BUSINESS

日建設計がワークプレイスの有効利用と室内環境の最適化を目指した共創プロジェクトを発表

BUSINESS2020.04.17

株式会社日建設計は、株式会社協和エクシオ、株式会社WHERE、オムロン株式会社、神田通信機株式会社との連名のニュースリリース(2020年4月8日)にて、脱炭素社会の実現などのために、ワークプレイスの有効利用と室内環境の最適化を目指すクラウドプラットフォームを活用したセンサー・設備制御ネットワークシステムの開発・改善・普及に向けた取り組みを共同で実施していくことに合意したことを発表しました。

日建設計ニュースリリースINDEX
https://www.nikken.co.jp/ja/news/index.html

要素技術の連携イメージ(日建設計2020年4月8日ニュースリリースより)

複数ある連携技術のうち、日建設計は全体統合と建築・ワークプレイスへの適用を担当します。

参考までに、同リリースを元にした、建築×コンピュテーションのポータルサイト『ArchiFuture Web』の最新10行ニュース(2020年4月14日)にリンクを設定します。「VIEW MORE」をクリックすると読むことができます。(jk)

  • TOP
  • BUSINESS
  • NEWS
  • 日建設計がワークプレイスの有効利用と室内環境の最適化を目指した共創プロジェクトを発表