BUSINESS

ファーウェイによる中国・上海メトロ長陽路基地太陽光発電プロジェクト

BUSINESS2021.03.05

中華人民共和国(中国)深圳市に本社を構える、通信機器大手メーカー・ファーウェイ・テクノロジーズが、同国上海市の地下鉄基地で展開した太陽光発電のプロジェクトです。グリーンエネルギーとグリーン輸送を実現しています。
以下のテキストは、ファーウェイジャパンのプレスリリース(2021年3月5日)からの抜粋です。

上海市浦東にある龍陽路地下鉄基地には、地下鉄2号線と7号線が通っており、毎日列車が出入りしています。 しかし、多くの人が知らないのは、ここの地下鉄の車庫も隠れた「発電所」だということです。 車庫の屋根に登ってみると、屋根がほぼソーラーパネルで覆われているのがわかります。
その中でも、緑の芝生に埋め込まれた大型のM型太陽光発電パネルが目立ち、METROは地下鉄を象徴し、グリーンは環境保護を象徴しています。 地下鉄の車庫の屋根に敷設された発電パネルにより、地下を走る列車にクリーンな電気を恒常的に供給しています。

上海メトロ長陽路基地太陽光発電プロジェクトは、上海メトロ新エネルギー会社が投資して建設したもので、総設置容量は3.66MW、年間平均発電量は約340万度。標準的な石炭を約1200トン節約し、二酸化炭素を3390トン削減することができます。

車庫の屋根に敷設された発電パネルの総面積は、サッカー場5~6面分に相当する5万平方メートルに達し、合計1万3,000個近くの280ワットのモジュールが設置され、発電された太陽光発電は基地内の統合変電所に接続され、地下鉄周辺で使用されています。
太陽光発電所発電の年間約20万キロは、8つのセクションの列車1560回以上の往復を可能にします。
「太陽光発電+地下鉄」の応用モデルとして、グリーン交通のグリーンエネルギーを実現し、上海のカーボンピーク目標の前倒し達成に貢献しています。

ファーウェイ(HUAWEI)上海地下鉄太陽光発電プロジェクト

現在、ファーウェイのインテリジェント太陽光発電は、上海地下鉄だけでなく、北京大興国際空港やアジア最大の高速鉄道駅である雄安駅をはじめ、多くの主要な交通拠点で使用されています。

2021年2月22日に上海で開催された「Connected for All Prosperity」フォーラムにおいて、ファーウェイは、スマート太陽光発電の最新の成果を発表。世界出荷実績は、160GWを超え、60カ国以上で広く利用され、教育、医療、スポーツ、輸送、農漁業、近代的な製造業などの産業に利用されています。同社は3000億kWhのグリーン電力を生産し、二酸化炭素排出量を1億4800万トン削減、これは植林2億本以上に相当します。
また、2020年9月には、同社は青海省海南州で世界最大の単一太陽光発電所の建設を支援、送電網への接続に成功しています。

地下鉄龍陽路基地太陽光発電プロジェクトにおいても、この太陽光発電は送電網にも接続。上海地下鉄では、グリッドに接続された太陽光発電システムを10の車両基地で完成させており、総設備容量は約2400万kW、年間平均発電量は約2300万kWhとなります。

中国では、自営の太陽光発電所は今後も増え続け、上海地下鉄の大型ネットワークケーブルのエネルギーも持続的に増加し、グリーンシティーの建設に貢献します。さらには、国連が提唱した17の持続可能な開発目標(SDGs)に基づく、持続可能・サステナブルな社会の実現にも大きく貢献する見込みです。(en)

  • TOP
  • BUSINESS
  • REPORT
  • ファーウェイによる中国・上海メトロ長陽路基地太陽光発電プロジェクト