CULTURE

稲作の副産物「もみがら」でつくるインスタレーション

ミラノデザインウィーク2024にて 建材としての米の可能性を示す〈sunRICE〉

CULTURE2024.04.22

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

ミラノデザインウィーク2024のために設計された〈sunRICE〉は、世界で最も広く消費されている食品「米」の籾殻(もみがら)を活用した幾何学的なユニットで構成された、ブレラ植物園に設置されたインスタレーションです。

植物園を、食品から建材まで、米のさまざまな使い方を探求する小道に変えるプロジェクトの一環として、2024年4月25日まで一般公開されます。

トリノとニューヨークを拠点とするデザイン&イノベーション事務所 カルロ・ラッティ・アソシエイト(Carlo Ratti Associati、以下CRAと表記)とミラノ出身の建築家兼デザイナー イタロ・ロタ(Italo Rota)が設計しました。

Milano Design Week 2024:世界最大規模のインテリアとデザインの祭典! 「ミラノサローネ」と「フォーリサローネ」2024年の見どころ

(以下、Carlo Ratti Associatiから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

世界で最も豊富な食材である米を使って、どれだけのことができるだろうか?

ミシュラン三ツ星シェフ、ニコ・ロミート(Niko Romito)がクッキーを焼く一方で、CRAとイタロ・ロタは、ミラノのオルト・ボタニコで、稲作の副産物から出発し、木々と相互に影響を与え合う空間を創造する実験的なインスタレーションを発表した。

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

建材にもなる食品の可能性を植物園から発信するインスタレーション

ミラノデザインウィーク2024にて、国際的なデザイン・イノベーション事務所CRAは故イタロ・ロタ(1953-2024)とともに、ブレラ植物園を、食品から実験的な建築材料まで、米の多様な使い方を探求する没入型の小道に変えるプロジェクトを発表した。

ミシュランの三ツ星シェフ、ニコ・ロミートとともに、世界的なエネルギー企業 Eniのために開発された〈sunRICE〉は、INTERNI Cross Vision展の一環として、2024年4月25日まで一般公開される。

© Marco Beck Peccoz

このインスタレーションは、通常廃棄される米の加工副産物である籾殻からつくられた一連の幾何学的なユニットで構成されている。

基本的な三角形の形から始まり、自然素材のモジュール化された細胞構造を連想させるこのユニットは、ヨナ・フリードマンによるメタボリック・ストラクチャを想起させる。このインスタレーションの大部分は、建材スタートアップ企業 Ricehouseが開発したシリカベースのジオポリマー「RH-GEO」で構成されている。

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

このインスタレーションは、スキルやトレーニングの価値観から、食と結びつくマテリアル研究を探求させる、幅広い体験の一部である。

セージやフェンネル、その他地中海の風味を含む食用植物が、シェフのニコ・ロミートによって「クッキー」となり、最終的な感覚である味覚に訴えかける。

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

CRAの創設者であり、ヴェネツィア・ビエンナーレ2025のキュレーターであるカルロ・ラッティ(Carlo Ratti)は次のように語る。

「米は世界で最も広く消費されている食品であり、だからこそ、米には広範かつ深遠な文化的意義があり、多くの用途や未踏の実験の道が開かれているのである。地球上で増え続ける人口を養うための代替方法を模索するのと同様に、持続可能な建築のためにこれらの素材を使用する方法も研究しなければならない。」

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

「また、〈sunRICE〉は、ここ数十年のイタリアを代表するデザイナーの1人であり、CRAの長年の協力者であった故イタロ・ロタとともに考案された。」

「イタロは真のイノベーターであり、新しい答えを出すだけでなく、自分自身に新しい問いを投げかけることができた。彼の創造性の幅を1つのデザインに集約することはできないが、彼が去った後、私たちがこのプロジェクトを完成させるにあたり、循環性に関する彼のビジョンは深いインスピレーションを与えてくれた。」

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

長年にわたり、CRAはデザインスタジオとして素材のイノベーションを調査してきた。これらのプロジェクトには、ミラノデザインウィーク2019の〈The Circular Garden〉での菌糸体や、ドバイ万博2020の〈イタリアパビリオン〉でのコーヒーかすやオレンジの皮などが含まれる。

2023年、CRAは建設業界におけるイノベーションを促進するという目的のもと、スタートアップ企業であるマエストロ・テクノロジーズ(Maestro Technologies)を立ち上げた。そのプロジェクトには、人工知能を利用してCLT生産における廃棄物を30%削減する「AI Timber」などが含まれる。

イタリアパビリオン / CRA-カルロ・ラッティ・アソシエイト、イタロ・ロタ・ビルディングオフィス

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

© Marco Beck Peccoz

以下、Carlo Ratti Associatiのリリース(英文)です。

sunRICE IN MILAN

How many things can be done with the world’s most abundant foodstuff: rice? While three-Michelin-star chef Niko Romito bakes “cookies,” CRA and Italo Rota unveil an experimental installation that starts from the byproduct of rice farming, to create a spatial architecture interacting with the trees at Milan’s Orto Botanico.

International design and innovation office CRA-Carlo Ratti Associati, together with the late Italo Rota (1953-2024), unveils a project for Milan Design Week 2024 transforming the Brera Botanical Garden into an immersive pathway exploring the multiple uses of rice – from food to experimental construction material. Developed for global energy company Eni along with three Michelin-star chef Niko Romito, sunRICE will be open to the public until 25th April 2024, as part of the INTERNI Cross Vision exhibition.

The installation consists of a series of geometrical units created from rice husks – the byproduct of rice processing, which is usually discarded. Evoking the modular, cellular structure of natural materials, starting from a basic triangular form, the units evoke both spatial architectures and Yona Friedman’s metabolic structures, which can grow within nature and transform to accommodate new functions. The installation is largely composed of silica-based geopolymer RH-GEO, developed by construction material startup Ricehouse: an inert material that hints at a zero-waste production process.

The installation is part of a wider experience that starts with the values of skills and training, then exploring materials research while linking it to food. The Botanical Garden itself is integral to the meaning of the installation: edible plants including sage, fennel, and other Mediterranean flavors are used by Chef Niko Romito to create a “cookie”, engaging the final sense: taste.

Carlo Ratti, founder of CRA and curator of Biennale Architettura 2025, explains that “Rice is the most widely consumed food in the world, and this is precisely why it has such an extensive and profound cultural significance, opening up so many uses and as-yet unexplored avenues for experimentation. As we explore alternative ways to feed the planet’s growing population, so too must we research the ways we can use these materials for sustainable construction.”

sunRICE was conceived alongside the late Italo Rota, one of the leading Italian designers of recent decades and a long-standing collaborator of CRA. “Italo was a true innovator,” adds Ratti, “capable not only of giving new answers but of asking himself new questions – the most difficult thing. No single design can sum up the breadth of his creativity, but his visions on circularity have been a profound inspiration as we finalized this project after he left us.”

For many years, CRA has been investigating materials innovation as a design studio. These projects include mushroom mycelium with “The Circular Garden” at Milan Design Week 2019, or coffee grounds and orange peels with Italy’s national pavilion at Expo Dubai 2020. In 2023, the objective of fostering innovation in the construction industry resulted in CRA launching Maestro Technologies, a start-up, whose projects include AI Timber, using artificial intelligence to minimize waste in CLT production by 30%.

A project by CRA-Carlo Ratti Associati

Creative lead: Italo Rota
CRA Team: Carlo Ratti, Andrea Cassi (Partner-in-Charge), Chiara Morandini, Gary Di Silvio
Structural design INGEMBP: Corrado Curti, Marco Bertelli
Rice House: Alessio Colombo, Tiziana Monterisi

ABOUT CRA-CARLO RATTI ASSOCIATI
CRA-Carlo Ratti Associati is an international design and innovation practice based in Turin, Italy, and New York City. Drawing on Carlo Ratti’s research at the Massachusetts Institute of Technology (MIT), the office is currently involved in many projects across the globe, embracing every scale of intervention – from furniture to urban planning. Among recent projects are the Italian Pavilion at Expo Dubai 2020, the biophilic skyscraper CapitaSpring in Singapore, the urban curatorship of Manifesta 14 Prishtina biennial, the redesign of the Agnelli Foundation HQ in Turin, and the master plan for Milan Innovation District (MIND). CRA is the only design firm whose works have been featured three times in TIME Magazine’s “Best Inventions of the Year” list – respectively with the Digital Water Pavilion, the Copenhagen Wheel, and Scribit. In the last years, the office has been involved in the launch of Makr Shakr, a startup producing the world’s first robotic bar system, and Maestro Technologies, a company dedicated to advancing the use of digital innovations in the construction industry. In December 2023, Carlo Ratti was appointed Curator of the 19th International Architecture Exhibition of La Biennale di Venezia (2025).
www.carloratti.com

ABOUT ITALO ROTA
Italo Rota (1953-2024) was one of the most important Italian designers of recent decades. In the 1980s he designed the renovation of the Musée d’Orsay, with Gae Aulenti, the rooms of the French School in the Cour Carré of the Louvre, the lighting of the Notre Dame cathedral and along the Seine and the renovation of the center of Nantes in Paris. In the 1990s he returned to Milan and with the new studio he created projects and architecture becoming one of the references of a new architecture. Symbolic are the Museo del Novecento in Piazza Duomo in Milan, the headquarters of Columbia University in New York, the Hindu Temple in Dolvy in India, the Media Library in Perugia. Over the years, Italo Rota has developed unrivaled expertise in the field of museography and exhibitions, creating countless iconic exhibitions and installations. With CRA-Carlo Ratti Associati, he created the Italian Pavilion in Dubai for the EXPO Dubai 2020, the creative direction of the MEET Digital Culture Center projects in Milan, Casa Mutti in Parma, MAE Museum in Fiorenzuola d’Arda, AGO Museums Modena.

Carlo Ratti Associati 公式サイト

https://carloratti.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

カルロ・ラッティ・アソシエイト Topics

CULTURE2021.12.20

イタリアパビリオン / CRA-カルロ・ラッティ・アソシエイト、イタロ・ロタ・ビルディングオフィス

【ドバイ万博】船体やリサイクル建材を活用した資源を循環させるパビリオン

ミラノデザインウィーク 関連記事

FEATURE2024.04.18

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典「Milano Design Week 2024」

「ミラノサローネ」と「フオリサローネ」2024年の見どころ
FEATURE2023.04.17

2023年「ミラノデザインウィーク」見どころ

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフオリサローネ 4年ぶりの4月開催
FEATURE2022.06.06

ミラノデザインウィーク 2022年の見どころは?

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフオリサローネ

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 稲作の副産物「もみがら」でつくるインスタレーション〈sunRICE〉ミラノデザインウィーク2024、カルロ・ラッティ・アソシエイト、イタロ・ロタ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ