CULTURE

青木淳デザインの〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉5階に、アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」が来年2月オープン

CULTURE2020.12.25

2020年2月に大阪・御堂筋に開業した〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉の5階に、アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」が2021年2月にオープンすることが発表されました(ルイ・ヴィトン ジャパン 2020年12月25日プレスリリース)。

同店舗は、船の帆のようなファサードが特徴的な7階建ての建築で、建築家の青木淳氏(青木淳建築計画事務所 / ASに改組)がデザインしたことで知られています。江戸時代には天下の台所と呼ばれ、古くから海運によって文化・通商の都であった大阪(大坂)の歴史を彷彿させる、菱垣廻船 (ひがきかいせん)から着想を得た意匠とのこと。

〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉は、日本国内における同ブランドの直営店としては最大のフロア面積を誇り、1階から4階の売り場ではフルラインナップの製品を取り扱い、最上階の7階には、ルイ・ヴィトンとして世界初のレストラン〈SUGALABO V(スガラボ・ヴィ)〉が入っています(紹介制 / シェフ:須賀洋介氏)。

青木淳デザイン〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉

〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉外観 ⒸStéphane Muratet

エスパス ルイ・ヴィトンは、主にコンテンポラリー・アートの世界で活動している若いアーティストの紹介に注力しており、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、東京にある各店舗にてアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン」を展開(1枚目のダイジェスト写真)。日本国内では、大阪店と同じく青木 淳氏がデザインして2011年に開業した、東京・原宿の〈ルイ・ヴィトン表参道店〉の7階に「エスパス ルイ・ヴィトン東京」があります。

西日本では初となる「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」では、20世紀の重要な作品の紹介と、現代アートに特化した芸術機関「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の所蔵作品を展示。「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの一環として、国際的なプロジェクトを通じ、より多くの人々に同ブランドの所蔵作品に触れる機会を提供するアートスペースとなります。(en)

エスパス ルイ・ヴィトン大阪

所在地:ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 5階(大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-8-16 / Google Map
オープン予定:2021年2月
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 URL
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/point-of-sale/japan/louis-vuitton-maison-osaka-midosuji


【TECTURE MAG】
吉岡徳仁がデザインした、ルイ・ヴィトン初のレストランのためのチャージャープレート(2020年7月21日掲載)
https://mag.tecture.jp/product/20200721-10348/

青木淳 関連記事

FEATURE2021.03.30
【内覧会Report】〈ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店〉がオープン、青木淳氏がまた新たなファサードデザインの境地を切り開く
CULTURE2021.02.13
青木淳とピーター・マリノが手がけた〈ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店〉3/20オープン、外装デザインが早くも話題
CULTURE2020.06.13
〈京都市京セラ美術館〉館長青木淳氏のインタビュー動画
CULTURE2020.04.07
建築家の青木淳が旧都電荒川線を巡る企画コラムで考案したベンチのモックアップ

〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉関連記事

COMPETITION & EVENT2021.02.13
「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」オープン記念「Fragments of a landscape(ある風景の断片)」展
PRODUCT2020.07.21
吉岡徳仁がデザインした、ルイ・ヴィトン初のレストランのためのチャージャープレート
  • TOP
  • CULTURE
  • ART
  • 青木淳デザインの〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉5階に、アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」が来年2月オープン