PRODUCT

出火場所に応じて進入禁止を表示する避難口誘導灯

竹中工務店、東芝ライテック、ホーチキがシステムを共同開発

PRODUCT2022.07.11

竹中工務店は、同社と東芝ライテック、ホーチキの3社連名で7月5日付けで発信したプレスリリースにて、消防法で定めるところの誘導灯において、火災発生時に危険な経路に人が進入しないように表示させる避難口誘導灯のシステムを共同で開発したことを発表しました。特許出願済とのこと。

避難口誘導灯 システム稼働イメージ

新システムによる避難誘導イメージ

本システムは、建物内で火災が発生した際に、天井などに設置した自動火災報知設備のセンサーが火や煙などを感知、制御盤を介して、避難するには危険な状態となった避難経路上の避難口誘導灯に、進入禁止(×印)を表示させるというもの。火災状況に応じて、建物内の人々を安全な避難口へ誘導することを目指したシステムです。
竹中工務店のプレスリリースによれば、国内において「消防防災システム評価」を取得したシステムとしては日本初とのこと(2022年7月5日発表時点)。

避難口誘導灯

進入禁止を「バツ印」で表示した避難口誘導灯

表示装置の設計・製作を東芝ライテック、防災設備との連携システムの検討をホーチキ、システムの設計要件と評価・適用を竹中工務店が担当し、3社で共同開発した本システムは、一般財団法人日本消防設備安全センターのシステム評価を取得。初適用は、久米・竹中設計共同体が設計し、2022年6月に竣工した大型展示集客施設、名古屋市国際展示場新第1展示館整備事業(事業主:名古屋モノづくりメッセ)になります。

名古屋市国際展示場 新第1展示館 外観イメージ

名古屋市国際展示場 新第1展示館 外観イメージ

本システムは、新築・既存問わず、複数の避難経路を持つ建物にて適用が可能。3社は今後、大規模商業施設や展示場のような、不特定多数が利用する施設、大規模倉庫など、避難経路が複雑な施設への適用拡大を目指しす計画です。

竹中工務店発表プレスリリース(2022年7月5日)
https://www.takenaka.co.jp/news/2022/07/01/index.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

竹中工務店 関連記事

BUSINESS2020.07.14
ドコモと竹中工務店が建築現場最前線における働き方の新しいスタンダードモデル構築へ向けた共同検討に着手
BUSINESS2022.04.25

次世代型オフィスはロボットにも優しく

三井不動産が〈東京ミッドタウン八重洲〉にて完全な省人化を実現、実施設計を担当する竹中工務店と連携
  • TOP
  • PRODUCT
  • OTHERS
  • 出火場所に応じて避難口誘導灯に進入禁止を表示するシステムを竹中工務店、東芝ライテック、ホーチキが共同開発
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ