CULTURE

プレファブ竹トラスが実現する大空間

スポーツ設備を備えたサステナブルな竹建築〈バンブースポーツホール〉

CULTURE2022.03.15
〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Markus Roselieb (CLA)

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Markus Roselieb (CLA)

タイの北部、チェンマイにて「持続可能な地球のための真の価値観に基づいた教育」を掲げるパンヤデンインターナショナルスクールにつくられた〈バンブースポーツホール〉。

キャンパス全体が竹や土といった天然素材のみから構成されている中、エコ&サステナブル建築を専門とするチェンマイライフアーキテクツが設計した〈バンブースポーツホール〉はプレファブ竹トラスにより、17mの大スパンを実現しています。

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Markus Roselieb (CLA)

(以下、Chiangmai Life Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈バンブースポーツホール〉は、モダンで有機的なデザインと21世紀のエンジニアリング、そして自然素材である竹が融合した建築である。

パンヤデンインターナショナルスクールは仏教の教えをカリキュラムに取り入れ、人間の心の根本的なメカニズムを教えていることから、建築デザインは蓮の花をモチーフとした。

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Markus Roselieb (CLA)

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Markus Roselieb (CLA)

近代的なスポーツ施設でありながら「グリーン」な建築であること

〈バンブースポーツホール〉には、300人の生徒を収容できる十分な広さを持ちつつ、土や竹でできた他の校舎や、丘陵地帯の自然環境と調和するホールであることが求められた。また、近代的なスポーツ設備を備えつつ、竹のみを使用することで二酸化炭素排出量を抑え、パンヤデンの使命である「グリーンスクール」を維持する必要があった。

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

ホールの面積は782m²であり、フットサル、バスケットボール、バレーボール、バドミントンのコートが入りつつ自動昇降式のステージも備えている。建物の両側にはバルコニーを設け、保護者や来訪者が見学できるスペースとしている。

また〈バンブースポーツホール〉は、デザインと素材特性による自然換気と断熱により、一年中涼しく快適な気候を実現している。

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

サステナブルな大空間を実現した革新的な構造設計

このホールは、2人のエンジニアの協力のもと、荷重、せん断力などの現代の安全基準に基づき、地元の強風、地震、その他あらゆる自然の力に耐えられるよう設計されている。そして新開発のプレファブ竹トラスを用いた構造設計により、鉄の補強材や接合部を設けることなく17m超のスパンを実現している。

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

使用された竹は、処理、輸送、建設時に排出される炭素よりもはるかに高い割合で炭素を吸収しているため、〈バンブースポーツホール〉のカーボンフットプリントはマイナスである。

また、すべての竹はしっかりと生育したものを選定し、ホウ砂塩による処理を施している。処理過程で有害な化学物質は一切使用しておらず、〈バンブースポーツホール〉の寿命は少なくとも50年以上と予想されている。

 

「サステナブル」と「大空間」という両立しづらい2つの要素を「竹トラス」というテクノロジーで達成した面白い取り組みですね!

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Photograph: Alberto Cosi

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Concept Sketch

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Site Plan

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Main Floor Plan

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Elevation

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

Section

〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ

3D Model

以下、Chiangmai Life Architectsのリリース(英文)です。

Bamboo Sports Hall for Panyaden International School

Chiangmai Life Architect’s Bamboo Sports Hall for Panyaden International School combines modern organic design, 21st century engineering and a natural material – bamboo. 

The design was based on the lotus flower as Panyaden International School is in Thailand and uses Buddhist teachings to infuse values into its academic curriculum and teach the underlying mechanisms of the human mind. 

The brief was to build a hall that should be big enough to hold the projected capacity of 300 students, but still smoothly integrates with the previous earthen and bamboo buildings of the school as well as the natural hilly landscape of the area. It should provide modern sports facilities and use only bamboo to maintain the low carbon footprint and the “Green School” mission of Panyaden.

The hall covers an area of 782 sqm, and hosts futsal, basketball, volleyball and badminton courts, as well as a stage that can be lifted automatically. The backdrop of the stage is the front wall of a storage room for sports and drama equipment. On both long sides balconies provide space for parents and other visitors to observe sporting events or shows. 

The design and material enable a cool and pleasant climate all year round through natural ventilation and insulation. At the same time, the exposed bamboo structure is a feast to the eye and an exhibition of masterly handicraft.

The hall was designed with the help of 2 independent engineers to modern safety standards of loads, shear forces etc. to withstand the local high-speed winds, earthquakes and all other natural forces.

The innovative structural design is based on newly developed prefabricated bamboo trusses with a span of over 17 meters without steel reinforcements or connections. These trusses were prebuilt on site and lifted into position with the help of a crane.

Panyaden’s Sports Hall’s carbon footprint is negative. The bamboo used absorbed carbon to a much higher extent than the carbon emitted during treatment, transport and construction.

The bamboo was all well selected for age and treated with borax salt. No toxic chemicals were involved in the treatment process. The life span of the bamboo hall is expected to be at least 50 years.

Main Info

Project Name: Bamboo Sports Hall for Panyaden International School
Architect: Chiangmai Life Architects (CLA)
Completion Year: 2017
Built Area: 782 sqm

Other Technical Info

Lead Architects: Markus Roselieb, Tosapon Sittiwong
Engineers: Phuong Nguyen, Esteban Morales Montoya
Client: Panyaden International School
Budget: USD 300,000
Carbon Footprint: Zero

Manufacturers/Products

Chiangmai Life Construction: Borax/Boric acid treated Bamboo
Yang Ma Sports Tech Co., Ltd: EPDM/SBR indoor sports floor
PSC Commercial Co., Ltd.: Cree Multipurpose LED lights

 

「Bamboo Sports Hall Panyaden International School」Chiangmai Life Architects and Construction 公式サイト

https://www.bamboo-earth-architecture-construction.com/portfolio-item/panyaden-international-school-sports-hall/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • プレファブ竹トラスが実現する大空間 〈バンブースポーツホール〉チェンマイライフアーキテクツ、タイ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ