BUSINESS

Smart Citizen Vision×東大「生活者共創プラットフォームプロジェクト」が発足

BUSINESS2020.05.17

株式会社博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、生活者が主役のスマートシティを実現するための活動「Smart Citizen Vision(スマートシチズンビジョン)」を開始。プロジェクトの第一弾として、東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研)共創まちづくり研究室の小泉秀樹教授、吉村有司特任准教授との共同研究「生活者共創プラットフォームプロジェクト」を発足すると発表しました。(2020年5月13日)

この共同研究プロジェクトでは、欧州が先行している、生活者がまちづくりに主体的に参加するためのデジタルプラットフォームなどを参考にしながら、日本特有の行政機関、民間企業のあり方に沿った生活者参加型プラットフォームモデルを構築していく予定とのこと。
公式ウェブサイトでは、レポート、コラム、プロジェクトなどの情報が随時更新されます。(en)

Smart Citizen Vision サイト https://smartcitizen.jp

  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • Smart Citizen Vision×東大「生活者共創プラットフォームプロジェクト」が発足