CULTURE

分かれながらカーブする家形の空間

クラシックな山小屋を現代的に解釈した ペーター・ピヒラー・アーキテクチャとパヴォル・ミコライジャク・アーキテクツによる〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉

CULTURE2022.12.19
〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Jens Rüßmann

イタリア・ドロミティの標高2,000m地点に建つ山小屋〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉は、丘から伸びた片持ちの構造体と、三又に分かれてカーブする家形の勾配屋根が特徴的な建築です。

ともにイタリアの設計事務所であるペーター・ピヒラー・アーキテクチャ(Peter Pichler Architecture)とパヴォル・ミコライジャク・アーキテクツ(Pavol Mikolajcak Architects)が設計しました。

(以下、Peter Pichler Architectureから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉は、2015年に開催されたイタリアのドロミティの標高2,000mの地点に新たな山小屋を設計するコンペティションにて勝ち取ったプロジェクトである。レストランを含むこの山小屋は、オベレッジェンのケーブル駅オーバーホルツに隣接し、スキー場に直結している。

小屋の1階は、メインレストランやラウンジエリア、エントランス横のバー、キッチン、食材の保管・配送スペースと、南西向きの大きな屋外テラスで構成されており、地階にはメインレストルーム、スタッフルーム、機材室を配置した。

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

3本の枝を有した倒木のように丘から伸びた片持ちの構造体は、風景との共生を生み出しており、それぞれの枝は周囲の3つの山々に向けられている。枝の先端には大きなガラスのファサードがあり、小屋の内部から周囲の山々を縁取っている。

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉の勾配屋根はこの地域の典型的な山小屋から着想を得たものであり、枝分かれした屋根と複雑な構造の内部により、クラシックな山小屋を現代的に解釈している。

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

内部は複雑な曲線と木の構造体で構成されており、先端へ向かうほど徐々に壁の中に消えていくプライベートな空間をつくり出している。

構造材と内装はスプルース材、ファサードはカラマツ材、家具はオーク材と、すべてこの地域の木材で構成されている。

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

©︎ Oskar Dariz

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット(Oberholz mountain hut)〉

以下、Peter Pichler Architectureのリリース(英文)です。

OBERHOLZ MOUNTAIN HUT

PROJECT: Oberholz mountain hut
ARCHITECTURE: PETER PICHLER ARCHITECTURE & Arch. Pavol Mikolajcak
YEAR: 2015 winning competition, April 2016 beginning of construction, December 2016 finish construction
LOCATION: Obereggen, Südtirol, Italy
CLIENT: Obereggen AG / Spa
ENGINEER: Dr. Ing. Andreas Erlacher
CREDITS: Peter Pichler, Pavol Mikolajcak, Gianluigi D´Aloisio, Simona Alu, Giovanni Paterlini, Matteo Savoia, Silvana Ordinas, Krzysztof Zinger, Jens Kellner
PHOTOGRAPHY: Oskar Dariz, Jens Rüßmann

Peter Pichler Architecture, in collaboration with Arch. Pavol Mikolajcak, won a competition to design a new mountain hut at 2.000m in the Italian Dolomites in 2015.

The new hut contains a restaurant and is located next to the cable station Oberholz in Obereggen with direct connection to the ski slope.

The cantilevering structure grows out of the hill like a fallen tree with three main branches creating a symbiosis with the landscape. Each of them is facing towards the three most important surrounding mountains. At the end of the branches a large glass facade frames the surrounding mountains from the interior of the hut. The sloped roof shape of the glasses takes his inspiration from typical huts in the area, while the branching roof and complex structural interior expresses a new and contemporary interpretation of the classic mountain hut.

The interior is defined by a complex, curvilinear and visible wood structure that gradually fades into walls and creates so called “pockets” for intimacy. It could also be seen as a new open space interpretation of the classic “Stube”, well known in typical structures of the area.
The entire hut is constructed with wood: structural elements and interior in spruce, the facade in larch, furniture in oak- all typical woods from the area. A homogenous sculpture with local materials.

The ground floor of the hut consists of the main restaurant / lounge area. The bar is located next to the entrance and is directly connected to the restaurant. Kitchen and food storage / delivery space are also on the ground floor. Main restrooms, staff room and technical facilities are located on the -1 floor. The outdoor space is defined by a big terrace oriented towards the southwest.

「Oberholz Mountain Hut」Peter Pichler Architecture 公式サイト

https://peterpichler.eu/projects-item/10-oberholz-mountain-hut-obereggen-italy/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

イタリア 関連記事

CULTURE2021.12.20

イタリアパビリオン / CRA-カルロ・ラッティ・アソシエイト、イタロ・ロタ・ビルディングオフィス

【ドバイ万博】船体やリサイクル建材を活用した資源を循環させるパビリオン
CULTURE2022.04.25

サン・マルコ広場を構成する〈旧行政館〉のリニューアル

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる歴史を紡ぎ、現代に適応するためのデザイン
CULTURE2022.03.24

浮遊するリングのミラノ五輪メインアリーナ

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉

ペーター・ピヒラー・アーキテクチャ Topics

CULTURE2024.03.14

彫刻のようにそびえ立つ幾何学形状のオフィスビル

アルミメッシュのダブルスキンや中庭が生み出す フレキシブルかつサステナブルな〈ボンフィリオーリ本社〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 分かれながらカーブする家形の空間、クラシックな山小屋を現代的に解釈したペーター・ピヒラー・アーキテクチャとパヴォル・ミコライジャク・アーキテクツによる〈オーバーホルツ・マウンテン・ハット〉イタリア
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ