PROJECT
PROJECT2023.06.05

m House / frontofficetokyo

都市においてボリュームを最大限に引き出したシンプルな3階建て

創造性、自由な規制、経済力が融合した都市、東京。それゆえに、建築の実験的試みが盛んに行われているのにも頷ける。一般的に、創造性は新しい解釈を意図的に探求するデザイナーによってもたらされると考えられている。現代ではその通りかもしれないが、急成長を遂げていた1960年代の東京では規制もほとんどなく、都市は住民の手によって構築されていた。ひときわ試験的で極めて適応力の高い住居は、純粋に日常生活を反映したものであった。例えば駐車場の上に建設された集合住宅、母家の下に設けられた1人用の貸し部屋、そして1階が店舗のため歩道から直接外階段を上って入る住居など、その種類は多岐にわたる。きめ細かな解釈をすることなく、バルコニーを付け足したり増築を重ねたりすることによって、居住空間はそのコアな部分から拡張されていった。原始的でありながら独創的な家々は、そうやって都市と直接つながっていたのである。

東京が豊かになるにつれて、そんな過去の奔放さが失われてしまったのは何とも皮肉なことだ。今では標準的なカタログから部品を選んでつくられた、表面的に優れた住宅ばかりが目に付く。現代の日常生活は、日本の成功の象徴ともいえる既成住宅の中で繰り広げられている。しかしそれは実際のニーズを反映したものではない。しかもこの数十年間で規制がさらに緩和され、より自由な家づくりが可能になったというのに、それが十分に活かされていない。建てられたものと建築可能なものの間には大きな隔たりがあり、そこにはまだ誰も足を踏み入れていない。そのため、このプロジェクトでは少し過去の事例を振り返ることで、新たな案を展開する出発点とした。

1階はダンススタジオ、2階と3階は居住空間、そして屋上はヨガスペースとして機能する住宅。デザインは至ってシンプルで、ある意味マンガの原稿を彷彿とさせるかもしれない。世界中のファンから人気を集める、ミステリアスで独特な表情の人形をデザインして販売する施主にとっては、このうえなくぴったりなアイデアだった。そして都の法律や規制を駆使することにより、都心部ならではの限られた敷地内で空間とボリュームを最大限に引き出し、3つの空間が重なり合うシンプルなデザインが完成した。
1階の道路に面した部分はアルミの反射壁で区切られているが、それ以外は窓やミラーが連なった屋外へと開かれた設計となっている。この階は部分的に傾斜した土地に組み込まれているため、都市から孤立することなく、外構とのつながりを感じることができる。居住空間にはスチール製の外階段からアクセスでき、2階の大きな踊り場はポーチの役目を果たす。窓はまばらに配置され、小さく見える空間に奥行きと明かりを取り入れている。都市の景観は常に変化するため、窓から景色を取り入れることは考慮していない。庭とデッキは室内から屋外へとシームレスに広がり、一体感のある感覚を味わうことができる。
東京のような都市では、造形的な試みは混沌とした街並みの中に紛れてしまうことがほとんどである。新たな変化の時代に突入している東京。今こそ、都市とよりダイレクトにつながる時がきたのではないだろうか。(Will Galloway, Koen Klinkers, Christopher Sjoberg)

Using old forms with a modern way of life

Tokyo is a center of architectural experimentation, the result of a particular combination of creativity, liberal regulations, and economics. Usually, creativity is assumed to come from designers wilfully exploring interesting paths. Possibly that is true today, but in the 1960s, when Tokyo was expanding with few controls, the city was built by its inhabitants directly. Highly experimental, extremely reactive, homes were pure reflections of daily life; a multi-family household built over a parking lot; a single room for rent built below the main house; a shop on the ground floor with private stairs extending directly from the curb; balconies and additions extended the homes beyond their core without nuance or subtlety. Primitive but inventive the homes spoke directly to the city.

Ironic that with the flush of wealth, Tokyo abandoned much of the freedom of that past for superficially better homes, picked from a catalog of standard parts. Daily lives today fit into prefabricated symbols of domestic success, even though they are less reflective of actual need. More fascinating that regulations have become even more liberal in the intervening years, allowing more freedom. Barely taken advantage of, the gap between what is built and what is possible has yet to be explored. So here we look back so we can move ahead on another track.

The house is a dance studio on the ground floor, with a home above yoga space on the roof. The design is primitive, almost cartoonish – a fitting approach for the clients, who design and sell a series of famously mysterious and unique dolls with a global following. Making full use of Tokyo’s rules and regulations, the home maximizes space and volume on a typically constrained urban site, resulting in a simple plan – three single rooms stacked one upon the other.

The ground floor is buffered from the road by a reflective aluminum screen and otherwise opened to its surroundings by continuous windows and mirrors. Dancers on this level, which is partially submerged in the sloping site, feel part of the city, not isolated. The home is accessed by steel stairs with an exaggerated landing on the 2nd floor acting as a porch. Windows are placed economically to offer depth and light in an otherwise small area. No attempt is made to frame views because the city does not rest for long, and views are fleeting. Gardens and decks work with the interior to offer an unmediated experience of the city.

Formal experimentation is often lost in the chaos of Tokyo, but we are entering another period of massive change. It is time to engage the city more directly. (Will Galloway, Koen Klinkers, Christopher Sjoberg)

【m House】

所在地:東京都中野区
用途:戸建住宅
クライアント:個人
竣工:2019年

設計:frontofficetokyo
担当:Will Galloway, Koen Klinkers, Christopher Sjoberg
構造設計:寺戸巽構造計画工房
共同設計:フランク・ラ・リヴィエレ
施工:内田産業

撮影:矢野紀行

工事種別:新築
構造:木造
規模:地上3階
敷地面積:105.00m²
建築面積:63.00m²
延床面積:157.00m²
設計期間:2017.10-2018.03
施工期間:2018.04-2019.01

【m House】

Location: Nakano-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Residential
Client: Individual
Completion: 2019

Architects: frontofficetokyo
Design team: Will Galloway, Koen Klinkers, Christopher Sjoberg
Structure engineer: Tatsumi Terado Structural Studio
architect of record: Frank La Riviere
Contractor: Uchida Sangyo

Photographs: Toshiyuki Yano

Construction type: New building
Main structure: Wood
Building scale: 3 stories
Site area: 105.00m²
Building area: 63.00m²
Total floor area: 157.00m²
Design term: 2017.10-2018.03
Construction term: 2018.04-2019.01

設計者の皆さまへ
自社で設計したプロジェクトを「TECTURE」サイトに登録しませんか? 登録されたプロジェクトより『TECTURE MAG』掲載を検討します。

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ