PRODUCT

「FLOS 新作展示会」

ミラノで発表した照明を国内初披露、B&B Italia Tokyoにて

PRODUCT2022.12.08

2022年12月8日初掲、12月9日展示会会場写真追加

照明ブランドのFLOSが今春のミラノデザインウィークでの展示[*1]で発表した照明〈スカイネスト(Skynest)〉ほか新作プロダクトの展示が、12月8日より東京・北青山2丁目の[B&B Italia Tokyo]にて行われています。
今回が日本国内では初披露。イタリアのトップブランドのコラボレーションによる展示となります。

*1.「FLOS AROBIA 15」バーチャルツアー
https://orobia15.flos.com/3d-tour

FLOS〈Skynest〉

〈スカイネスト〉は、笠状のペンダントで、一見するとランプシェードのようにも見えます。その”ランプシェード”を形成するのは、ツートンカラーのテキスタイルで覆われた24本のLEDスティックライトで、ここから光が放たれているという、照明として斬新なデザインとなっています。

FLOS 2022年 新作展示会

Skynest designed by Marcel Wanders studio(デザイン:マルセル・ワンダーズ・スタジオ)

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS〈Almendra〉

プロダクト名の「アルメンドラ」とは、スペイン語でアーモンドの意。これは、アーモンドの殻を2つ、中央のピンでつないだような形状から名づけられました。このモジュールの開放面全体から均一にLED光源による光が拡散されるよう、開発が行われ、自然とのつながりを考えたバイオフィリックなデザインが実現しました。
〈Almendra〉は、現代の新しい生活やホスピタリティのニーズを捉えた、カスタマイズ可能で拡張性の高いモジュール式の照明システムです。機能的かつ効率的でありながら、「自宅の窓の外に広がる木の葉にふりそそぐような、非常に心地よい光」を提供したいという発想から、優しく柔らかな光を創出したプロダクトです。

FLOS 2022年 新作展示会

Almendra designed by Patricia Urquiola(デザイン:パトリシア・ウルキオラ)

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS〈To-Tie〉

プロダクト名の「トゥータイ」とは、結ぶ、固定するの意から。その特徴が集約されたテーブルランプコレクションです。
デザインの鍵となるのは、テンション・システム。構造的な張力をテーマとしたデザイナーのグリエルモ・ポレッティ(Guglielmo Poletti)の深い研究を反映させるために、FLOSが培ってきた独自のノウハウが発揮され、両者のコラボレーションで誕生した新世代のテーブルランプです。

FLOS 2022年 新作展示会

To-Tie designed by Guglielmo Poletti(グリエルモ・ポレッティ)

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

このほかにも、〈ルーチェ オリゾンターレ(Luce Orizzontale)〉、〈ベルホップ マット ブラック(Bellhop Matte Black)〉、〈ベルホップ ウォールアップ(Bellhop Wall UP)〉、〈265 スモール(265 Small)〉、〈オブリーク フロア(Oblique Floor)〉などの新モデルも展示されます。

FLOS 2022年 新作展示会

Luce Orizzontale designed by Ronan & Erwan Bouroullec(デザイン:ロナン&エルワン・ブルレック)
FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

Bellhop Matte Black designed by Edward Barber and Jay Osgerby(デザイン:エドワード・バーバー & ジェイ・オズガビー)
新色の黒が登場 / FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

265 Small designed by Paolo Rizzato(デザイン:パオロ・リザット)
FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

Bellhop Wall Up designed by Ronan and Erwan Bouroullec / FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 2022年 新作展示会

FLOS 新作展示会 会場風景 Photo: TEAM TECTURE MAG

FLOS 新作展示会

会期:2022年12月8日(木)〜2023年1月15日(日)
会場:B&B Italia Tokyo
所在地:東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F(Google Map
営業時間:11:00-18:00
休業日:水曜、年末年始12月28日(水)~1月4日(水)

FLOS(日本語サイト)
https://japan.flos.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

イタリア デザイン TOPICS

FEATURE2022.06.06

ミラノデザインウィーク 2022年の見どころは?

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフォーリサローネ
CULTURE2020.07.17

〈ブルガリ ホテル ローマ〉2022年開業

イタリア合理主義の代表的建築物をACPVがリノベーション
COMPETITION & EVENT2021.07.27
高輪・貴賓館にて、イタリアのアート・デザインなどを発信する「Casa Italia」限定オープン
CULTURE2021.12.20

イタリアパビリオン / CRA-カルロ・ラッティ・アソシエイト、イタロ・ロタ・ビルディングオフィス

【ドバイ万博】船体やリサイクル建材を活用した資源を循環させるパビリオン
COMPETITION & EVENT2021.03.19
「アントニオ・チッテリオ展 デザインとインダストリー」イタリア文化会館にて開催
CULTURE2022.03.24

浮遊するリングのミラノ五輪メインアリーナ

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉
CULTURE2022.04.25

サン・マルコ広場を構成する〈旧行政館〉のリニューアル

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる歴史を紡ぎ、現代に適応するためのデザイン
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ