CULTURE

陶磁器の村に建つセラミックファサードの住宅

VTNアーキテクツが設計したセラミックレンガと植栽によるパッシブクーリングの住空間〈バッチャン・ハウス〉

CULTURE2022.05.13
〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

ベトナムの陶磁器の生産地バッチャン村に建つ〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉は、セラミックのファサードと植栽がつくる空調いらずの住宅です。

設計は、ベトナムのハノイとホーチミンに拠点を置くヴォ・チョン・ギア・アーキテクツ(Vo Trong Nghia Architects、以下VTNアーキテクツと表記)。ベトナムの伝統的な建築技術を取り入れ、「自然や風土に現代的な素材や手法、デザインを融合させた『グリーン・アーキテクチャ』の創造」というビジョンを掲げる建築スタジオです。

(以下、Vo Trong Nghia Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

このプロジェクトは、古くから続く陶磁器の生産地、バッチャン村というユニークな場所にあり、建物のファサードはこの地域特有の陶磁器づくりの文化を表現している。

外観は村の伝統美をイメージしながらも、内部は現代の生活の利便性と快適性を確保し、空間配置はオーナーの理想の住まいをベースとし、自然が住宅の機能と絡み合う空間となっている。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

プロジェクトの依頼内容は、7人家族のための住宅と親族が集う場所をデザインすることであった。

この住宅は、住居としての用途の他に、伝統的な陶磁器製品を扱うショップとしての機能も持っている。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

地域の素材「セラミック」を使い、村の文化を体現する建築

文化的な背景を持つこの村では、地元の素材を使うことが設計チームにとって優先事項であった。さらに、オーナーは陶磁器の専門家であったため、私たちは陶磁器の素材であるセラミックを活用することとした。

セラミックには独特の荒々しい美しさと高い耐久性をもつ、建物の外装に適した素材であり、この建物のファサード全体はセラミックレンガでつくられている。レンガは1つひとつサイズを合わせてつくられ、ある空間では開き、ある空間では閉じるというリズムをつくり出した。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

セラミックの開口と植栽による空調いらずの住空間

レンガを積むことで生まれる小さな隙間は、建物全体の空気を循環させる換気口として機能する。一方、ファサードの大きな開口部には植栽を配置することで、内部に木々を透過した光を取り入れている。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

内部空間は、ミニマルなアプローチでデザインされている。セラミックファサードとグリーンの2層構造で直射日光を遮るため、内部を暑くすることなく、大型のガラスパネルを組み込むことが可能となった。

特に夏場は、セラミック壁の隙間が、室内に適度な陽の光を効率的に取り入れるのに役立っている。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

「セラミックファサード」「緑の空間」「窓」という3層の換気システムにより、人工的な空調を使わずとも涼しい空間となっている。また、ソーラーパネルや雨水回収装置も取り入れた、サステナブルな設計となっている。

そして、大きな窓と屋内の森、セラミック製の開口部、という複層式の構造は、住まい手に常に変化を与えてくれるのである。

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

©︎ Hiroyuki Oki

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

Diagram

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

〈バッチャン・ハウス(Bat Trang House)〉

以下、Vo Trong Nghia Architectsのリリース(英文)です。

Bat Trang House

Architecture firm: VTN Architects
Principal architect: Vo Trong Nghia
Design team: Ngo Thuy Duong, Nguyen Van An, Do Huu Tam, Pham Phuong Thao.
Finished: 10/2020
Category: Residential
Location: Bat Trang, Hanoi, Vietnam
Site area: 220m²
GFA: 740m²
Photos: Hiroyuki Oki

The project is situated in a unique location of Bat Trang Town – a pottery village that has been around for more than 10 decades. The façade of the building represents the community’s unique culture of ceramic pottery making. While the exterior was inspired by the traditional beauty of the town, the interior ensured the convenience and comfort of today’s modern life. The spatial arrangement of the house was also based on the owner’s ideal home, where nature intertwines with other functions of the house.

The brief of the project was to design a home for a seven-member family and a place for relative get-togethers. Besides its residential uses, Bat Trang House also functions as a shop, trading the traditional ceramic products of the pottery town.

In the cultural-rich context of the village, using local materials was prioritized by the design team. Additionally, the owner was a ceramic specialist, hence VTN Architects were able to take advantage of the material. Ceramic has its own rough aesthetic and high durability, which was suitable for the exterior skin of the building. The entire façade of the design was made purely out of ceramic bricks. The bricks were individually made to size to create the alternating rhythm, opening up in some spaces while closing in others. The small gaps created by the bricks placement act as vents, circulating the air throughout the building. Whereas the big openings of the façade situated sizable greeneries, allowing filtered light the flow through. 

The interior spaces were designed with a minimalistic approach. Large glass panels were integrated without the fear of getting the house overheated, as direct sunlight was filtered by the two layers of ceramic façade and greenery façade. The gaps of the ceramic walls function particularly well in terms of effectively getting the right amount of solar gain for the interior, especially in the summer. The uses of artificial air conditioning were unnecessary as the three-layer ventilation system “exterior ceramic façade”, “alternating green spaces” and “door” guarantee that the house is “absolutely cool”. Solar panels and rainwater collectors also took part in the sustainable design. Vast windows, alternating ceramic openings connected by the indoor forest create a multi-layer living picture frame that would be ever-changing for the occupants. 

The intimate connection of people with nature was notably important to the design team. VTN Architects ensure the natural and sustainable living quality in every residential project. The designs make sure that the occupants could always feel the freshness of greeneries and the ambient skylight in their daily activities.

「Bat Trang House」Vo Trong Nghia Architects 公式サイト

https://vtnarchitects.net/bat-trang-house-pe191.html

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

VTNアーキテクツ 関連記事

CULTURE2022.04.04

42,000の竹が編むやわらかな大空間

竹のアーチ、ドーム、グリッドを融合したベトナムのリゾートの〈ウェルカムセンター〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 陶磁器の村に建つセラミックファサードの住宅、VTNアーキテクツが設計したセラミックレンガと植栽によるパッシブクーリングの住空間〈バッチャン・ハウス〉ベトナム
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ