PRODUCT

100%国産天然い草を使ったサステナブルな家具「Look into Nature ~答えは自然の中にある。~」にラウンジチェアなど3モデルが追加

PRODUCT2020.09.24

福岡の業務用家具メーカーのアダルから、100%国産天然い草を使ったサステナブルな家具「Look into Nature ~答えは自然の中にある。~」シリーズの新作が発表されました。ラウンジチェアとテーブルなど3つのモデルが9月23日にリリースしています。

2020年9月発売 ラウンジチェア「葉月(Hazuki)手前左:2人掛け、右奥:1人掛け 素材 / シート:い草、サイド:オーク材、脚部:スチール(ブラック)
ローテーブル(手前右)とプランター(左奥)のシリーズ「萌(Moe’t)」 素材(共通)/ 天板:オーク材、本体:い草、脚部:スチール

2020年6月発売 ラウンジチェア「彩雲(Saiun)」 フレーム:オーク材・ウォールナット材、背:クッション、背面正面:い草、肘カバー:本革
2020年9月発売 サイドテーブル「六華(Rokka)」天板:オーク材(ダークブラウン)、本体:い草、脚部:オーク材(ダークブラウン)

すでに今年6月にシリーズメインモデルとなる「落水(Rakusui)」をはじめとするラウンジチェアやベンチ、ウォールパネルなど5つのモデルをリリース。このほど追加された「葉月(Hazuki)」「萌(Moe’t)」「六華(Rokka)」の3モデルを加えて、計8つのラインナップとなりました。

2020年6月発売 「落水(Rakusui)」素材 / シート:い草、本体:オーク材・ウォールナット材、脚部:スチール サイズ:W600xD1,800xH1,560mm

「Look into Nature」シリーズは、「伝統工芸品としてではなく産業としてあり続けたい」という、い草生産者の想いに共感し、現代のライフスタイルにあう「い草の家具」を世界に届けようと、プロジェクトチームを立ち上げ、2019年に設立されたブランド。デザインは全て社内の開発部門で行っています。い草の織りの美しさ、2次曲面で見える陰影、五感に訴えかける心地よさを意識し、い草と家具造形の相乗効果により、その魅力を最大限発揮できるデザインを心がけています。

昨年の「ミラノ・サローネ」出展に続いて、今年も3タイプの披露を予定していましたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大のため、サローネの開催じたいが来年に延期となっています。

素材には、国産い草のなかでも希少な高級グレードのい草を採用。い草の植え付けと刈り取りには、毎年社員が手伝っています。また、通常は泥染めを行うい草ですが、環境と生産者の負荷を考慮し、埃の発生しない無染土い草を使用しています。さらに家具になるものは、収穫後に1本1本手作業で選別され、厳しい基準をクリアしたものだけ。こうしてつくられる「Look into Nature ~答えは自然の中にある。~」は、耐久性に優れ、色つやも美しいプロダクトとなっています。(en)


# アダル YouTUbe公式チャンネル「Look into Nature ADAL2019(日本語ver)」(2019/09/19)

「Look into Nature ~答えは自然の中にある。~」特設サイト
https://www.adal.co.jp/lookintonature/

アダル公式ウェブサイト
https://www.adal.co.jp/

  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • 100%国産天然い草を使ったサステナブルな家具「Look into Nature ~答えは自然の中にある。~」にラウンジチェアなど3モデルが追加