築ガイドブック』を著し、豊かな暮らしやコミュニティづくりを考えながら建築物の設計を行ってきた野沢正光氏が、ポストコロナで注目されている「郊外」の持つ力を再検証します。

第1回プログラム
・オリエンテーション
・講義「園路によるコミュニティのつくりかた」
・コモンを考えるうえで役立つ本選び
・質疑応答
・第2回のテーマおよびゲストの発表
※プログラムは予告なく変更する場合あり

第1回目はオリエンテーションをかねた講義を実施。2020年グッドデザイン金賞などを受賞している、野沢氏が設計した〈ソーラータウン府中〉をモデルに、公共とはなにかを考察し、「園路による新しいコミュニティのつくりかた」について野沢氏が語ります。

第2回以降については、野沢氏を交えた参加者の同士の交流会も予定。また、第2回以降はゲストを招き、多角的な考察を加えて、テーマに対する理解を深めていく予定です。

講師プロフィール
野沢正光(のざわ まさみつ)建築家。
1944年東京生まれ。1969年東京藝術大学美術学部建築科卒業。1970年大高建築設計事務所入所。1974年野沢正光建築工房設立。現在、横浜国立大学建築学科非常勤講師など。
主な作品に〈熊本県和水町立三加和小中学校〉〈愛農学園農業高等学校本館〉〈立川市庁舎〉〈いわむらかずお絵本の丘美術館〉など。著書に『環境と共生する建築』『地球と生きる家』『パッシブハウスはゼロエネルギー住宅』『住宅は骨と皮とマシンからできている』など。

実施概要
「野沢正光氏による私塾・ポストコロナ社会における新しい郊外論」
第1回開催日:2021年4月23日(金)19:00開始
第1回テーマ:「園路によるコミュニティのつくりかた」
会場:オンライン(Zoomを使用)
参加費:1,000円
申し込み方法:下記・Peatixにて受付
※チケットの購入期限:当日19:00まで
https://peatix.com/event/1871754

詳細(『WirelessWireNews』サイト内)
https://wirelesswire.jp/2021/04/79337/

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • SCHOOL
  • テーマは「ポストコロナにおける新しい郊外論」、野沢正光氏によるオンライン私塾がスタート