BUSINESS

「やさしいBIM®︎」を日建設計コンストラクション・マネジメントが商標登録

BUSINESS2021.04.30

日建設計コンストラクション・マネジメント(NCM)が「やさしいBIM®︎」の商標を出願、登録が認められたと発表しました(2021年4月27日プレスリリース / 本稿のイメージビジュアルは同リリースおよび同社サイトより)

商標登録の概要
商標名称:やさしいBIM(標準文字)
登録日:2021年(令和3)3月26日
登録番号:商標第6369090号
商標権者:日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社

日建設計コンストラクション・マネジメント「やさしいBIM®︎」

「やさしいBIM®︎」とは?
同社の発表によれば、「やさしいBIM®︎」とは、発注者が利用することを念頭に置いたBIMの新しい概念。建設のためのマネジメントツールのみならず、発注者の建物に関わるソリューション(サービス)に活用できるような活用方法の提供を目指します。

事業主にとって、保有施設マネジメントや建設プロジェクト運営においてBIM(Building Information modeling)等のデジタルツールを活用し、効果的なマネジメントを実行することは、企画、建築生産および維持保全等施設のライフサイクル全般にわたる効率化を進める上で、重要な取組みの一つになります。

近年、世界的な潮流の中で、国を挙げて建設領域においてもデジタル化が推進されています。NCMでは、事業者ニーズやプロジェクト特性を読み解き、現在のテクロノジーで実装可能かつハンドリングがしやすいBIMモデルを利用した「やさしいBIM®」の取り組みを行っており、プロジェクトのすべてのフェーズで事業主メリットを最大化するサポートを行います。

また事業者目線のBIM開発が評価され、CM会社として唯一国交省の「令和2年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業」に事業採択されています。

(日建設計コンストラクション・マネジメント公式ウェブサイト「やさしいBIM®︎」ページより)

今回の商標登録を契機に、同社では、建設・維持管理・不動産取引など、建物に関わるすべてのプロジェクト・関係者にとって有益な、情報のプラットフォームとなる「やさしいBIM」の整備を行い、それらの活動・事業を通して、高度化する社会に建築の情報を受け渡していく環境を目指すとのことです。(en)

日建設計コンストラクション・マネジメント公式ウェブサイト「やさしいBIM®︎」詳細
https://www.nikken-cm.com/service/YASASHII_BIM/

BIM 関連記事

PRODUCT2021.04.20
ノートルダム大聖堂の修復工事をオートデスクがBIMで支援
PRODUCT2021.03.26
日建設計と日本設計が構造解析データとBIMデータのST-Bridge整合確認ツールを無償公開
BUSINESS2021.02.05
早稲田大学理工学術院総合研究所とプロパティデータバンクが、BIMの普及に伴う建築プロジェクトとコストマネジメントに関する共同研究を開始
BUSINESS2020.04.10
国土交通省の学識・有識者会議が「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」を策定
  • TOP
  • BUSINESS
  • 「やさしいBIM®︎」を日建設計コンストラクション・マネジメントが商標登録