COMPETITION & EVENT

審査委員に藤本壮介、真鍋大度氏ら「Penクリエイター・アワード2021」作品募集

CCCメディアハウスが発行している男性向けカルチャー・ライフスタイル誌『Pen』が主催する「Penクリエイター・アワード」が今年の応募を開始しました。

その1年で最も活躍したアーティストやクリエイティブディレクター、俳優などクリエイターを顕彰するもので、2017年に創設。
開催5回目となる2021年の外部審査員には、川上典李子、林 千晶、原野守弘、藤本壮介、真鍋大度の5氏を迎え、Pen編集部と共に審査が行われます。

「Penクリエイター・アワード2021」外部審査委員

審査委員の顔ぶれ / 左から、川上典李子(Photo: Kenichi Yamaguchi)、林 千晶、原野守弘、藤本壮介(Photo: David Vintiner)、真鍋大度の各氏

審査対象となる作品は、Pen編集部によるリサーチ、審査員の推薦、一般応募とあり、応募は個人・グループどちらでも可能。規定の範囲内で、卒業制作作品や学内で発表した作品も応募できます。

優秀な作品は、雑誌『Pen』11月27日発売号の特集「Penクリエイター・アワード2021」誌上、またはWeb『Pen Online』特設ページなどで紹介される予定とのことです。(en)

「Penクリエイター・アワード2021」

「Penクリエイター・アワード2021」募集要項

テーマ:「よりよい未来のために」
「よりよい未来のために」、クリエイティブな力で何ができるだろう? その答えとなるようなデザイン、アイデア、プロジェクトを募集します。
多くの人々に役立つプロダクト、新しいコミュニケーションを生み出す建築、圧倒的な表現の力をもって心を動かすアートなど、完成された作品・プロトタイプ・プロジェクトのほか、社会問題解決のためのアイデアなど、世の中にイノベーションを起こしうる発想も募集します。

応募資格:特になし(年齢・国籍を問わず、個人またはグループの応募可能)
※ただし、応募作品は日本語で提出し、プレゼンテーションを行うこと

応募作品
・募集テーマに沿ったもので、応募者自身のオリジナルの作品やアイデア
・2020年1月以降に発表・発売・考案された作品やアイデア
・2019年12月以前に発表・発売・考案されたが、2020年1月以降に本格運用が開始されるなど大きなインパクトをもたらした作品やアイデア
※卒業制作作品や学内で発表した作品の応募も可

審査ポイント
・革新的なクリエイティビティ
・社会の問題解決に寄与する
・世の中にイノベーションを起こす
・感性を刺激する表現
・新しい価値観をつくり出す
・SDGs達成に導く
・日々を楽しくする

外部審査委員:川上典李子(ジャーナリスト、21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)、林 千晶(ロフトワーク共同創業者 取締役会長)、原野守弘(クリエイティブディレクター)、藤本壮介(建築家)、真鍋大度(ライゾマティクス・ファウンダー、アーティスト)

スケジュール
募集期間:2021年8月12日(木)~31日(火)23:59
応募締切:2021年8月31日(火) 23:59
結果発表:11月26日(金)Web『Pen Online』にて
https://www.pen-online.jp/
『Pen』特集号発売:11月27日(土)

応募出品料:無料
応募方法:「Penクリエイター・アワード2021」一般応募受付 告知ページを参照
https://bit.ly/3yHB7OW
主催:CCCメディアハウス

「Penクリエイター・アワード」審査委員プロフィールなど詳細
https://www.pen-online.jp/article/008714.html