BUSINESS

建築家が立ち上げた革製品ブランドがクラウドファンディングで累計1億6000万円を調達

BUSINESS2020.04.12

建築家が立ち上げた革製品ブランドの資金調達の成功例について、『日経クロストレンド』が全三回の特集記事で紹介しています(3月26日)。

デザイン思考型 ヒット商品開発 第三回
「薄い財布で納品1年待ち 建築家がクラファンで1億6000万円調達」
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00287/00004/?i_cid=nbpnxr_parent

記事によれば、建築家の佐藤宏尚氏が2016年に設立した革製品のブランド「SYRINX(シュリンクス)」が、薄さとコンパクトなサイズが特徴の革製財布「HITOE FOLD」の資金をクラウドファンディングで募集したところ、開始18日で予定の資金が集まり、2018年からの累計では約1億6000万円を調達しているとのことです。(yam)

記事の全文を読むには有料の登録が必要ですが、無料でも概略を確認することができます(「VIEW MORE」をクリック)。

  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • 建築家が立ち上げた革製品ブランドがクラウドファンディングで累計1億6000万円を調達