BUSINESS

安藤忠雄や坂茂が設計したホテルなどをバーチャル体験できるサービスサイト「DOOR TO THE FUTURE」

BUSINESS2020.11.22

「いつか行きたい場所を、いまから楽しむウェブメディア」をコンセプトに、魅力的な観光施設や宿泊施設をオンライン上に再現し、体験、応援できるプロジェクト「DOOR TO THE FUTURE」が先ごろローンチ、サービスの提供を開始しています(テー・オー・ダブリュー 2020年11月6日プレスリリース)。

withコロナ・ニューノーマルと言われるこの時期に、プロジェクトを立ち上げたのは、それぞれにクリエイティブな体験創造に強みを持った以下の3社です。

テー・オー・ダブリュー(TOW):イベントをコアとした体験デザインプロダクション
https://tow.co.jp/
EVERY DAY IS THE DAY:クリエイティビティによって企業や事業、ブランド、生活、文化の成長可能性を生み出すことをテーマに活動するブランドエンジニアリングスタジオ
https://www.everydayistheday.jp/
ARCHI HATCH:世界中の建築家による空間をウェブ上で体験できる新たなドキュメンテーション・サービス「ARCHI-BANK」と、美術展やパブリックアートなどのアーカイブをシェアするサービス「ARCHI-CLE」を提供
https://archihatch.com/

3社共同プロジェクトである「DOOR TO THE FUTURE」では、コンテンツとして、テー・オー・ダブリューが提供するメニュー「TOWオンラインイベントパッケージ」の1つである「VREE」を活用し、観光施設や宿泊施設内の空間を特殊な4Kカメラで360度撮影、リアルな空間をオンライン上に再現します。
ユーザーは、「DOOR TO THE FUTURE」サイトからその”リアルなオンライン空間”へと気軽にアクセスすることができ、VRのように空間を見渡し、回遊しながら、オンライン上でさまざまなコンテンツを体験することができます。

プロジェクト立ち上げの第一弾として、以下の3つの施設のVR体験を提供しています(順不同)。

  • 瀬戸内リトリート青凪
  • 大川荘
  • SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(ショウナイホテル スイデンテラス)

瀬戸内リトリート青凪

瀬戸内リトリート青凪

瀬戸内リトリート青凪「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

瀬戸内リトリート青凪「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

瀬戸内リトリート青凪 施設概要:安藤忠雄氏が建築した美術館をラグジュアリーホテルとしてリノベーション。2015年開業。国内内資系初のミシュラン最高評価や国際ホテルアワード3冠を獲得している
所在地:愛媛県松山市柳谷町794-1

大川荘

大川荘 内観

大川荘「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

大川荘「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

大川荘 施設概要:渓谷美が自慢の温泉宿。四季折々の自然と渓谷の絶景を、露天風呂や客室から大パノラマで眺めることができる
所在地:福島県会津若松市大戸町大字芦牧 大字芦ノ牧下平984

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE 外観

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE 関連施設「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE 施設概要:坂 茂氏が初めて手掛けた宿泊滞在施設。全119室ある客室はすべて木造で、四季折々で表情を変える田園に浮かぶように建てられて、自然と調和した景観となっている
所在地:山形県鶴岡市北京田下鳥ノ巣23-1

また、このサイトが公開している施設のバーチャルビューには、ページの右下に「カメラボタン」が設けられているのも注目です。閲覧者が任意で止めた画面をスクリーンショットで撮り、その画像(解像度72)をダウンロードすることが容易となっています(下の画像3点がその画面)。昨今の情報サイトで表示している画像にコピーガードをかけることが多くなってきているなかで、特筆したい機能です。

「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面より、 瀬戸内リトリート青凪 THE AONAGI スイート 内観
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面より、大川荘 絶景露天風呂 四季舞台たな田 内観
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

「DOOR TO THE FUTURE」サービス画面より、SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE メインフロア 内観
© DOOR TO THE FUTURE PROJECT

「DOOR TO THE FUTURE」で提供されるこれらの”リアル”なサービス、仮想体験を通して、ユーザーの観光・宿泊モチベーションを喚起、あるいは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響で、現地までおいそれと行くことができないフラストレーションの解消につながると考えられます。同サイトは、日本語、英語の2カ国語対応となっており、訪日外国人旅行客へのサポートも行っています。(en)

「DOOR TO THE FUTURE」公式ウェブサイト https://dttf.jp


【TECTURE MAG】関連記事
「坂茂設計「晴耕雨読の時を過ごす、田んぼに浮かぶホテル」をコンセプトに〈SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE〉がリニューアル」(2020/08/13)
https://mag.tecture.jp/culture/20200813-11531/

安藤建築が巨大な〝茶室〟に!全7室のラグジュアリーホテル〈瀬戸内リトリート青凪〉が宿泊一体型アートイベントを10月16日・17日開催【終了】(2020/09/11)
https://mag.tecture.jp/event/20200911-13381/

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 安藤忠雄や坂茂が設計したホテルなどをバーチャル体験できるサービスサイト「DOOR TO THE FUTURE」