COMPETITION & EVENT

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

[Report]松尾高弘 / LUCENT による作品展、東京・京橋にて開催

2022年11月24日初掲、12月3日夜間会場画像11点追加

東京・京橋のBAG-Brillia Art Gallery-(バッグ ブリリア アート ギャラリー)にて、アーティストの松尾高弘氏が率いるルーセントデザインの作品展「Takahiro Matsuo “Light Crystallized”」が11月23日より開催されています。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

展示スペース「+1」会場 Photo: Nacasa & Partners

松尾高弘プロフィール

1979年生まれ、福岡県出身。九州芸術工科大学大学院修了。ルーセントデザイン代表。

松尾高弘 近影

映像、 照明、オブジェクト、インタラクションと、美的表現による光のインスタレーションを中心に、自ら制作する映像やライティング、プログラミングなど、多彩な表現やテクノロジーによるアートワークを一貫して手がける。自然界の現象と法則性、イマジネーションによる繊細な光の表現とエモーショナルな作品群によって、都市や商空間のパブリックアート、世界各国のエキシビション、ラグジュアリーブランドのためのアートワークなど、国際的に幅広く展開している(以下の画像3点は代表作)。

松尾高弘 / LUCENT作品

インスタレーション “AURA”(2017、コンラッド大阪)Photo: Nacasa & Partners

松尾高弘 / LUCENT作品

東京国際空港(羽田空港)国際線第2ターミナル “TOKYO AIR”(2020)Photo: Nacasa & Partners

松尾高弘 / LUCENT作品

“記憶のプール”(2022、越後妻有 大地の芸術祭2022)Photo: LUCENT

LUCENT Website
https://www.lucent-design.co.jp/

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

本展では「光の結晶化」をテーマに、現象として消えゆく、かたちのない光やその輝きの1つひとつをアート作品として物質化し、可視化します。

白を基調とし、日中は外光も入る展示空間のなかで、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大以降のこの2年の間に制作された数多くの新作と、代表作でもある水と光のインスタレーション〈SPECTRA〉も展示されます。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

“SPECTRA” Photo: Nacasa & Partners

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

展示スペース「+1」会場 Photo: Nacasa & Partners

注目の新作の1つが、世界的にも希少な素材であり、水のような透明度をもつ“クオーツガラス” を使用した大型作品(上の画像)。本展が初公開となります。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

展示スペース「+1」会場 Photo: Nacasa & Partners

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

展示スペース「+1」会場 Photo: Nacasa & Partners

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

新作 “Prism Flower Wall” (2022)

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

新作 “Quartz glass objets” (2022)

本展の会場は19時まで。5,000ケルビンを使った照明計画により、夜間の会場は昼間とはまた異なる景観となるので、その日の天気や時間帯を変えて再訪するのがおススメ。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

右側 手前:”QUARTZ #03″(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

“QUARTZ WALL #01-03″(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

手前の展示:”Prism Flower “(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

フロア中央の作品:#SPECTRA(2022)Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

日没後(18:30頃)の会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

手前の作品:”FEATHER #1″(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

“VEIL #1″(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

“VEIL #1” / 奥:”Prism Flower Wall”(2022)Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

日没後(18:30頃)の会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

左:”QUARTZ #02″(2022) Photo: TEAM TECTURE MAG

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

なお、会場は2つのスペースに分かれ、アートギャラリー「+1」では前述の作品を展示。隣接する「+2」はギャラリーショップとなり、日常に上質な輝きと光のアートを届けるため、松尾が2020年よりスタートしたスタジオ・EMISSION(エミッション)によるプリズムアートの新作などが展示・販売されます。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

ギャラリーショップ「+2」展示・販売品 Photo: TEAM TECTURE MAG

会期中の11月29日以降の火曜と木曜には、作家によるギャラリーツアーが閉館後、1日2組限定の予約制で開催される予定です(1月10日を除く)。詳細は会場・BAG-Brillia Art Gallery-のウェブサイトを参照。

Takahiro Matsuo “Light Crystallized”

ギャラリーショップ「+2」 Photo: Nacasa & Partners

展覧会「Takahiro Matsuo “Light Crystallized”」開催概要

会期:2022年11月23日(水・祝)~2023年1月22日(日)
会場:BAG-Brillia Art Gallery-
所在地:東京都中央区京橋3丁目6-18 東京建物京橋ビル1階(Google Map
開館時間:11:00-19:00
休業日:月曜、12月30日(金)~1月3日(火)、1月10日(火)
※1月9日(月・祝)は開館し、翌火曜を振替休
主催:東京建物
企画監修:公益財団法人彫刻の森芸術文化財団
企画制作:ルーセントデザイン
協力:イーストンテック、ベルックス、戸井田工業、シリウス、カラーキネティクス・ジャパン
照明:パナソニック
運営:クオラス

BAG-Brillia Art Gallery-公式ウェブサイト
https://www.brillia-art.com/bag/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

松尾高弘 / LUCENT TOPICS

COMPETITION & EVENT2020.07.24
"光のアーティスト" 松尾高弘のインスタレーション展が銀座で開催
COMPETITION & EVENT2020.11.29
萬代基介が設計したパビリオンで松尾高弘によるプリズムインスタレーション展「PRISM / GLOW」11/27-12/25開催

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ