CULTURE

見開き1メートル!小学館の超特大写真集『SUMO本』第一弾は東大寺

CULTURE2020.06.27

小学館から、B2サイズの超特大写真集『SUMO本』が5月25日に発売されました。同書は、見開きでB1サイズ=幅1メートルという、圧倒的なビジュアルを誇ります。重量はケース込みでなんと17キログラム!

第1弾は『東大寺』(販売価格:本体36万円+消費税)。著者・撮影は、奈良に居を構え、毎日〈東大寺〉を撮り続けている写真家の三好和義氏です。
超特大写真ならではの見どころを、『SUMO本』の公式Twitterが伝えています。

アート本の世界では近年、超大型本が発売され、トレンドとなっています。この背景には、カメラなどの撮影機材の進歩、最新のデジタル技術により、印刷が格段に精巧になり、これまで再現できなかったリアルな表現が可能となったことが挙げられます。
この『東大寺』も、アングル、近接の距離、解像度、どれをとっても、通常の拝観、人の眼でここまでの像を結ぶことは不可能です。

「普段の参拝では絶対に見えないキラキラと光る”雲母”まで再現できた」(三好和義氏談)

#小学館 YouTube公式チャンネル「SUMO本『東大寺』いよいよ発売!(2020/04/06公開)

同書は今後シリーズ化され、寺社仏閣のほか絵画作品、歌舞伎など、日本が世界に誇る文化遺産に関する超特大写真集が刊行される見込みです。(en)

SUMO本 第一弾『東大寺』特設ページ
https://www.shogakukan.co.jp/pr/sumo/todaiji/jp/about.html

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 見開き1メートル!小学館の超特大写真集『SUMO本』第一弾は東大寺