CULTURE

JR東日本 高輪ゲートウェイ駅を演出する面出薫の照明デザイン。照明器具約1,600台をパナソニックが納品

CULTURE2020.03.13

パナソニック株式会社(Panasonic)は、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が、山手線・京浜東北線の田町~品川駅間に新設し、2020年3月14日より営業を開始した〈高輪ゲートウェイ駅〉に、自社の照明器具約1,600台を納品したことを発表しました。
照明デザインは、ライティングプランナーズ アソシエーツ(LPA)を率いる照明デザイナーの面出薫氏。隈研吾氏(隈研吾建築都市設計事務所代表)がデザインアーキテクトを務めた、新しい駅舎における照明プロジェクトについて、同社のウェブサイトに特設サイトを設けて詳しく解説しています。(en)
プレスリリースの詳細は「MORE VIEW」をクリック!

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • JR東日本 高輪ゲートウェイ駅を演出する面出薫の照明デザイン。照明器具約1,600台をパナソニックが納品