BUSINESS

ZEH水準リノベーションを無印良品が「MUJI INFILL 0」で開始

断熱等性能等級5、1次エネルギー消費量等級6を実現

BUSINESS2024.01.22

〈無印良品の家〉など無印良品の住空間事業部門を担うMUJI HOUSEが、同社が2015年より展開する中古住宅の性能向上リノベーション「MUJI INFILL 0」において、ZEH水準商品の提供を開始しました(2023年1月18日プレスリリース)。

「MUJI INFILL 0」とは、自分らしく暮らすための住空間に本当に必要なものだけを残して、暮らしの「0(原点)」をつくり、自由にパーツやアイテム、素材を「+(プラス)」していくという発想に基づいたリノベーションサービスです。
新たに販売を開始した「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品は、断熱等性能等級5、一次エネルギー消費量等級6と国内最高水準のリノベーションを実現しているとのこと。

「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品の特徴

「MUJI INFILL 0」では、広々とした1室空間と高い断熱性能を実現するため、断熱材は最高水準の0.020W/(m・k)の断熱性能を実現する「フェノール樹脂断熱ボード」を採用。この断熱材の厚みを通常仕様の約1.8倍とすることで、断熱性能を高めています。

MUJI HOUSE「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品

断熱材の厚みは従来比の約1.8倍

「MUJI INFILL 0」のリノベーションでは、インナーサッシに既存の窓の内側に複層ガラスの樹脂製インナーサッシを取り付ける「トリプルガラス」をこれまで採用していましたが、ZEH水準商品では、より高い断熱性能を発揮するため「Low-E複層ガラス」を採用いているのが特徴です。

MUJI HOUSE「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品

インナーサッシでは「Low-Eガラス」を採用

なお、「MUJI INFILL 0」では、すべてのリノベーション住戸において、2017年より国の基準に基づく温熱計算を実施しています。個人の感覚で捉えられていた温熱性能をデータで可視化し、1軒ごとの立地条件や周辺環境にあわせて、日射取得と遮蔽をシミュレーションして数値化しています。

「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品のリノベーションで見込まれる効果

MUJI HOUSEによる試算によれば、リノベーション前の物件として多い「旧省エネ基準」(断熱等性能等級2相当)のモデルプラン(70.15m²)と比較した場合、光熱費を約38%削減できる見込みとのこと。

MUJI HOUSE「MUJI INFILL 0」ZEH水準商品

MUJI HOUSEによる試算(一定の前提条件下での算定)

MUJI HOUSE プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000118.000001246.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MUJI HOUSE / 無印良品の家 TOPICS

BUSINESS2021.07.19

MUJI HOUSE × UR

無印良品がリノベーションした団地・マンション住戸を完成品として発売
COMPETITION & EVENT2021.04.29
【審査結果】北海道に「無印良品の家」が初上陸、上士幌町にワーケーション施設が来春開業予定
BUSINESS2023.03.03

無印良品が「インフラゼロでも暮らせる家」の実証実験を開始

住宅用太陽光パネル〈Roof-1〉を開発したモノクロームと、U3イノベーションズと連携
BUSINESS2023.09.08

無印良品が空間設計部 大阪事務所を新設

〈無印良品 グランフロント大阪〉リニューアルオープンにあわせ、リノベーションなど住まいと暮らしの相談ごとへの対応を強化

無印良品 TOPICS

CULTURE2020.12.04
[内覧会Report] 関東最大規模で"空間を売る"〈無印良品 東京有明〉が12/3オープン
BUSINESS2021.07.28
無印良品が健康領域に参入、直江津店に「まちの保健室」開設
  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0」がZEH水準商品の提供を開始、断熱等性能等級5、1次エネルギー消費量等級6を実現
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ