COMPETITION & EVENT

「みんなの建築大賞」文化庁の協力を得て開催!

Xでの一般投票は1月29日開始・発表は2月15日

前年の建築のベスト1を選ぶ、一般参加型の新たなアワード「みんなの建築大賞」(主催:みんなの建築大賞推薦委員会、委員長:五十嵐太郎)が、いよいよ今月末より一般投票の受付を開始します。

本日、文化庁がこの賞の主旨に賛同し、賞の実施に協力することが発表されました。

文化庁の報道発表はこちら
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/

文化庁リリースの冒頭部分

文化庁は賞の広報と、2月15日に行われる国立近現代建築資料館での大賞授与式に協力します。

投票は1月29日(月)開始、2月11日(日)まで

「みんなの建築大賞」は以下のようなプロセスで進められます。

  1. 伝える立場のプロ約30人(みんなの建築大賞推薦委員会、委員⻑は五十嵐太郎氏)が、2023年中に完成もしくは雑誌発表された建築から「世の中に向けて熱く伝えたい建築」10件を選び、「この建築がすごいベスト10」として公表。
  2. 該当する10件をX(旧Twitter)で掲載し、一般投票(♡の数)により、ベスト1「みんなの建築大賞」を選ぶ。投票期間は1月29日(月)0:00から2月11日(日)23:59まで。Xのアカウントはこちら
    https://twitter.com/minnanokenchiku
  3. 大賞(ベスト1)受賞者は、2月15日(木)14時から東京・湯島の国立近現代建築資料館で行う大賞授与式で発表する。

 

アワードの主催は「みんなの建築大賞推薦委員会」(委員長:五十嵐太郎)、事務局はウェブマガジン『BUNGA NET』と『TECTURE MAG』が務めます。以下は、創設の主旨です。

「既存の建築賞は、建築界の権威付けにはなっても、一般の人に全く伝わっていない。世界に誇る魅力的な 建築の数々を一般の人に知ってもらう機会を逸し続けている(建築文化への理解が高まらない一因である)。そこで、メディアを介して確実に一般に発信され、またSNSによって選考過程自体が自然拡散される新たな賞を新設する」

推薦委員会のメンバーや、同委員会での10選の選定方法は下記の記事をご覧ください。

参加・発信型で選ぶ新たな建築アワード「みんなの建築大賞」創設!

注目のうえ、ぜひご参加を!
(jk)

Xの「みんなの建築大賞」のアカウントはこちら
https://twitter.com/minnanokenchiku

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

「みんなの建築大賞」関連記事

COMPETITION & EVENT2023.05.11

参加・発信型で選ぶ新たな建築アワード「みんなの建築大賞」創設

魅力的な建築をより多くの人に知ってもらいたい! という願いで発起
COMPETITION & EVENT2024.01.29

「みんなの建築大賞」投票開始! 受付は2/11 23:59まで!

ノミネート作『この建築がすごいベスト10』はこの10件
COMPETITION & EVENT2024.01.31

「みんなの建築大賞」五十嵐委員⻑の総評+全委員の推しコメント

「ベスト10」はこうして選ばれた!
COMPETITION & EVENT2024.02.04

大賞候補作品の建築家と五十嵐太郎氏ら「みんなの建築大賞」推薦委員が語る!

2/4 19:30より放送プラットフォーム「シラス」で生放送!

第2回「みんなの建築大賞」

COMPETITION & EVENT2024.05.31

第2回「みんなの建築大賞」実施のお知らせ

次もまた魅力的な建築をより多くの人に知ってもらいたい!

RECOMENDED ARTICLE

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ