BUSINESS

小型低速ロボットによる配送サービスの実証実験をパナソニックが藤沢市「Fujisawa SST」で実施

BUSINESS2021.03.15

神奈川県藤沢市のFujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、Fujisawa SST)[*1]にて、小型低速ロボットを2台使用して、店舗から商品を住宅に向けて配送するサービスの実証実験が2021年3月5日より期間限定でスタートしています。

実施店舗は、タウン内にある薬局(アイン薬局 FujisawaSST店)と商業施設〈湘南T-SITE〉で、それぞれ処方箋医薬品と冷蔵品の弁当を利用者の自宅まで配送します。
なお、屋外での小型低速ロボットによる医薬品の配送は、国内では初の取り組みとのこと[*2]

パナソニック 小型低速ロボット

小型低速ロボット

今回の検証は、パナソニック、アインホールディングス、Fujisawa SST協議会が共同で実施するもので[*3]、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が拡大するなか、薬局や店舗および配送時における人との接触を最小限にすることで感染リスクを抑えることが求められている、社会情勢を背景としています。

Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)小型低速ロボット宅配サービス実装実験

小型低速ロボット 配送サービス イメージ

医薬品の配送では、患者は自宅から医師の診察を電話などを使って受け、処方された薬の服薬指導を薬局の薬剤師からオンラインでを受けた後、小型低速ロボットが届ける医薬品を自宅で受け取ります。
診察、服薬指導、医薬品の受け取りまでを非対面で完結する流れとなっています。

Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)小型低速ロボット宅配サービス実装実験

パナソニックではこれまでに、小型低速ロボットを用いた住宅街向け配送サービス実証実験を2020年11月から開始しており、公道走行における技術的な検証も行っています。
今回の「Fujisawa SST」での配送サービスの検証を通じて、エリア内の店舗と住民をつなぐ配送インフラ構築に向けた取り組みを加速させ、複数店舗と住宅をつなぐ配送サービスの提供を目指します。

「住宅エリアにおける店舗-住宅間配送サービスの実証実験」概要
実施時期:2021年3月5日~26日の期間中、木曜日と金曜日
内容(予定):
・アイン薬局から医薬品、または〈湘南T-SITE〉から冷蔵弁当を、それぞれ予約者の自宅へ指定された日時に小型低速ロボットが配達する
・2台の小型低速ロボットは公道を自動走行する
・ロボットは遠隔管制センターと無線で接続し、オペレーターが走行状態を確認しながら、自動で回避が困難な状況では遠隔操作に切り替えて走行する
・オペレーターはロボット周辺にいる人物との対話が遠隔で可能で、必要に応じて円滑な商品受け取りなどをサポートする
走行ルート:薬局からFujisawa SST住宅街区内 / 湘南T-SITE駐車場付近からFujisawa SST住宅街区内

Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)小型低速ロボット宅配サービス実装実験 エリアマップ

実証実験 走行ルート

技術的な実証ポイント
・国内で初めて[*4]、遠隔からの監視状況下で小型低速ロボットが2台同時に公道を自動走行
・遠隔管制センターを小型低速ロボットの走行場所から離れた、パナソニックの佐江戸地区(神奈川県横浜市都筑区)に設置し、遠隔監視・制御を実施


#パナソニック YouTube公式チャンネル「The Skies Over Fujisawa SST」(2019/04/15)


*1.Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST):神奈川県藤沢市内のパナソニック工場跡地に建設された、先進的な取り組みを進めるパートナー企業と藤沢市の官民一体共同プロジェクト(2011年5月26日概要発表)。住宅(スマートハウス)、商業施設〈湘南T-SITE〉、健康・福祉施設、広場、市民農園などで構成される。
https://fujisawasst.com/JP/
*2.屋外でロボットが処方箋医薬品を配送するのは国内で初めて(2021年3月4日時点、パナソニック調べ)。
*3.本取り組みは、国の成長戦略実行計画(2020年7月)における、小型低速ロボットの社会実装に向けて、遠隔監視・操作型の公道走行実証を実施するとの方針を踏まえて実施される。パナソニックでは、経済産業省が主催する「自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会」に参画。本研究開発および実証活動の一部は、NEDO「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の補助を受けて実施される。
*4.1人のオペレーターが遠隔で監視しながら、複数台のロボットを同時に、公道を自動走行させるのは国内で初めて(2021年3月4日時点、同上)。2台同時走行については、神奈川県警および藤沢警察署の公道審査を経て実施する予定

パナソニック プレスリリース
「小型ロボットがエリア内の店舗から住宅へ商品を届ける配送サービスの実証実験をFujisawaサスティナブル・スマートタウンで実施」(2021年03月04日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/03/jn210304-1/jn210304-1.html

「小型低速ロボットによる住宅街向け配送サービスの実証実験をFujisawaサスティナブル・スマートタウンで実施」(2020年12月7日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/12/jn201207-2/jn201207-2.html

パナソニックによるモビリティサービス実証モデル

BUSINESS2020.12.17
パナソニックとUR都市機構が共助型モビリティサービスの実証を埼玉みさと団地で予定
BUSINESS2020.07.15
未来の移動サービス、自動追従ロボットの実証実験をパナソニックが〈高輪ゲートウェイ駅〉で実施
  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 小型低速ロボットによる配送サービスの実証実験をパナソニックが藤沢市「Fujisawa SST」で実施