PRODUCT

フランス生まれのニュークラフトライト

和と洋、使う空間を選ばない照明〈LAFABLIGHT(ラファブライト)〉

PRODUCT2022.09.29

2021年にフランスで誕生した新しいブランド・LAFABLIGHT(ラファブライト)の第一弾となるプロダクトが、先ごろ日本に初上陸しました。プランド名を冠した照明器具〈ラファブライト〉です。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

〈ラファブライト〉は、細かに幾つものスリットが入った厚さ5mmの薄板に、細いコットンロープを幾重にも張り巡らせて造形したシェードの中に、LEDないし白熱電球を内包しています。

温かみのあるパーツの素材感と、コットンロープを編んで組み上げるというシンプルな構成ながら、その実、ロープをどのような順番で交差しているのか「わからない」というのが、日本国内への輸入と国内販売を担当する、HOMESTEAD LIMITED(ホームステッド リミテッド)の入江 晶氏の談。素朴さの中にも、クールでミステリアスな独特の雰囲気を纏っているプロダクトです。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

ブランドの設立は2021年ですが、薄板や木枠にロープ(紐)を何重にも巻きつけてランプシェードロープをつくることじたいは、その起源までは不明ながらも、ヨーロッパの複数の地域において受け継がれてきたと言います。北欧、フランス、スペイン、さらには北米大陸でもその文化は見られ、その一部が、ヴィンテージとして流通していたとのこと(HOMESTEAD LIMITED 入江氏談)。

誰がいつ、どこでつくり始めたのかは知らないけれど、欧米諸国の間ではよく知られていたこのシェードランプを、フランス中部の街、シャルトルに拠点を構えるロラン・ルソー氏とシリル・マイエ氏の2人が、現代のプロダクトとして制作。2021年の「メゾン・エ・オブジェ(Maison&Objet)」で発表しました。

ルソー氏は、広告業界で多数のクリエイターと協働してきた敏腕ディレクターで、マイエ氏は、エディトリアル、インテリアなど幅広い領域で活動してきた才気溢れるデザイナーです。この2人がタッグを組み、世に送り出したのが、先ごろ、国内初披露された〈ラファブライト〉になります。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

ヴィンテージにも造詣の深いルソー氏は、1950〜60年代に北欧で作られていた、この木枠に紐を巻きつけてつくられるランプシェードがお気に入りだったとのこと。とはいえ、成長して、ディレクターとしての目で見たときに、親しみのある素朴な表情はプロダクトとして魅力でも、現代の空間にはいささか牧歌的で、そぐわないと考えました。そこで、人気があったヴィンテージのエッセンスを残しつつ、試行錯誤を繰り返しながら、現代の感覚と要素を取り入れたマイエ氏のデザインにより、〈ラファブライト〉の完成に至ったとのことです。

LAFABLIGHT(ラファブライト)ウェブサイト(EN)
https://lafablight.com/

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

〈ラファブライト〉は、メイド・イン・フランスにこだわり、素材はパリから西に200キロほど離れた森から採れる、ナラ、ポプラ、ブナな どのフランス国産材から製材しています。
組み立てと、コットンロープの編み上げも、フランス国内の家具工房が担当。1つひとつを手作業で、微妙なテンションを調整しながら組み上げていきます。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

シェードは現在、5つのアイテムを用意。いずれも、吊り下げるペンダントライトと、小型のテーブルライトに展開できます(5アイテムのうち1アイテムのみ、フロアライトも用意)。
〈ラファブライト〉の魅力は、コットンロープの配列を変えることで、60ものパターンを生み出せること。さらには、照明点灯時と消灯時でシルエットと佇まいが変化。見る角度によっても、さまざまな表情を見せてくれるのも特徴です。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

LAFABLIGHT(ラファブライト)

消灯時もオブジェとして存在感を放つ〈ラファブライト〉 Photography: Masahiro Sambe

価格帯は、42,000円から140,000円。これまで日本に入ってきたヴィンテージよりも廉価で、手に入りやすくなりました。
今のところ受注販売品であるため、定期的に船便で日本まで運び、販売されます。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

職人の手によって1つひとつ精巧につくられる〈ラファブライト〉は、和のテイストも感じられ、多様な生活様式をもつ日本の居住空間のほか、ホテルやレストランなどの商業空間、オフィスのラウンジとの整合性も高いプロダクトです。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

〈ラファブライト〉の国内初披露は、今年9月6日から16日にかけて、東京・渋谷にある、HOMESTEAD LIMITEDのショップにて行われました。

HOMESTEAD LIMITED(ホームステッド)

東京・渋谷区松濤1丁目 [HOMESTEAD LIMITED]での展示会「HOMESTEAD Interior Exhibition」の様子(Photo: TEAM TECTURE MAG) ※店舗は不定休

アパレルを中心とした輸入・販売事業を手がけるHOMESTEADを率いる入江氏によれば、このランプは、ヨーロッパに居住しているときに気になっていたものでした。HOMESTEADのアパレル展示会の際に、ディスプレーとしてヴィンテージランプを輸入、展示したところ、お客さまからの問い合わせが多く、再度ヴィンテージを探していたところ、フランスでローンチしていた〈LAFABLIGHT〉を見つけ、生まれ変わったこのニュープロダクトを見て、輸入・販売業者として名乗りを挙げたとのこと。

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

LAFABLIGHT(ラファブライト)

Photography: Masahiro Sambe

販売開始は2022年11月を予定。先行して、9月27日から新宿三丁目の伊勢丹新宿店にて開催される展示販売会「ISETAN ARTS & CRAFTS」にも、照明プロダクトとして唯一、出展されます。

展示販売会「ISETAN ARTS & CRAFTS」

会期:2022年9月27日(火)~10月2日(日)
営業時間:10:00-20:00 ※最終日のみ18:00閉場
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 催物場
店舗所在地:東京都新宿区新宿3-14-1(Google Map
展開ブランド:約100ブランド(LAFABLIGHTを含む)

イベント詳細(三越伊勢丹ウェブサイト)
https://www.mistore.jp/shopping/event/shinjuku_e/art_craft_10

LAFABLIGHT(ラファブライト)国内取扱い・問い合わせ先:HOMESTEAD LIMITED(ホームステッド リミテッド)
https://shop.homesteadltd.com/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

「メゾン・エ・オブジェ」TOPICS

FEATURE2022.03.11

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」

日本橋髙島屋S.C.会場レポート! パリに先駆けた新作披露も
COMPETITION & EVENT2022.03.02

「メゾン・エ・オブジェ」が東京に!

「デザイン・ダイアローグ」をテーマに再構築、日本橋髙島屋S.C.にて3/3より開催

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • LIGHTING
  • 和と洋、使う空間を選ばない照明〈LAFABLIGHT(ラファブライト)〉フランス生まれのニュークラフトライト
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ