CULTURE

新刊『FUTURE DESIGN 未来を、問う。夢想が生み出すスペキュラティヴ・デザインと未来のつくりかた』

CULTURE2021.03.20

未来のつくりかたをテーマとした著書『FUTURE DESIGN 未来を、問う。夢想が生み出すスペキュラティヴ・デザインと未来のつくりかた』が、2021年3月17日(水)に刊行されました。

同書は、「未来はこうもあるのではないか?」をテーマに、カーデザインやプロダクトデザイン、ブランディング戦略などを手掛けるキワ・アート・アンド・デザインの代表取締役社長を務める平賀俊孝、同社取締役の根本正樹の両氏と、東京都市大学准教授で、数多くのユニバーサルデザインを手掛ける西山敏樹氏の3氏による共著(会社概要および著者略歴は後述)

キワ・アート・アンド・デザイン プロジェクト事例

KIWA ART AND DESIGN inc. プロジェクト事例「Future Taxi Design」(2011)

平賀俊孝
KIWA ART AND DESIGN inc.代表取締役 / Future Designer
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科修士課程修了後、BMW Tokyo Corp.へ入社、BMW iブランドの日本導入時から参画。2015年のBMW iの販売台数日本1位にて表彰され、BMW iブランドの日本代表としてドイツ本社の研修を経る。その後、ビズリーチに入社、エンタープライズのインサイドセールス組織の立ち上げやマーケティング基盤構築に携わる。2018年に、KIWA ART AND DESIGN inc.を設立。分野を問わず事業の成長に寄与する未来をデザインし、実現に向けたブランディングやパーパスの設定など幅広く担当。

根本正樹
KIWA ART AND DESIGN inc.取締役 / Experience Designer
慶應義塾大学 環境情報学部卒業後、本田技研工業に入社。商品企画・開発業務、ホンダカーズ東京中央への出向を経て、2018年より、代表の平賀と共にKIWA ART AND DESIGN inc.を設立。カーデザインやプロダクトデザインを中心としたビジュアライズを担当。

キワ・アート・アンド・デザイン
https://kaad.jp/

西山敏樹
東京都市大学 都市生活学部准教授
同大学総合研究所 未来都市研究機構 ヒューマン・センタード・デザイン研究領域ユニット長
ユニバーサルデ ザイン、モビリティの分野で長年教鞭をとる。高度情報技術と低公害車技術を融合させた交通・物流サービスを実践的に提案し、内外の学協会から10件以上表彰されている。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科で博士(政策・メディア)取得。慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科特任准教授、同医学部特任准教授等を経て、現職。

東京都市大学 ヒューマン・センタード・デザイン研究領域ユニット
http://www.arl.tcu.ac.jp/research/human.html

Amazonで公開されている同書の序文(P006)によれば、「筆者や当社のこれまでのデザインに関する知見やプロジェクト経験を踏まえた上で、スペキュラティヴ(思索的)デザインの重要な要素である「問い」を用いて、「未来への可能性の選択肢」を求めることを解説することを目的としている」とのこと。

商品開発やビジネス、社会におけるデザインのあり方、未来へのヒントを探る一冊。Amazonオンデマンド(ペーパーバック)にて発売中。(en)

新刊『FUTURE DESIGN 未来を、問う。夢想が生み出すスペキュラティヴ・デザインと未来のつくりかた』表紙

『FUTURE DESIGN 未来を、問う。夢想が生み出すスペキュラティヴ・デザインと未来のつくりかた』

価格:1,628円(税込)
著者:平賀俊孝、根本正樹、西山敏樹
版元:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
詳細・販売:Amazonオンデマンド(ペーパーバック)
https://www.amazon.co.jp/dp/4295405310/

  • TOP
  • CULTURE
  • BOOK
  • 新刊『FUTURE DESIGN 未来を、問う。夢想が生み出すスペキュラティヴ・デザインと未来のつくりかた』