PROJECT

PROJECT2021.09.16

やごとの家 / studio kivi

仮の場所が状況にしなやかに対応するマンションリノベーション

(English below)

築38年の最上階の部屋をリノベーションしたプロジェクト。
大きな構成としては、現在アトリエとして使用している玄関と一体となった土間スペース、寝室と水廻りをプランの中央にコンパクトにまとめた機能スペース、名古屋市の眺望が広がる南側に面したLDK、の3つのゾーンに分かれている。

LDKはマンションの躯体形状を生かして勾配天井となっており、通常のマンションでは得ることのできない、空間の広がりをつくっている。キッチンは無垢材を使った造作キッチンとなっており、家具のように空間の中に溶け込むようにデザインしている。

アトリエは夫婦のライフスタイル、ライフステージの変化に合わせて、子供の遊び場や勉強の場所、必要となれば個室化をして、子供部屋とすることも考えている。
リビングの横には大きめのヌックを設け、本を読んだり、ベンチとして使うことのできる空間を設けている。ゲストが来た際にはヌックをカーテンで仕切りゲストルームとして使用することも可能となっている。

大きなワンルームとして、フレキシブルに使える余白をつくるのではなく、細かく区切り、仮の場所を多数つくることで、さまざまな状況に対応可能な住宅を目指した。コロナによって、気付かされた先の見えなさ、大きく変動する状況に対して、これからの住宅は機能を決定しないということが1つの選択肢であると考えた。(大山純矢+大山真司)

Condominium renovation where the temporary place responds flexibly depending on the situation

This is a renovation project of a 38-year-old room on the top floor of a building.
The composition is divided into three major zones: the earthen floor space integrated with the entrance currently used as an atelier, the functional space with the bedroom and water area compactly integrated into the center of the plan, and the LDK facing the south with a panoramic view of Nagoya City.

The LDK has a sloping ceiling that takes advantage of the shape of the condominium’s structure, creating an expanse of space that cannot be obtained in ordinary condominiums. In addition, the kitchen is made of solid wood and is designed to blend into the space like furniture.

The studio is intended to be a place for the children to play and study as their lifestyles and life stages change, and if necessary, it can be made into a private room for the children.
Next to the living room, a large nook can be used for reading books or as a bench. When guests visit, the nook can be partitioned with a curtain and used as a guest room.

Rather than creating a large one-room space that can be used flexibly, we aimed to create a house that can respond to various situations by dividing the space into many smaller temporary areas. In addition, in response to the unpredictability and drastic changes that Covid-19 reminded us of, we thought that one option for future houses would be not to determine their functions. (Junya Oyama + Shinji Oyama)

【やごとの家】

所在地:愛知県名古屋市昭和区
用途:共同住宅・集合住宅
クライアント:個人
竣工:2021年

設計:studio kivi
担当:大山純矢+大山真司
キッチン・建具:HOFF&Co.
施工:FULL HOUSE名古屋

撮影:木村昂貴(朴の木写真室)

工事種別:リノベーション
構造:RC造
延床面積:84.40m²
設計期間:2020.10-2020.12
施工期間:2020.12-2021.03

【House in Yagoto】

Location: Showa-ku, Nagoya-shi, Aichi, Japan
Principal use: Housing complex
Client: Individual
Completion: 2021

Architects: studio kivi
Design team: Junya Oyama + Shinji Oyama
Kitchen, Furniture: HOFF&Co.
Contractor: FULL HOUSE NAGOYA

Photographs: Koki Kimura / Hoonoki-Syashinshitsu

Construction type: Renovation
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 84.40m²
Design term: 2020.10-2020.12
Construction term: 2020.12-2021.03