PRODUCT

イトーキが考える“みんなの家具”

成瀬・猪熊建築設計事務所がデザイン監修、シンプルでタフな「common furniture(コモンファニチャー)」発売

PRODUCT2022.07.06

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」イメージ

イトーキから、新しい家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」が7月1日に発売されました。

プロダクトのデザイン監修を、建築家の成瀬友梨氏と猪熊 純氏が務めています。

成瀬・猪熊建築設計事務所プロフィール
建築家の成瀬友梨と猪熊 純により、2007年に設立。「シェアする場を作ること」をコンセプトに、建築の企画・設計を通して「そこにどんな営みを作り出すか」を追求している。

成瀬・猪熊建築設計事務所

猪熊 純(左)、成瀬友梨(右)近影

代表作に〈LT城西〉、〈FabCafe Tokyo〉、〈31VENTURES KOIL〉、〈豊島八百万ラボ〉、〈9hnine hoursなんば駅〉などがある。2019年には韓国ソウル市の公共美術プロジェクトの国際コンペで最優秀賞に選ばれ、地下鉄駅のリニューアルプロジェクト〈Dance of Light〉を完成させた。
主な受賞に、共同出展した第15回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館での展示全体で特別表彰。日本空間デザイン賞、日本建築学会作品選集新人賞などがある。

成瀬・猪熊建築設計事務所ウェブサイト
https://www.narukuma.com/

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」イメージ

イトーキ「common furniture」イメージ

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」イメージ

イトーキ「common furniture」イメージ

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」イメージ

ニューノーマル時代の多様化を体現したオフィス家具

「common furniture(コモンファニチャー)」は、これまでイトーキが世に送り出し、工場や研究施設といった、ものづくりの場で長年にわたって使われてきたプロダクトを、成瀬・猪熊建築設計事務所を監修に迎え、再編集したオフィス家具です。
ラインナップは、デスク・スツール・シェルフ・ワゴン・ワークベンチの5カテゴリー、8アイテムを展開。

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

「SHELF」フレームカラー

必要な機能と強度を素直に具現化した、ニュートラルで無駄がない、どこか親しみの湧くフォルムはそのままに、これからの働く場に調和するカラーリングを施し、オフィスでも安心して使える安全基準にも準拠してリリース。イトーキが展開するワークプレイス事業に基づき、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響を受け、ますます多様化する新しい時代における、人々の働き方に寄り添ったプロダクトであることを目指します。

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

STOOL

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

SHELF

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

SHELF(LOW)

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

SHELF(DESK)

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

WORK BENCH(H740・H1000)

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

WORK BENCH(COUNTER)

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

FOLDING TABLE

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」

TOOL WAGON

「common furniture」コンセプト

マインドにおいても、フィジカルにおいても、”クリエイティブを触発する空間”に相応しいかどうかを検証して絞り込みました。必要な機能と強度をそのままカタチにしたようなデザインで、構造もシンプル。
大量の書籍やサンプルなど、重量物の収納にもへこたれない堅牢さ、精緻な作業をどっしりと支える安定感は、特筆すべき魅力です。
また、すべてのプロダクトに機能を拡張するためのオプション、好みに合わせて選べるカラーバリエーションがあるので、使い方やレイアウトはアレンジ自在。働き方をしばりません。
作業に没頭するための固定席も、多人数での共同創作のためのギャザリングスペースも、使い手や組織のスタイル次第で思いのまま、自分たちらしい空間を構築できます。

目指したのは、働く現場の原点に立ち返った家具。
強くて、使いやすくて、誰にでも優しくて、その姿は気取らず、飾らず、丁度いい。
だから、どんな空間にも馴染んで、どんな日常にも寄り添える。
新しい時代の新しい働き方に向き合って、辿り着いたのは、昔からずっと側にあった普遍的なデザイン。
これが、イトーキの考える“みんなの家具”です。

今回のローンチにあわせ、5カテゴリー、8アイテムの使い方の可能性を広げる多彩なオプションも用意されています。
各プロダクトのサイズや価格などの詳細は、イトーキWebサイトの特設ページを参照してください。

イトーキ 家具シリーズ「common furniture(コモンファニチャー)」ロゴ

イトーキ common furniture 特設ページ
https://www.itoki.jp/products/creativework/common-furniture/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

イトーキ 関連記事

PRODUCT2020.12.22
イトーキが2020年の人気チェアトップ10を発表、1位は柴田文江氏が手がけた〈vertebra03〉
PRODUCT2021.12.15

第3の天然木表面材「厚突単板」を使った大型テーブル

イトーキが天板厚50mmでロングスパンを可能にした〈silta(シルタ)〉を発売
PRODUCT2022.01.28

イトーキとPxDTがオフィス商品の共同開発を開始

ピクシーダストテクノロジーズの吸音材〈iwasemi™〉で高い意匠性と快適な音環境の両立を目指す
PRODUCT2022.04.25

テレワークを後部座席で快適に

イトーキと日産自動車がモバイルオフィスカー〈MOOW(ムーウ)〉を共同開発
PRODUCT2022.01.31

イトーキが新ブランド・ITOKI HOME(イトーキホーム)を立ち上げ

「家でまなぶ」「家ではたらく」家具の充実を図る

成瀬・猪熊建築設計事務所 TOPICS

PROJECT2020.04.08

高尾山スミカ / 成瀬・猪熊建築設計事務所

山の地形を“見世”にする
PROJECT2020.04.08

ナインアワーズ なんば駅 / 成瀬・猪熊建築設計事務所

リッチな宿泊体験を提供するカプセルホテル
PROJECT2020.04.08

Dance of Light / 成瀬・猪熊建築設計事務所+a round Architects

日常のなかに用意した光のメディテーション
CULTURE2021.03.07

木曽ヒノキから生まれた化粧品ブランドの直営店〈meet tree NAKATSUGAWA〉

成瀬・猪熊建築設計事務所が店舗を設計、岐阜・中津川にデビュー
  • TOP
  • PRODUCT
  • FURNITURE
  • イトーキが考える“みんなの家具”「common furniture(コモンファニチャー)」発売、デザイン監修は成瀬・猪熊建築設計事務所
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ