BUSINESS

”プリントアウトするように家具をつくる” VUILDが展開するクラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」公式Webサイトがリニューアル、イベントも連動して開催

BUSINESS2021.06.02

VUILD株式会社(代表取締役 秋吉浩気)が提供する日本初のクラウドプレカットサービス「EMARF(エマーフ)3.0」のプロモーションサイトが2021年6月1日にリニューアルオープン。あわせて関連イベントも開催されます。

「EMARF」は、木製のものづくりのデザインからパーツに加工するまでの工程を、オンラインで完結できるクラウドサービスです。これまでに何度かバージョンアップを重ねています。
従来では、専門知識が必要とされ、コストや納期などの制約からも制作・製造を断念する場合もあった木製の部品を、CAD(Computer Aided Design)の機能を拡張する「EMARF」をインストールすることで、CAD上でオンライン入稿することができます。

以下の画像は事例サンプルです。スマホスタンド、カップコースター、リップクリーム立てを一体化した「ホルダー」の場合、合板1枚から48個ぶんをつくることができ、作業時間は1.5時間ほど(1個あたり約2分)で、加工費は44,500円とのこと。

クラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」

スマホスタンド、カップコースター、リップクリーム立てを一体化した「ホルダー」

「EMARF 3.0」のユーザーは、プライベートの工房を所有したかのような感覚と気軽さで、在宅したままで「ものづくり」を楽しむことができます。

クラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」

ステーショナリーの例

クラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」

ステーショナリーの例

このほどリニューアルしたプロモーションサイトでは、これまでに「EMARF」から生み出された作品事例の数々を掲載。これらの画像に加え、加工時間、加工費、パーツ数なども併載して情報をシェア。つくる過程で発生する悩みごとを相談できる「無料相談窓口」を開設するなど、サポート体制を整えました。

さらに、無料の会員登録後に利用できるマイページには、「EMARF」を使ったものづくりをイチから学べる「Introduction Movie」を公開しているほか、データを作成せずに、そのままテンプレートデータからのものづくりが行える「スターターキット」の配布など、今後もさまざまなサービスを追加・提供し、ものづくりのプラットフォームとして「場」を充実させていくとのこと。

今回のリニューアルにあわせて、「EMARF」を使ったものづくりを気軽に体験できるオープンラボも開催されます。(en)

クラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」

オープンラボの様子

実施時期:6月1日~30日の土・日曜および祝日(工房により開催日時が異なる)
会場:VUILDラボ(川崎)、LIUFLL FAB(東京)、クラシカレッジ内(大阪)、Home HAMAMATSU(静岡)、ファブラボ太宰府(Fablab DAZAIFU)

募集人数:約5人(予定、会場により異なる)
応募方法:以下のURLより申し込み
https://go.pardot.com/l/925133/2021-05-13/286s
※ラボや時間帯によってやや内容が異なる場合があります。
※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策を実施、入場制限などあり

クラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」
https://emarf.co/

VUILD
https://vuild.co.jp/

VUILD関連記事

COMPETITION & EVENT2020.10.30
VUILD〈まれびとの家〉がグッドデザイン賞金賞受賞、大賞選出投票で次点を獲得
PRODUCT2021.04.02
VUILDがデザインした東京都「未来型オフィス実現PJ」の庁舎内プロトタイプオフィスにおけるムーバブルデスクとパーティション
BUSINESS2021.05.10
VUILDがアプリによる理想の家づくりを目指す、デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting(ネスティング)」のβ版をリリース
PRODUCT2021.09.10
VUILDとYahoo! JAPANが協働、リモートワーク向け木製家具キットを発売
  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • ”プリントアウトするように家具をつくる” VUILDが展開するクラウドプレカットサービス「EMARF 3.0」公式Webサイトがリニューアル、イベントも連動して開催