CULTURE

タイル工場や地域の歴史を体感する宿泊空間

llLab.が設計した 地域の伝統や素材をもとにローカルならではの新たな表現を目指したホテル〈ブリックヤード・リトリート〉

CULTURE2022.09.26
〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート(Brickyard Retreat)〉は、中国・北京市郊外の北溝村の象徴である旧タイル工場を用いて運営されているホテルです。2020年のリノベーションにより、地域の伝統である釉薬タイルや赤レンガによる新たな形態や使用法を確立することで、新たなローカルな表現を探求しています。

中国の上海やドイツのシュトゥットガルト、ポルトガルのポルトを拠点に活動する建築スタジオllLab.が設計しました。近年、海外建築で注目されている、歴史的な建築物を保存するだけでなく活用する「アダプティブリユース」という考え方を取り入れた建築です。

(以下、llLab.から提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

中国北京市懐柔区北溝村、万里の長城の麓に建つタイル工場は、市場の低迷により廃業しが、この建物を愛する地元の村人により所有され、2010年からホテル〈ブリックヤード・リトリート〉として運営されていた。2018年に〈ブリックヤード・リトリート〉は、中国国家文化財局と中国古跡保護協会が共同で選定した「農村遺産ホテル」の第一号となった。現在においても北京で唯一認定された農村遺産ホテルである。

そして2020年、この〈ブリックヤード・リトリート〉は、近くに建つ「San Sa Village」(同じくllLab.設計)のオーナーにより取得され、llLab.の設計により再び変遷を遂げた。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

村全体で活性化するホスピタリティ事業

文化観光への新たな関心から、北溝村の100人以上の村民がさまざまなB&B(Bed and Breakfast)ビジネスを立ち上げ、運営している。また、llLab.が設計した「San Sa Village」の完成もあり、北溝村は徐々に独自の観光インフラを形成し、観光客に多種多様な旅行宿泊体験をもたらしている。

このようなホスピタリティの発展は、地元の村民に複数の雇用機会を生み出し、コミュニティの社会的発展を継続的に支えている。農村の活性化と文化保存の組み合わせは、サステナブルで生態系に配慮した開発のための有効な戦略と言える。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉は、文化遺産を保護しつつ繁栄させるために必要不可欠な、慎重に検討された建築的介入の一例である。

〈ブリックヤード・リトリート〉における建築的介入は、3つの主要な建築的要素、「釉薬タイル」、「古い窯」、「赤レンガ」を中心に構成されている。これらの要素は、工場の文化遺産、空間のもつ歴史、村の地域文化を反映している。このプロジェクトでは、これらの要素を活用し、プログラム、スペース、ランドスケープ、そして敷地に対する敬意を表している。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

空間的なフレームワーク

プログラムは、中庭の南側に建つメインの建物を中心に構成されている。この建物は、元々タイルを焼く窯があった場所に建っており、小規模な集会にも対応できる多目的レセプション・スペースが含まれている。

建築的、歴史的な重要性を考慮し、床には自然色と明るい色味の釉薬タイルを使用し、有機的なモザイクを形成している。歴史的な特徴と現代的なデザインを組み合わせ、新たな用途とこれまでの技術的背景や創造的な歴史をつなぐ刺激的な雰囲気となっている。

北側に広がる中庭は、地元の赤レンガを使用した建物に囲まれ、万里の長城を望む開放的な空間であり、地元や農村、伝統的な生活様式との自然なつながりを強めている。この静かな中庭は、活動をスローダウンさせ、休息と創造性のための空間を提供することを目的としている。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

デザイン要素である「釉薬タイル」、「古い窯」、「赤レンガ」

全体のデザインは、自然素材の表情を尊重し、素材本来の特性を活かして、「人と自然、時間との関係を強調する」というコンセプトのもと設計されている。

北溝村におけるタイル工場は、独自の建築様式と職人技への自信を象徴している。 同時に、タイル工場のリノベーションは釉薬タイル文化の尊重に基づいており、文化製品が人々や社会にもたらす意識の変化を強調している。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

釉薬タイル

釉薬タイルは、この建物の文化と歴史を媒介している。洞窟のような空間が連続する窯は、床のタイル仕上げにより統一されつつ、サイズや貼り方が異なるタイルにより、それぞれの空間には特有の雰囲気がつくり出されている。

タイルがつくり出すモザイクは、その多様な触感、音響特性、色彩パターンなど、さまざまな感覚を通してゲストを惹きつける。

緑色の釉薬瓦の屋根は、その直線的な形態により、窯自体の構造のもつ有機的な形態を強調している。瓦の鮮やかな緑色は、伝統的な建築の屋根の色を参照しつつ、敷地周辺の草木の鮮やかな緑色と呼応している。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

古い窯

古い窯はタイル工場の中で最も歴史的な部分である。その独特な質感をたたえるため、内部における既存のもつ質感を可能な限り保存している。

また、安全性と快適性の観点から、内部の壁は1枚だけ追加されている。この最小限の介入により、ゲストは洞窟内の空間をあらゆる角度から体験でき、古くから窯を構成してきた素材に触れる機会も得ることができる。

アーチ型のポーチは、ゲストに第一印象を与えるメインエントランスとして拡張した。これにより、窯の建築の歴史的重要性を高め、空間の厳粛な性質を強化している。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

赤レンガ

このプロジェクトでは、農村建築における伝統的な材料と建設技術を活用し、異なる建築の枠組みの中で使用することで、素材に新たな表現力を生み出した。赤レンガを多用し、農村の伝統に敬意を表しながら、有機的な壁面を形成するなど自律的に使用することで、新しいレベルのローカルな表現を目指している。

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

© Arch-Exist Photography

〈ブリックヤード・リトリート〉

Comparison of plan before and after renovation © llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

© llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

Construction process © llLab.

〈ブリックヤード・リトリート〉

Construction process © llLab.

以下、llLab.のリリース(英文)です。

llLab.’s New Work | Brickyard Retreat Renovation
Brief Background of the Brickyard Retreat
The history of the Brickyard Retreat can be traced back to an independent tile firing workshop, known as the glazed tile factory. Located at the foot of the Great Wall at Mutianyu, Beigou village, Huairou District, Beijing, the glazed tile factory had been decommissioned due to a reduction in market demand. The vacant tile factory building took on a new life in 2010 as a tile factory Hotel; the building was renamed, “The Brickyard Retreat”. Owned by local villagers that love architecture and Chinese culture, the factory building took on a hospitality role under their care.
On September 1, 2020, the building transitioned again. The owner of the nearby “San Sa Village” acquired “The Brickyard Retreat” and llLab. was honored to be invited to participate in the next step of cultural development for the Beigou village.
The Structure of Cultural Life in Beigou Village
Beigou village is famous for its geographic feature and proximity to the Great Wall of Mutianyu. In 2018, “The Brickyard Retreat” in Beigou village became one of the first Chinese rural heritage hotels jointly selected by the State Administration of cultural relics of China and the China Association for the protection of ancient sites. So far, it is still the only Heritage Hotel in Beijing to receive this award.
A renewed interest in cultural tourism has prompted more than 100 villagers of Beigou Village to create and operate different types of B & B business opportunities. At the same time, with the completion of “San Sa Village”, Beigou village has gradually formed its own tourist infrastructure, which has brought a great variety of travel accommodation experiences for tourists. This hospitality development has generated multiple job opportunities for local villagers and continuous to support social development for the community. The combination of rural revitalization and cultural preservation presents a promising strategy for a sustainable and ecologically informed development.
Target and Strategy of the Brickyard Retreat Renovation
The Brickyard Retreat is an example of a new trajectory of urban renewal in this region. A trajectory of carefully considered architectural interventions that are necessary and unavoidable in order to protect and support a thriving cultural heritage.
The architectural intervention in The Brickyard Retreat is structured around three main architectural elements: Glazed Tile, Old Kiln and Red Brick. These elements are of particular significance as they reflect the cultural heritage of the factory, the architectural history of the space and the local culture of the village itself. The intervention leverages these elements to articulate program spaces, landscape features and a mutual respect to the site.
Spatial Framework
The program is organized around the main building on the south side of the courtyard; this is the space where the original tile burning kiln is located. The building’s program includes a multi-purpose reception space that can also accommodate small gathering events. Embracing the architectural and historical importance of its features, tiles in both natural and bright colored glazes are used throughout the floor. Forming an organic mosaic, the combination of historical features and contemporary design interventions provides and stimulating atmosphere that connects its new use with its previous technical background and creative history.
The north courtyard, offers a distinctly different vision. The use of local red brick and the open view of the Mutianyu Great Wall reinforce a natural connection to the local, rural and traditional lifestyles. This is a quiet space that aims to slow down activity patterns, offering a space for rest and creativity. The north courtyard space focuses on the perception of nature and landscape.
Design Elements – Glazed Tile, Old Kiln, Red Brick
The design intent seeks to honor the authentic quality of natural materials and highlights the relationship between human beings and nature over time. This is a direct reference to the dialectical relation between craftsmen and their understanding of the natural properties of materials.
“The Brickyard Retreat” demonstrates pride in the Beigou village heritage by honouring a tradition of exceptional workmanship while defining its own architectural style. The renovation of “The Brickyard Retreat” respects and embraces the local craft history while highlighting the evolution of consciousness that cultural products can bring to people and society.
Glazed Tile
The architectural language of the kiln, a sequence of cave-like space, is unified and intensified through the tiling treatment in the floor. Different sizes of tiles and methods of tiling support the distinct atmospheres of each space. The roof, indoor paving and outdoor courtyard paving have each their own distinct tiling pattern. The glazed tile mediates the cultural heritage and history of the building. The rich tile mosaics engage the visitor through multiples senses, from its varied tactile quality, its acoustic signature, to its visually engaging brightly colored patterns. Every effort is made to convey the social significance of preserving and reinterpreting cultural heritage in the current society.
The green glazed tile roof forms a straight datum line, this gesture acts as a canvas for the more organic forms of the kiln structures. The bright green of the tiles marks the importance of the building, referencing the hierarchy of roof color in traditional architecture, while echoing the vibrant greenery of the natural vegetation around the site.
Old Kiln
The former kiln is the most historical part of the tile factory itself. To celebrate its unique quality, the existing interior texture of the structure has been preserved as much as possible. Only one extra interior wall has been added for both safety and comfort reasons. With this minimal intervention, the guests can experience the space in the cave from all angles while having the opportunities to access the unique multi-layered material deposits – relics of its former use. The arched porch has been extended to become the main entrance of the building, this provides the visitors with a first impression, appealing directly to the heritage of the building. This gesture enhances the historical importance of the kiln building and reinforces the solemn nature of architectural language.
Red Brick
Materials and construction techniques, within the traditional sense of rural construction, have been challenged in the project. The re-appropriation of these methods provides new expressive qualities to the materials when they are used in a different architectural framework. While red brick is extensively used, in homage to the local rural heritage, it is used with more autonomy than before in order to break through and reach a new level local expression.
The re-conceptualization and re-appropriation of traditional materials and techniques seeks to investigate the dialog between spatial relations, forms of inhabitation and ideologies from both urban and rural life conditions.
Expectation and Vision
Three years after the completion of “San She Nostalgic Station” and “San Sa Village”, at the foot of the Mutianyu Great Wall, The Brickyard Retreat presents itself as another study of spatial and cultural reappropriation within this unique rural context. The project challenges the relations between rural and urban life within spaces of critical cultural significance. At llLab. we seek to develop an inclusive approach, that reconceptualize local landscape and architectural languages to create interrelated spatial qualities. We hope that the projects can stimulate people to actively seek a special perception of culture.
Project information
Project name: Brickyard Retreat Renovation
Project Location: The Brickyard Retreat, Beigou Village, Huairou, Beijing, China
Site Area: 5336.27m2
New Construction Area: 393.54 m2
Renovation Area: 752.36 m2
Total Construction Area: 1145.9 m2
Project Timeline: September 3, 2020 – May 1, 2021
Project Client: 2049 Investment Group
Project Status: Completed
Project Architectural Design: llLab. (www.lllab.net)
Project Partners: Luis Ricardo, Hanxiao Liu
Project Team: Lingling Liu, Yujun Yan, Fei Chen, Yihui Zhao, Henry D’Ath, Matt Eshleman, Lingkong Yin, Ziyu Wei, Camilo Espitia, Anqi Zhu, Jie Yu
Structural Consulting: LaLu Structural Consulting
Project Construction: Wenjie Xu, Yi Wang and their team
Project Interior Finishing: Beijing Sheng He Li
Architectural Photography: Arch-Exist Photography

llLab. 公式サイト

https://www.lllab.net/#

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

llLab. 関連記事

CULTURE2022.08.09

雄大な大自然に溶け込む竹で編まれた空間

llLab.が中国に設計した舞台への期待感を高める〈バンブー・バンブー・キャノピーアンドパビリオン〉
CULTURE2023.12.15

ニューヨークの街角に現れた竹の雲

建築の限界を押し広げる 手編みの竹による〈バンブー・クラウド〉

中国 関連記事

CULTURE2022.08.24

中国で初となる「3Dプリント公園」!!

AICTが手がけた先進テクノロジーを統合した建設モデルの有用性を示す〈宝安3Dプリントパーク〉
CULTURE2022.05.27

内外を自由にめぐる丘のような大屋根の劇場

スタジオ・ジュ・ペイが設計した〈ヤン・リーピン舞台芸術センター〉
CULTURE2022.05.26

地域と窯の歴史をつなぐレンガヴォールトの博物館

歴史ある陶磁器の名産地にスタジオ・ジュ・ペイが設計した〈景徳鎮御窯博物館〉
CULTURE2022.09.20

廃墟に刻まれた時間の痕跡を体験する文化ホール

ARシティオフィスが中国の廃墟となった発電所を改修した〈沙井村ホール〉
CULTURE2022.08.02

新たな都市の今と未来をつなぐ流線形の赤いリング

パワーハウス・カンパニーが中国の開発地区に設計した〈ループ・オブ・ウィズダム〉
CULTURE2022.08.18

新興金融街に建つ「オアシス」のような超高層建築

MVRDVが中国・南京の新たな地区に設計した住居と商業の複合施設〈オアシスタワー〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • タイル工場や地域の歴史を体感する宿泊空間、llLab.が設計した 地域の伝統や素材をもとにローカルならではの新たな表現を目指したホテル〈ブリックヤード・リトリート〉中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ