COMPETITION & EVENT

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展 【読者プレゼントあり】

"もの、空間、イメージがからまり生まれる迷宮の、その先に開かれる「空き地」へ"

東京・府中市の府中市美術館にて、「白井美穂 森の空き地」が開催されています。
本展は、メディアを自在に横断し旺盛に制作を続ける作家・白井美穂氏の美術館での初個展です。

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

〈前へ前へとバックする〉1989年 個人蔵

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

〈Table〉1992年 千葉市美術館蔵

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

〈Waterfall(Why Are You Afraid of Black and White?) 〉1993年 作家蔵

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

〈Cut〉1993年 府中市美術館蔵

白井美穂(しらいみお)プロフィール
1962年生まれ。東京藝術大学美術学部で学んだ後、1980年代末から大規模なインスタレーションを旺盛に発表して注目を集める。1993年アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の助成を得て米国・ニューヨークに渡り、2006年まで同地を拠点に活動する。帰国後は住み慣れた東京西部に戻り、映像や絵画、立体作品等を制作している。1994年にファーレ立川にパブリックアート〈Round Trip〉と〈Cut〉を設置。個展のほか、「アーティスト・ファイル2008」(2008年 国立新美術館・東京)、「瀬戸内国際芸術祭」(2013年 宇野港・岡山)、「あいちトリエンナーレ」(2013年 愛知県美術館・愛知)などに参加。東京造形大学教授。

Mio Shirai 公式ウェブサイト
https://mio-shirai.com/

 

本展では、2000年代以降に展開した絵画を中心に、映像やオブジェを交えて会場を構成。1990年代前半に発表された貴重な立体作品も約30年ぶりに展示されます。

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

「白井美穂 森の空き地」展示風景 撮影:中川 周

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

「白井美穂 森の空き地」展示風景 撮影:中川 周

主催者メッセージ

白井美穂の作品にある洗練された造形と、意味を複雑に重ねて提示する深い思考は、35年以上のあいだ驚異的な質を維持しています。

バブル経済が終焉に向かう1980年代末から90年代に、白井は社会的慣習や風俗を巧みに引用、流用し、家具や結界など既製品を用いて華麗で大胆なインスタレーションを展開しました。艶やかな黒色や反射する硬質な物質の使用が特徴で、また写真も印象的に使われています。

平成のただなかにあった2000年代半ば以降は、ピンクや水色といった明るい色が登場し、布や糸など柔らかい素材が用いられ、また絵画が中心的役割を果たすようになります。錬金術書の挿絵や物語からとったイメージに、宇宙や生命の循環への思索が織り込まれます。

「白井美穂 森の空地」展では、貴重な初期作品を再構成し、最新作とあわせて展示します。もの、空間、イメージがからまり生まれる迷宮の、その先に開かれる「空き地」へ、どうぞお越しください。

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

「白井美穂 森の空き地」展示風景 撮影:中川 周

「白井美穂 森の空地」開催概要

会期:2023年12月16日(土)〜2024年2月25日(日)
会場:府中市美術館
所在地:東京都府中市浅間町1丁目3番地 都立府中の森公園内(Google Map)
開館時間:10:00-17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜(1月8日、2月12日を除く)、年末年始12月29日(金)~1月3日(水)、1月9日(火)、2月13日(火)
観覧料:一般700円、高校・大学生350円、小・中学生150円、未就学児無料
※常設展観覧料を含む
※府中市の小・中学生は「府中っ子 学びのパスポート」で無料
※障害者手帳等(ミライロID可)をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
主催:府中市美術館

展覧会詳細
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakuten/Mio_shirai.html

関連企画

白井美穂映像作品上映会とアーティストトーク

府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展

映像作品〈Forever Afternoon〉より 2008年 府中市美術館蔵

内容:2000年代につくられた白井美穂の映像作品を上映
日時:日時:2024年1月13日(土)14:00開始
ゲスト:松浦寿夫氏(画家・美術批評)
会場:美術館1階 講座室
定員:先着60名(当日先着順に受付)
料金:無料(予約不要)

※そのほかの関連企画・イベントは、府中市美術館ウェブサイトを参照

府中市美術館

府中市美術館 外観

府中市美術館 ウェブサイト
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

府中市美術館 SNS
https://twitter.com/FuchuArtMuseum


読者プレゼント

『TECTURE MAG』への感想など、簡単なアンケートにお答えいただいた方の中から、本企画展の観覧券を5組10名さまにプレゼント!

読者プレゼント バナー

受付期間:掲載から2024年1月14日(日)まで ※終了
※応募者多数につき、抽選
※結果発表:チケットの発送をもって了(個々の問合せには対応しません)
※発送完了後、都道府県を除く住所情報は削除し、データとして保有しません

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • “もの、空間、イメージがからまり生まれる迷宮の、その先に開かれる「空き地」へ”:府中市美術館「白井美穂 森の空き地」展
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ