CULTURE

川に浮かびエネルギーを自給自足するオフィスビル

パワーハウス・カンパニーが設計した カーボンニュートラルを実現する〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

CULTURE2022.11.07
〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

オランダ・ロッテルダムの川に浮かぶ〈フローティングオフィス・ロッテルダム(FOR:Floating Office Rotterdam)〉は、気候変動に対応するサステナブルなオフィスビルです。川の水を活用した熱交換システムや屋根に設置されたソーラーパネルによりエネルギーを自給自足し、カーボンニュートラルを実現します。

建物の木造構造は容易に解体可能な構成とすることにより、サーキュラーエコノミー(循環型経済)にも適用した建築となっています。

アムステルダムを拠点とする建築事務所パワーハウス・カンパニー(Powerhouse Company)が設計しました。

サーキュラーエコノミー(循環型経済):これまでの経済活動のなかでは廃棄されていた製品や原材料などを「資源」と捉え、リサイクル・再利用などで活用し、資源を循環させる、新しい経済システム

(以下、Powerhouse Companyから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Marcel IJzerman

水上に浮かびエネルギーを自給自足する建築

パワーハウス・カンパニーが設計した、オランダ・ロッテルダムのレインハヴェン港に停泊する水上オフィス〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉は、新時代の建築といえるものである。

気候変動により水位が上昇しても浸水することなく、自給自足とカーボンニュートラルを実現することができる。また、水辺の公共スペースやプールも備えており、新しく整備された港湾環境の重要な要素となっている。

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Marcel IJzerman

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

気候変動へ立ち向かうNGOの使命を体現するサステナブルなオフィスビル

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉はGCA(Global Center on Adaptation)のためのオフィスビルである。

GCAはロッテルダムを拠点とするNGOであり、気候変動を緩和するための計画、投資、技術の促進を目的としている。パワーハウス・カンパニーは、GCAの価値観を反映するよう設計を行った。

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

気候変動に強いこのオフィスは、GCAの使命を示すと同時に、他の多くの人々へのインスピレーションにもなっている。

また、太陽光発電と水による熱交換システムを備え、エネルギーの完全な自給自足が可能となっている。

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Marcel IJzerman

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Marcel IJzerman

資源が循環する未来へ向けて

パワーハウス・カンパニーの建築家でありプロジェクトリーダーであるポール・サンダース(Paul Sanders)は次のように語る。

「建物の構造は木造であり、容易に取り外して再利用することができるよう設計されている。これによりサーキュラーエコノミーへの準備が整っているのである。」

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

建材には主に木材を使用することで、カーボンフットプリントを劇的に削減している。また、バルコニーを張り出すことにより日差しを遮りながらも、大きな窓からたっぷりの自然光をオフィスフロアに取り込んでいる。

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉にはオフィスの他にも、広い屋外テラスを備えたレストランや、川に浮かぶスイミングプールといった公共施設も含んでいる。

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

パワーハウス・カンパニーの創設者であるナンネ・デ・ルー(Nanne de Ru)は次のように語る。

「サステナブルな水上オフィスビルの設計は、非常にチャレンジングな依頼であったが、私たちは統合的な方法によりアプローチを行った。川の水をビルの冷却に利用し、オフィスの屋根を大規模なエネルギーの供給源として利用することで、〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉はまさに自給自足するビルとなったのである。」

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

©︎ Mark Seelen

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Construction ©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Construction ©︎ Sebastian van Damme

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Construction ©︎ Marcel IJzerman

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Diagram

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Sustainability Axonometry

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Site plan

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Ground floor

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

1st floor

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

2nd floor

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

West Facade

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

North Facade

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

East Facade

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

South Facade

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Section A-A

〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉

Section B-B

以下、Powerhouse Companyのリリース(英文)です。

Floating Office Rotterdam (FOR)

A Vessel for Change

Moored at Rijnhaven port in Rotterdam, Powerhouse Company’s floating office for the Global Center on Adaptation is a building for a new age. Self-sufficient and carbon-neutral, it will float – rather than flood – if water levels rise due to climate change. Fun as well as functional, it also forms a key element in a newly redeveloped port environment by providing public waterside space – and even a swimming pool.

FOR the future

We designed our floating office to reflect the values of its inhabitants: the Global Center on Adaptation. This Rotterdam NGO aims at promoting planning, investment, and technology to mitigate climate change. Our climate-resilient office is both an illustration of the center’s mission and an inspiration for others. With its own solar energy source and water-based heat-exchange system, it’s completely self-sufficient.

‘The building structure is designed in wood and can easily be demounted and re-used. It’s ready for the circular economy.’
– Paul Sanders Project Project Leader, Architect at Powerhouse Company

The use of wood as a main construction material reduces the carbon footprint of the building dramatically. Overhanging floors balconies create permanent sun shading which allows for large windows with plenty of daylight flooding into the office floors. Besides the offices, FOR also feature public facilities: a restaurant with a large outdoor terrace, with as a special addition a floating swimming pool in the Maas River.

‘Designing a sustainable, floating office building was a very challenging commission and we approached it in an integrated way. By using the water of the Rijnhaven to cool the building, and by using the roof of the office as a large energy source, the building is truly autarkic.’
– Nanne de Ru, founder of Powerhouse Company

‘Our technical and sustainable systems are so well integrated with our design that they feel quite matter-of-fact’
– Albert Takashi Richters Associate Architect at Powerhouse Company

About Powerhouse Company

Powerhouse Company is an award-winning architecture office based in Rotterdam, the Netherlands. Founded in 2005, it has grown into a multidisciplinary office of around 100 professionals, with international studios in Beijing, Oslo and Munich. Prizes include the Dutch Design Award, the Maaskant Prize and the AM/NAI Award.

About the Global Center on Adaptation

The GCA is a global knowledge center that supports countries, organizations and companies with knowledge and advice in the field of climate change.

Project credits

Architect: Powerhouse Company
Developer: RED Company
Client: Global Center on Adaptation, Municipality of Rotterdam
Financing: ABN Amro
Project management: DVP
Contractor: FOR Building VOF (consisting of Bouwbedrijf Valleibouw B.V. and Bouwbedrijf Osnabrugge B.V.)
Contractor floating foundations: Hercules FC
Structural engineer: Bartels & Vedder
Wood structure engineer: Solid Timber
MEP installations & sustainability: DWA
Wood structure: Derix Gelamineerde Houtconstructies
Building installations: Roodenburg Groep
Glass: iFS Building Systems
Steel: W. Ten Ham Plaatwerk

「Floating Office Rotterdam (FOR)」Powerhouse Company 公式サイト

https://www.powerhouse-company.com/floating-office-rotterdam

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

パワーハウス・カンパニー 関連記事

CULTURE2022.08.02

新たな都市の今と未来をつなぐ流線形の赤いリング

パワーハウス・カンパニーが中国の開発地区に設計した〈ループ・オブ・ウィズダム〉

オランダ 関連記事

CULTURE2022.08.29

空間もファサードも変化するモジュール式の集合住宅

HOHアーキテクツが設計した生活と仕事が混在する〈オープンアトリエ11〉
CULTURE2022.09.05

葦で葺かれたサステナブルなタマゴ!?

RO&ADアーキテクツが設計したパラメトリックな水辺の鳥の観測所〈TIJ〉
CULTURE2022.09.28

解体・再構築が容易なモジュール式木造パビリオン

DP6アーキテクチャスタジオが手がけた サーキュラーエコノミーの理念を反映した建築〈ナチュラルパビリオン〉
CULTURE2022.07.20

都市と水の風景をつなぐ水上の集合住宅

水とともに発展した都市アムステルダムにBIGが設計した〈SLUISHUIS〉

フローティング建築 関連記事

FEATURE2022.11.01

海外プロジェクトにみる「水と建築」

水上の集合住宅や水中レストランなど水にまつわる10のプロジェクト
CULTURE2022.10.25

多様な水上建築を実現するサステナブルな浮かぶ基礎

海洋建築スタジオMASTが開発した適応性の高いフローティング基礎〈ランド・オン・ウォーター〉
CULTURE2022.05.11

気候変動に対応する世界初のフローティングシティ

BIGが設計した水上都市のプロトタイプ〈OCEANIX釜山〉
CULTURE2022.04.28

異世界のような採石場に浮かぶサウナ

チェコの古い採石場にアトリエHRAが設計した〈フローティング・サウナ・ロム〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 川に浮かびエネルギーを自給自足するオフィスビル、パワーハウス・カンパニーが設計したカーボンニュートラルを実現する〈フローティングオフィス・ロッテルダム〉オランダ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ