CULTURE

プリンスホテルの次世代型ホテルブランド1号店〈プリンス スマート イン 恵比寿〉10/8開業

CULTURE2020.10.12

プリンスホテルが手掛ける新たなホテルブランド「プリンス スマート イン」の1号店〈プリンス スマート イン 恵比寿〉が2020年10月8日(木)に開業しました。

「プリンス スマート イン」は、プリンスホテルのイノベーションを担う次世代型の新たなホテルブランド。withコロナ期・ニューノーマル社会に開業するホテルとして、宿泊客に安全・安心で快適な空間だけでなく、ブランドコンセプトとして「イノベーションを追求する宿泊特化型ホテル」を掲げ、ICT、AI技術を導入した新たなサービスを提供します。

宿泊者にダウンロードを推奨している公式アプリ

利用者が公式アプリをダウンロードしたスマートフォンを使うことで、予約からチェックアウトまでシームレスなサービスが可能に。デジタル世代のスマートな滞在ニーズに応え、同社が展開するフルサービス型のホテルとあわせて、国内外のより多くの人々のニーズに対応できるホテルチェーンの展開を目指します。今後は、熱海、京都、那覇にも開業予定。2021年1月中旬からは、顔認証によるチェックイン機能も導入します。

スマートチェックイン

プリンス スマート イン 恵比寿 ロビー

プラウド恵比寿ヒルサイドガーデン全景(野村不動産「PROUD」ページより) 〈プリンス スマート イン 恵比寿〉は建物の右側

このほど開業した〈プリンス スマート イン 恵比寿〉は、JR恵比寿駅より徒歩約5分の立地。国家公務員宿舎原町住宅の跡地で、野村不動産が建設した複合施設(プラウド恵比寿ヒルサイドガーデン)に、82室の客室とカフェ等を備えたホテルとして出店します。同施設内には、分譲住宅や保育施設、介護施設(デイサービス)などが入居し、多様な人々が共生する新たな都市型複合施設となっています(「恵比寿 旧国家公務員宿舎跡地 再開発プロジェクト」着工に関する、野村不動産ホールディングス プレスリリース2018年2月22日発表 )

宿泊者専用ロッカー

ホテルのロビーには、宿泊者専用ロッカーを用意。チェックイン前の荷物を直接ここに預けることができます。到着時からチェックイン時まで利用が可能。フロントを経由せず、宿泊者自身がロッカーに二次元コードをかざしてキーを施錠・解錠します。

ロビーでは複合型サービスロボットが巡回、人や障害物などを自動で探知して回避しながら、清掃と施設内の巡視を行います。ディスプレイを通じた情報コンテンツの提供も可能で、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)予防の観点から、人同士の接触機会を低減させています。

観光情報やグルメ情報の提供を行うマップ型デジタルサイネージをロビーに設置

同ホテルの特徴として、全ての客室に多言語対応スマートスピーカーを設置。客室の機能や使用方法などの質問に対応するほか、館内案内、音楽プレーヤーとしても使用できます。また、一部の客室では、スマートミラーで天気予報情報や音楽の提供も行います。

スマートミラー

スマートスピーカー

スタンダードツイン。客室内の壁面には、臭いの吸収や湿度調節に効果があるとされる植物「スカンディアモス」をディスプレイ

ホテルロビー

カフェメニュー

〝八百屋が作る本気のカフェ″「ダカフェ」がオープンするのも話題

プリンス スマート イン 恵比寿(Prince Smart Inn Ebisu)

開業日:2020年10月8日(木)
所在地:東京都渋谷区恵比寿南3-11-25(Google Map
付帯施設:レストラン(36席)、会議室、コンディショニングサロン)モビリティケア サロン恵比寿)、ランドリーなど
構造・規模:RC造 ホテル部分:地上7階 地下1階
延床面積:約2,852m²
設計:日建ハウジングシステム、鴻池組東京本店一級建築士事務所
施工:鴻池組東京本店
運営:プリンスホテル(運営形態:野村不動産との賃貸借契約)
「プリンス スマート イン」公式ウェブサイト
https://www.princehotels.co.jp/psi/

  • TOP
  • CULTURE
  • FOOD
  • プリンスホテルの次世代型ホテルブランド1号店〈プリンス スマート イン 恵比寿〉10/8開業