BUSINESS

Apple×Google COVID-19対策として濃厚接触の可能性を検出する技術で協力

BUSINESS2020.05.11

Google(グーグル)とApple(アップル)が、アメリカ合衆国政府と保健機関による、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大を防ぐ活動を支援すべく、ユーザーのプライバシーとセキュリティを設計の中心に据えた Bluetooth テクノロジーの利用を可能にする取り組みを共同で行うと発表しています(2020年4月10日 Appleプレスリリースより)。

両社は、アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)と、オペレーティング システム(OS)レベルのテクノロジーから成る、包括的なソリューションを確立し、濃厚接触の可能性を検出する方針。以下の 2つのステップで、同ソリューションの実装を計画しています。

まず、公衆衛生当局が提供するアプリを利用する Android および iOS端末間で相互運用を実現するAPIを 5月にリリース。これらの公式アプリは、ユーザーがそれぞれのアプリストアからダウンロードできるようになります。

次に、今後数カ月をかけて両社は、基盤となるプラットフォームに同機能を組み込むことで、より広範なBluetooth ベースの濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの実現を目指します。
このようなアプローチは、API よりも堅牢なソリューションであり、ユーザーがオプトインすることを選択した場合、より多くの人が参加できるようになるだけでなく、アプリや政府の保健当局といったより広範なエコシステムとの協働が可能になります。

この共同プロジェクトに関連して、『WIRED』が5月5日に追跡記事を掲載しています。
「グーグルとアップルが、OSレヴェルで「濃厚接触」を検知する仕組みの詳細が見えてきた」
https://wired.jp/2020/05/05/apple-google-covid-19-contact-tracing-interface/

なお、アップルでは、この共同プロジェクト以外にも、COVID-19対策と取り組みについて、プレスルームで発表しています。
https://www.apple.com/jp/newsroom/

「VIEW MORE」をクリックすると、アップルとグーグルによる今回のプロジェクトに関するプレスリリースを確認できます。(en)

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • Apple×Google COVID-19対策として濃厚接触の可能性を検出する技術で協力